1. トップ
  2. ファッション
  3. ユミカツラ 2019年ウエディングコレクション - 吉田沙保里がドレス姿で登場、新作80点を披露

ユミカツラ 2019年ウエディングコレクション - 吉田沙保里がドレス姿で登場、新作80点を披露

  • 2019.2.27
  • 1772 views

ユミカツラ 2019年ウエディングコレクション - 吉田沙保里がドレス姿で登場、新作80点を披露

ユミカツラ(Yumi Katsura)は、2019年ブライダルコレクションを東京国立博物館にて2019年2月27日(水)に発表した。平成最後、国内での発表は86回目となる2019年ブライダルコレクションは、「ONE LOVE STORY」をテーマに、華やかな新作80点から構成される。2人の大切な日、女性が一番輝く日にふさわしい最新作が揃った。

undefined
www.fashion-press.net

吉田沙保里がウエディング姿で登場

ショー中盤には、ゲストモデルとして吉田沙保里を迎えた。女子レスリング界で13大会連続世界一という偉業を成し遂げた、逞しい彼女のイメージとは異なり、この日は純白のプリンセスラインのウエディングドレスで登場。タレントの武井壮が新郎役を務め、ランウェイ上では“お姫さま抱っこ”も披露した。また、ショー後半には和装にお色直し。吉田は晴れやかなオレンジの着物、武井は威厳ある黒の着物で再びランウェイを歩いた。

女性の憧れ、可憐なウエディングの数々

従来のイメージにはない斬新な発想から生まれたウエディングドレスばかりのなか、モダンなストライプドレスはそこはかとなくゴシックな雰囲気さえ感じさせる1着。はたまた、フラワーガーデンを想わせるように花々が咲き誇る華やかなミニドレスは、ハッピーなムード満点だ。そして、ティアードの動きが楽しい水彩画のようなフラワーモチーフをあしらったドレスには、大きなリボンをセットし、フェミニンなデザインへと昇華した。

和柄のファブリックもまた、可憐なドレスとして解釈されている。鶴が舞うドレスには、きちんと振袖があしらわれており、トレーンを引くように、袖が後ろへと流れているのが印象的だった。

中盤にかけては、続々と登場する純白のウエディングドレスによって、会場には清純な雰囲気で満たされた。オフショルダーのプリンセスラインから、レース切り替えのエンパイアラインまで、すべてに共通してオートクチュールならではの繊細なエンブロイダリーやレースが施されている。

煌びやかな和装も

ランウェイでは、グラデーションのドレスや純白のドレスが登場したのち、和装を続々と提案。朱、藍、緑と、日本古来の色彩を想わせる色打掛は、大和撫子な日本の女性像を想わせる。そんな色とりどりの和装のなかでも、まるでウェディングドレスと白無垢を合わせたようなワンルックも登場した。

元記事を読む