1. トップ
  2. 杉咲花が板谷由夏に強烈ビンタ! 二人で個室にこもって読み合わせも

杉咲花が板谷由夏に強烈ビンタ! 二人で個室にこもって読み合わせも

  • 2019.2.21
  • 180 views
杉咲花から強烈ビンタを食らった板谷由夏だが「全く痛みを感じなかった」とか
(C)テレビ朝日

2月21日(木)放送のドラマ「ハケン占い師アタル」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)第6話で、主演の杉咲花が上司役の板谷由夏にビンタを浴びせる一幕がある。

【写真を見る】第6話の撮影は連日エネルギーを使い、杉咲花ですらヘトヘトだったようだ

第6話では、職場でも家庭でも板挟み状態の課長・大崎結(板谷)が、部長の代々木(及川光博)から「出向」という名目でリストラ候補者一人を選ぶよう命じられてしまう。

誰も切り捨てたくないという思いから打開策を見つけられず、日に日に疲弊する大崎。そんな大崎にアタルが痛烈なビンタを浴びせ、険しい表情で「目を覚ましてください」と言い放つ…。

ビンタシーンは一発OK!

ビンタシーンでは本番一発OKを出したものの、いつになくアタルと大崎がやり合うシーンが続く第6話。連日エネルギーをぶつけ合う撮影に、杉咲と板谷もヘトヘトだったようだ。

そんな中、同ドラマのクライマックスとなるアタル“占いシーン”撮影前に、板谷が杉咲をランチに誘ったという。さらにその日の夜には、個室にこもって二人で占いシーンのせりふの読み合わせをしたんだとか。

そんな二人の絆が生んだ、渾身(こんしん)の占いシーンは、現場スタッフも息をのむほどの迫力に。

これまでも“あらゆるものが見える特殊能力”を駆使して、同僚らの悩みを解決してきたアタルが、ついにチームをまとめる課長・大崎を相手に、どんな言葉を浴びせるのか。(ザテレビジョン)

元記事で読む