1. トップ
  2. ファッション
  3. ヌメロ ヴェントゥーノ 2019年秋冬コレクション - バックスタイルでフェミニティを薫らせて

ヌメロ ヴェントゥーノ 2019年秋冬コレクション - バックスタイルでフェミニティを薫らせて

  • 2019.2.21
  • 508 views

ヌメロ ヴェントゥーノ 2019年秋冬コレクション - バックスタイルでフェミニティを薫らせて

ヌメロ ヴェントゥーノ(N°21)の2019-20年秋冬コレクションが、ミラノ・ファッションウィーク初日の2019年2月20日(水)に発表された。

undefined
www.fashion-press.net

バックスタイルで魅せる

今シーズンのクリエーションで注目すべきはバックスタイル。モデルたちが纏うアウターやドレス、スカートなどあらゆるアイテムの後ろ姿に工夫が施されている。レーシーなリトルブラックドレスには歩くたびに美しくなびくマント風のディテールを採用したり、すっきりとしたシルエットのベアトップドレスには大きなリボンを結んだりと、前面から見るとミニマルなピースも、バックスタイルで個性をプラスしている。

ファスナーディテールを多用

バックスタイルを魅せる様々なアプローチの中で、最も多用されたのは背中にファスナーを配するというもの。トレンチコート風のスタンドカラーアウターは背中を横断するように、フラワーモチーフが煌めくヌーディーカラーのワンピースは背筋をなぞるようにして裾までファスナーが走っている。

このディテールはレイヤードの楽しさを教えてくれるものでもある。ファスナーをあえて全開にし、クラシカルなコートにランジェリー風のインナーを差し込んだり、フェミニンなワンピースからアクティブなショートパンツを覗かせたりと、遊び心溢れる着こなしが提案されていた。

センシュアルなムード

素肌を露にすることでセンシュアルなムードを演出するアプローチも印象的。ブラウンのコートやベージュのカーディガンはあえて着崩すことで、肩をちらりと覗かせて。前述のファスナーは本来ならばカジュアルなアイテムに多用される留め具であるが、開け閉めすることで自在に肌を露出することができるという点に着目し、フェミニティを称えるディテールとして起用されているようにも感じた。

オリジナルサイトで読む