1. トップ
  2. 高嶋政宏、MCを務める音楽番組は「“プロによるプロのためのプロの番組”」

高嶋政宏、MCを務める音楽番組は「“プロによるプロのためのプロの番組”」

  • 2019.2.27
  • 236 views
音楽番組のMCを務める高嶋政宏にインタビュー
(C)BS朝日

BS朝日とJ-WAVEが「平成」「音楽」をテーマにコラボレーションする「My Anniversary SONG ~HEISEI SOUND ARCHIVE~」(毎週金曜夜10:24-11:24、BS朝日)で、高嶋政宏がMCを務めている。

【写真を見る】柔和な笑みの高嶋政宏が熱い思いを明かす

同番組は、時代・ジャンルを超えて音楽に熱い思いや情熱を注ぐ高嶋が、大好きな音楽を通して「平成」という時代を振り返る音楽番組。

毎回旬なゲストを迎え、思い出の楽曲を生セッションで披露し、貴重な音楽談議に花を咲かせる。

今回、高嶋に番組への思いや撮影スタジオでのエピソードなどをインタビューした。

――「My Anniversary SONG」のMCのお話が来たとき、心境は?

音楽が好きで、たくさんの有名な番組やプライベートでも音楽の話をしてきたのに「なぜ話が来ないんだろう?」とずっと思っていたので、お話を頂いたときはものすごく感動しました。

僕が今までお世話になった人たちとの縁によって生まれた、待望の音楽番組なので最高の気分です。

――高嶋さんにとってこの番組はどのような存在ですか?

この番組ではいろいろな邦楽のアーティストの生歌が聞けたり、どんな音楽を聞いて、どのように育ってきたのかなど、その人のバックグラウンドも聞けて、音楽の知識がさらに深まった。本当にありがたい存在です。

――見どころを一つ挙げるとしたらどこでしょう?

「この人が生で話すとこんな感じなの?」というアーティストの素顔を楽しんでもらいたいです。素顔を引き出すために、僕はあんまり好きじゃない下ネタを言い続けてるんで…(笑)。とにかく、素のアーティストを届けていきたいです。

――アシスタントのKさんとはどんな話をされていますか?

(歌の)リハーサルが終わるとすぐに本番になってしまうので、現場ではあまり話はできていませんが、彼のライブは見に行ったりしています。

いろんなアーティストがゲストとしてきてますけど、K君自体がものすごいアーティスト。なので、アシスタントとしてそばにいてくれること自体がぜいたくです。

高嶋「全員がそれぞれ違う色を持っていて、一番だなんて決めらない」

――現場の雰囲気が、ただの音楽番組と違うように感じました。

ありがとうございます。この現場は、一言でいえばプロフェッショナル。たくさんの有名な音楽番組でメインで活躍されている方がスタッフとして入っているので、とにかくスムーズで、“プロによるプロのためのプロの番組”という感じが一番の魅力だと思っています。

――MCとしてゲストを迎える時は、どんなことを心掛けていますか?

完全に僕も素で臨んで、思ったことを口に出して、「これ言ったらどうなるんだろう?」というのは考えずにどんどんしゃべりたいことを話しています。同時に、ゲストの方にリラックスしてもらうように努めています。

――今までのゲストの中でどなたが一番印象的でしょうか。

全員です! 出演された方、全員がそれぞれ違う色を持っていて、一番だなんて決められません。俳優もそうですけど、アーティストは自分の色をちゃんと持っていますから、そこがまた面白い。

――ご自身でキャスティングするならばどなたを呼びますか?

まずはフリクションのレックさん! 他には、僕が昔追っかけしていた米米CLUBのカールスモーキー石井(竜也)さんが来てくれたらうれしい。

もしかなうなら頭脳警察のパンタさんやCharさん。僕が日本のアーティストで初めて見に行ったのがCharさんなんで、もし、ゲストとして来てくれたら感動しながら緊張しているかも(笑)。

高嶋「僕は毎回、幸せに包まれています」

――俳優はいかがですか?

この番組ってキャスティングが難しくて、いろんな人を呼びたいですけど歌がうまくないと駄目で、非常にシビアな番組なんです。俳優とか呼びたいです。わが “同志”でフジロックにも出演されてる佐野史郎さんとか(笑)。

そして、 “変態同志”吉田鋼太郎さんも歌がとてもうまいのでぜひゲストとしてお越しいただきたいです。

――高嶋さん自身が今後、歌うという可能性はありますか?

ずっと言われているんですけど、いつか実現すると思います。でも僕が選ぶ曲はマニアック過ぎるので、皆さんに伝わるのか心配。かといって最近の邦楽のメジャーな曲は知らないし、どうしよう?

――衣装にこだわりがあれば教えてください。

ざっくばらんなトーク番組でもあるので堅苦しくジャケットというよりは根底に品格を意識しながら、その時その時のさまざまなすてきなブランドの一番シャレオツな洋服をカジュアルに着て行こうと話し合って臨んでいます。

――最後に読者へメッセージをお願いします。

この番組はアーティストの方が自分の持ち歌を含め、複数の曲を歌える歌番組です。本当に貴重な番組ですし、持ち歌だけじゃなく、ゲストがこの歌を歌いたいと思った曲を披露してくれます。

さらに思いがけないエピソードや生の声が聴ける素晴らしい番組で僕は毎回、幸せに包まれています。皆さんもぜひこの番組を見て幸せに包まれてください!

※高嶋政宏の「高」の正式表記は「はしご高」(ザテレビジョン)

元記事を読む