1. トップ
  2. 有田哲平の一言がきっかけで人気急上昇? ゆーびーむ☆「『有ジェネ』に恩返しがしたい」

有田哲平の一言がきっかけで人気急上昇? ゆーびーむ☆「『有ジェネ』に恩返しがしたい」

  • 2019.2.28
  • 200 views
“有田ジェネレーションズ”として番組に出演するピン芸人・ゆーびーむ☆
KADOKAWA

有田哲平が、埋もれている“ネクストジェネレーション芸人”を発掘するお笑い番組「有田ジェネレーション」(毎週水曜夜1:28-1:58、TBS系)。オーディションに合格した芸人は“有田ジェネレーションズ”のメンバーとなり、共に次世代のお笑いスターを目指す。

【写真を見る】笑顔もこんなにキュート! 今回はイメチェンの真相なども語ってくれた

その有田ジェネレーションズとして番組に出演するほか、現在、WEB番組やYouTubeチャンネルにも出演し脚光を浴びているのが、女性ピン芸人のゆーびーむ☆。ハイテンションな一人コントで注目される一方、最近は「どんどんかわいくなっている」と評判の彼女。今回は、「かわいい女性芸人」に変身するきっかけになった有田哲平とのエピソードなど、「有田ジェネレーション」という番組への思いをたっぷりと語ってもらった。

「有ジェネ」は“芸人成長番組”!?

――番組のレギュラーになってから、何か変わった部分はありますか?

レギュラーになれたときは、とにかくめっちゃうれしかったです。絶対になれないと思ってたから(笑)。変わったところは、ネタを考える時間が増えたことですね。今までは毎日のように飲み歩いてたのに、ネタをちゃんと書くようになりました。本当にこの番組はすごいですよ、芸人成長番組です。すっかり更生しましたね(笑)。

――他に「有ジェネ」で鍛えられていることはありますか?

有田さんが収録終わりに、ジェネレーションズ何人かをご飯に連れて行ってくださるときがあるんですけど…ご飯会中も鍛えられます。「これやってみろ」っていうむちゃ振りがすごいんですよ。振られたら何か面白いことを返さなきゃいけないから、ご飯ものどを通らなくて(笑)。でも有田さんは、そこでやった振りを、実際に次の収録でやってくれたりするんです。一回やってる流れだから自然にできますし、番組自体がすごく面白くなるんですよね。こんなに、プライベートでも“芸人”をやってる先輩っているんだ、と思いました。

――「有ジェネ」が他のテレビ番組と異なると感じるところはありますか?

観覧のお客さんがいないので、「芸人相手にこれをやってウケるのかな」という不安は常にあります。ネタをやっているときにシーンってされると、どうしてもモチベーションも下がっちゃうから。あと、ネタ対決が多いから不安になるっていうのもあると思います(笑)。対決のたびにネタを消費するので、次の新しいネタを考えなきゃいけないじゃないですか。それでみんなさらに面白いものを持ってくるから、私ももっと面白いのを持って行かなきゃいけないし。みんながみんなで高め合ってる、という感じがありますね。

「有田さんたちや番組に恩返しがしたい」

――あらためて、番組MCの有田哲平さんは、ゆーびーむ☆さんから見てどのような方ですか?

本当に、私にとっては神様です。実は私、最初に番組に出たときはもっとダサかったんですよ(笑)。ボロボロのエクステとかつけて、衣装も毎回同じだったりして。そこで有田さんたちから「髪とか服はプロに頼め」「おまえの意見は言うな、プロに任せろ」って言われたんですね。それで、知り合いに紹介してもらった美容師さんに「私に似合う髪形にしてください」って全部お任せしたんです。髪もばっさり切ってもらって、番組での衣装も毎回変えるようにして。そしたら…放送の次の日に雑誌の仕事が来ました! 本当に有田さんたちのおかげですし、「すごいな」と思いました。

――では、進行役の小峠英二さんはどのような方ですか?

小峠さんも天才ですよね。本当に何でもできちゃう方だと思います。「有ジェネ」の収録では、有田さんと小峠さんの二人がいてくださるから、何を言っても面白くなると思っています(笑)。

――芸人として今後の目標はありますか?

本当にお世話になっているので、有田さんたちや番組に恩返しがしたいんです。今まで賞レースとかは全く気にしていなかったんですけど、「芸人として、どうしたら『有ジェネ』に恩返しができるか」って考えたときに、賞レースには出てた方がいいな、と思って。なので、賞レースで賞金を取って、有田さんたちにご飯をおごるのが今の目標です(笑)。

――では最後に、視聴者の方々へメッセージをお願いします。

この番組は本当に先の展開がどうなるか分からないので、私たち芸人もハラハラします。見ている皆さんも一緒にそういった心境を味わっていただければ。なので、リアルタイムで見ることをおすすめします!(笑)(ザテレビジョン)

元記事で読む