1. トップ
  2. スキンケア
  3. 謎の肌荒れ…その原因は「寝具」にあるかも!?

謎の肌荒れ…その原因は「寝具」にあるかも!?

  • 2019.2.27
  • 2065 views

肌荒れの原因は寝具?

肌荒れの原因は寝具?
出典:GODMake.

「この肌荒れは何が原因だろう…?」と謎の肌トラブルに悩まされた経験はありませんか?スキンケアをおろそかにしているわけでもない、不規則な生活をしているわけでもない、生理前というわけでもない。そんな原因不明の肌荒れは毎日使っている枕やベッドにあるかもしれません。

枕カバーやシーツは一見キレイに見えても、寝ている間の汗や皮脂、フケなどによって汚れています。また掛布団にもダニが繁殖している恐れがあります。そうすると寝ているだけで肌荒れを引き起こしてしまうことになっているのです。

肉眼ではっきり確認することができないため、もし汚れやダニ、カビなどが繁殖しているところで毎日寝ていると想像したら…ぞっとしてしまいますよね。

寝具を清潔に保つ方法

カバー類は週に1~2回は洗濯する

寝具を清潔に保つ方法
出典:GODMake.

ではどんな対策をすることが望ましいのでしょうか?まずは清潔に保つことを常に心掛けましょう。枕カバーやシーツ、掛布団カバーは週に1~2回は洗濯をするようにしたいもの。もし忙しくてそんな時間がなければ、予備にもう1セット用意しておくといいかもしれません。

もしくは肌が直接触れる部分にはバスタオルやカバーなどを使用して、取り替えやすい状態にしておくこともオススメです。

布団干しはこまめに行う

天気が良くてカラッとした天候の日は、布団を干すようにしましょう。布団についたホコリや髪の毛などを払い落したり、ダニ対策にも良いでしょう。天日干しによってふかふかのお布団になって、睡眠の質も向上してくれます。

掃除機をかける

ただ天日干しをしたからといって、それで完全にダニ対策ができたというわけではありません。布団の中にはダニの死骸やフンが存在したまま。そのため布団を取り込んだら掃除機をかけるようにしましょう。

ゆっくり丁寧に吸わせるようにしてダニを吸い取ると効果があると言えるでしょう。布団の片側だけでなく、両方に掃除機をかけるようにしてください。

布団乾燥機が効果あり

天気がよくない日が続く時や、外に干すことが難しい場合などは、布団乾燥機が便利です。布団乾燥機は高温で布団を乾燥させて、ダニを退治することが可能。

そもそもダニは50度以上で死ぬと言われているので、天日干しよりも布団乾燥機を使う方がより効果は確実。布団乾燥機を使った後は掃除機でダニの死骸を吸って、清潔な状態にしておきましょう。

寝具以外にも気を付けておきたいこと

パジャマ

パジャマ
出典:GODMake.

寝る時にはパジャマに着替えて寝ているという方も多いことでしょう。お風呂上がりに着るだけだから、そんなに汚れていないと思いがちですが、人間は寝ているだけでも汗をかいています。その汗がパジャマに付着し、雑菌が繁殖する原因となってしまうのです。汗以外にもフケや古い角質が付着していることも。

そのため毎日とまではいかなくても、週に2~3回は洗濯をして清潔に保つようにしておきましょう。パーカーやカーディガンなどのルームウェアも、脱いだ後はハンガーにかけて乾かしておくと良いですね。

清潔な状態でベッドに入る習慣

外から帰った服のままベッドに寝転んだり、ベッドの上でお菓子を食べたりしていませんか?これでは布団はとても不衛生な状態。お風呂に入らなかったりメイクを落とさず寝てしまうと、シーツや枕を自ら汚しているようなもの。お菓子の食べカスなどはダニにエサを与えていることと同じです。

ベッドは寝るための場所であって、だらだらくつろぐためのものではありません。ソファ感覚で使うのは避け、清潔な状態でベッドに入る習慣をつけましょう。そうすると気持ちの面でもオンオフの切り替えができることになり、メリハリのあるライススタイルを過ごすことにもつながります。

美肌には寝具の清潔さも重要!

美肌には寝具の清潔さも重要
出典:GODMake.

最近肌が荒れるのに心当たりがないという方は、一度寝具を清潔にしてみると良いかもしれません。毎日使用するからこそ常にキレイな状態を保っておきたいものです。

もしダニなどが原因で肌荒れを起こした場合は、ダニ退治をすぐに行いましょう。 清潔な寝具を使って、規則正しい生活を心掛けてください。治りが遅かったり悪化するようであれば、医療機関に行くと良いでしょう。

寝ることは美容と健康を維持するためには重要なこと。それなのに寝ている間に肌荒れを引き起こしていては意味がありませんよね。見落としがちな寝具のお手入れですが、美肌のためにも清潔さをキープしましょう。

元記事で読む