1. トップ
  2. ファッション
  3. ジョルジオ アルマーニ 2019年秋冬ウィメンズコレクション - ブルーローズが誘うエレガンス

ジョルジオ アルマーニ 2019年秋冬ウィメンズコレクション - ブルーローズが誘うエレガンス

  • 2019.2.21
  • 313 views

ジョルジオ アルマーニ 2019年秋冬ウィメンズコレクション - ブルーローズが誘うエレガンス

ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)の2019-20年秋冬ウィメンズコレクションが、2019年2月23日(土)、イタリア・ミラノで発表された。メンズとの合同ショーである。

undefined
www.fashion-press.net

エレガントなブルーが主役

今シーズン、コレクションを彩ったのはエレガントなブルー。漆黒のパレットの上で、ブルーが持つ上品な魅力を最大限に引き出していく。ブルーとブラックのカラーパレットはファーストルックを飾ったスーツスタイルから、ショーを締めくくるラグジュアリーなドレスまで、終始一貫して使われている。

たとえばブラックに染まったジャケットのフロントやウエストには光沢感のあるブルーのラインを走らせ、コントラストを効かせて。ジャケットに差し込むインナーには、青と黒とのグラーデーションからなるジオメトリックなパターンを採用している。

薔薇の花が咲き乱れる

エレガンスをさらに開花させるのは、ロマンティックな薔薇のモチーフ。透け感のあるセンシュアルなワンショルダーブラウスには立体的なコサージュとして、コンパクトなシルエットのジャケットには上品な煌めきを纏ったパターンとして表現されている。

薔薇の花はリアリティを追及するのではなくデフォルメして起用しており、フーディーをオンしたジャケットのフロントにはローズのグラフィックを大胆に配置。ロングドレスには丸い装飾を重ね合わせて、花びらに見立てたモチーフを散りばめている。

ボトムスはすっきりとしたパンツがメインで、上半身に重きを置いたルックが多い。メッシュを張り巡らせたボリューミーなボンバージャケットには、ヒップに膨らみをもたせ、裾に向かってキュッと絞ったシルエットのパンツを合わせた。アームホールを囲むように大ぶりなフリルをあしらったジャンプスーツは、ロングブーツに裾をインするスタイルで提案された。

オリジナルサイトで読む