1. トップ
  2. ファッション
  3. クリスチャン ワイナンツ 2019-20年秋冬コレクション - 鮮明な色彩が心を揺さぶる

クリスチャン ワイナンツ 2019-20年秋冬コレクション - 鮮明な色彩が心を揺さぶる

  • 2019.3.2
  • 849 views

クリスチャン ワイナンツ 2019-20年秋冬コレクション - 鮮明な色彩が心を揺さぶる

クリスチャン ワイナンツ(christian wijnants)の2019-20年秋冬コレクションが、フランス・パリで2019年3月1日(金)に発表された。

undefined
www.fashion-press.net

感情を揺さぶる美しいカラーパレット

風をきるように優雅に舞う1着のワンピースから始まったショー。カラーは桜のように優しいピンクで、新しい季節の訪れを祝うかのような優美な印象だ。今季のクリスチャン ワイナンツは、ファーストルックを始め、エモーショナルなカラーが目立った。パキっとしたグリーンやブルー、パープル、オレンジ。ビビッドなカラーたちは、個性的な色彩と出会うことでその魅力をより発揮する。

グリーンとブルー、パープルとホワイト、イエローとブラック。ファッションの楽しさやコーディネートの可能性を指し示す、ユニークなペアでコンビネーションされ、ランウェイに現れている。

同色・同柄をセットで着る

装いは、2ピースまたは3ピースのセットアップスタイルが多く、パンツスーツの正統派コンビに加えて、ハイネックニットとニットスカート、ガウンコートとシャツ・スカートなど、様々なスタイルで登場する。一つの色または柄に絞って、同じ色・模様を組み合わせるのがムードで、中にはジャケットからパンツ、シャツまで同じ花柄、ストライプ模様というルックもあった。

パンツスーツは、落ち感のキレイなストレートパンツとややオーバー気味のジャケットをコンビネーション。すっきりとしたラインに仕立てることで、テキスタイルの上の模様やカラーの美しさを強調する。

一方ドレスは、サイドスリット入りのボリュームモデルや、ニット地のもの、ウエストをきゅっと絞ったスリムタイプまで、様々なバージョンで展開された。

元記事で読む