1. トップ
  2. <北川景子>“上目遣い”お目々パチパチ&『手を繋ぎたいです』に視聴者悶絶「可愛すぎか!!」<家売るオンナの逆襲>

<北川景子>“上目遣い”お目々パチパチ&『手を繋ぎたいです』に視聴者悶絶「可愛すぎか!!」<家売るオンナの逆襲>

  • 2019.2.28
  • 1060 views
「家売るオンナの逆襲」
(C)NTV

2月27日(水)に北川景子主演のドラマ「家売るオンナの逆襲」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第8話が放送された。仕事一筋でクールな三軒家万智(北川)が、夫の屋代(仲村トオル)の浮気を疑い嫉妬して、乙女心を見せるシーンが視聴者を釘付けにした。SNSでは「北川景子の可愛さ、想像を超えてきた」「目パチパチするところメチャメチャかわいかった!」「今回が一番ほっこりした」と話題になっている。(以下、ネタバレが含まれます)

【写真を見る】上目遣いでお目々パチパチさせながら、夫・屋代(仲村トオル)の浮気を追求したサンチー(北川景子)!可愛すぎか!!

夫の浮気疑惑に激怒したサンチーが乙女に!

今作はスーパー営業ウーマンの三軒家チーフ、通称“サンチー”こと万智が「私に売れない家はありません」と、家を売りまくるお仕事ドラマ。

第8話で万智はスキャンダル好きの美加(イモトアヤコ)から、屋代の浮気写真を見せられる。スーパーで屋代がサバ缶の山の崩落から三郷(真飛聖)を守ろうとする瞬間や、ラブホテル街を歩く2人の写真を見た万智のショックは相当なものだったらしい。

お客さんの前でいつものように華麗な営業トークをしようとする万智だったが、声が出ない。美加のせいで声を失ってしまったのだ。

万智は庭野(工藤阿須加)に通訳を頼み、自分の言いたいことを口パクで伝えた。しゃべることのできない万智に代わり、庭野は初めて自分の意見をハッキリと述べることができた。

サンチーの“嫉妬モノマネ”が可愛すぎる

仕事を終え、社内で屋代と2人きりになった万智は、「浮気をやめていただけないでしょうか」と屋代を問い詰める。屋代はすべて誤解であると弁解し、三郷とは何の関係もないと主張。

万智は「この人は色っぽくて、こんな目(※ぶりっ子して目をパチクリする万智)で課長を見るそうですね!」と、思いっきり三郷をライバル視して、普段見せない乙女っぷりを見せた。屋代は「信じてください。浮気なんてしてません。お互いを信じよう、僕らは夫婦なんだから」と言い、2人は仲直りして帰宅したのだった。

つないだ手をブンブン振りながら仲むつまじく帰る万智と屋代の姿を、留守堂(松田翔太)が怪しく見詰めるシーンで放送終了となった。

屋代に向かって、上目遣いで目をパチパチさせながら三郷の真似をしたり、帰り道に万智が顔色一つ変えずに「課長、手をつなぎたいです」と言った場面が、「メチャメチャかわいかった!」「サンチー乙女!可愛いすぎか」「仲直りできてよかったね、ほっこりした」と視聴者に話題になっている。

次週、3月6日(水)放送の第9話は、庭野が同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力し、古家をフルリノベーションする。万智は「友情ごっこで家は売れない」と庭野を説教する。また、孤独な留守堂が万智への感情を変化させていく。(ザテレビジョン)

元記事で読む