1. トップ
  2. 平成を“胃痛”で振り返る!Twitterからも参加できる「平成胃痛大賞」開催

平成を“胃痛”で振り返る!Twitterからも参加できる「平成胃痛大賞」開催

  • 2019.2.28
  • 268 views

スポーツ・芸能・ビジネスなど各界から、“胃の痛くなる想い”に打ち勝ってきたエピソードを選出するアワード「朝日新聞平成胃痛大賞」が開催される。新元号発表まであと1カ月となったが、このアワードは、平成を“胃痛”で振り返るユニークな試みだ。

【写真を見る】胃の形!?ユニークな大賞トロフィー

「平成胃痛大賞」公式ビジュアル。胃の痛い想いを乗り越えたエピソードを投稿してみよう
KADOKAWA

朝日新聞社メディアビジネス局は、「平成」に胃の痛くなる局面を乗り越え活躍した人や団体を讃える「朝日新聞 平成胃痛大賞」(協賛:胃弱ラボ)を実施し、2月28日(木)から、一般の投票及び、一般投稿部門への投稿の受付を開始する。

今回の企画は、平成という時代を報道を通じ見つめてきた同社が、平成の30年間を振り返り、「スポーツ」「文化芸能」「ビジネス」「ローカル」4部門のノミネートエピソードを選出。失敗、批判、プレッシャー、そんな胃の痛くなるような想いを乗り越えて、平成の世を縦横無尽に活躍した人々の中から、一般の投票数により各部門賞を決定する。

また、Twitterから胃の痛い想いを乗り越えたエピソードを投稿できる「一般投稿」部門も設置。上述の4部門と併せた計5部門のノミネートエピソードの中から、厳正なる審査により決定する平成胃痛大賞も発表される。

なお、一般投稿部門では、特設サイトの「あなたもツイートで投稿!」ボタンより投稿が可能。また、Twitterより「#平成胃痛大賞」「#一般投稿部門」のハッシュタグを付けて投稿すれば参加できる。ちなみに、平成胃痛大賞を受賞した個人もしくは団体には、大賞トロフィーの他、ヨーグルトギフト券や菓子詰め合わせなど、5000円相当の賞品が贈られ、一般投稿部門賞(1名)受賞者にも賞金12(胃痛)万円やトロフィー、5000円相当の菓子詰め合わせなど、豪華な賞品が用意されている。

【写真を見る】胃の形!?ユニークな大賞トロフィー
KADOKAWA

審査員は、奥山晶二郎氏(withnews 編集長)、三輪洋人氏(兵庫医科大学 内科学消化管科 主任教授)、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明、モデル、女優として活躍する佐野ひなこ。奥山氏は、開催の意図について「成功の影には苦労の積み重ねがあります。平成胃痛大賞では、結果に至る道のりで生まれた大切な物語を伝えたいと思っています」と話している。

2月28日(木)には東京都内4か所(品川、新橋、渋谷、新宿)およびJR平成駅(熊本県熊本市)にて、「特別広告号外」といった形で計1万5000部の配布を予定しており、一般の人々に向けて広く情報発信するとのことだ。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

元記事を読む