1. トップ
  2. ファッション
  3. “分銅”みたいだね(笑)実はデブ見え「ダウンジャケットコーデ」4つ

“分銅”みたいだね(笑)実はデブ見え「ダウンジャケットコーデ」4つ

  • 2019.2.20
  • 3469 views

防寒効果が高いダウンジャケットは、寒い日のお出かけに手放せませんよね。
しかし、太って見えるというデメリットもあるので注意したいものです。
太見えしやすいダウンジャケットコーデをご紹介しますので、ついやってしまっていないかチェックしてくださいね。

(1)ロングダウンにワイドパンツ

『寸胴からの足元ボリューミーは太って見えるね』(33歳/公務員)

かなり寒い日は、ロングダウンを着こみたくなりますよね。
しかしロングダウンにワイドパンツだと、全体的に重たい雰囲気になり、太って見えてしまいます。

ロングダウンに合わせるなら、細身のスキニーの方がしっくりくるでしょう。
重たいアウターにはコンパクトなボトムスの方が、バランスが取れてすっきり見えます。

(2)白のロングダウン

『んー……ミシュラン?(笑)』(27歳/営業)

冬に着る白のアウターは女性を可愛く見せてくれますが、ロングダウンの場合はそうでもなさそうです。

モコモコしたロングダウンは太って見えやすいですが、白だと膨張して余計に太って見えてしまいます。
黒などの引き締まって見える色を選んだ方がよいでしょう。

(3)前を閉めて着ると太って見える

『寒いの耐えられないオバさんみたいでムリ!』(25歳/商社)

寒い日は、防寒のためにダウンの前を閉めて着たくなりますよね。
しかし、ロングダウンの前を閉めるとベンチコートのようなシルエットになり、結果太って見えてしまいます。

ベルトでウエストを絞れるタイプならいいのですが、すとんとしたデザインなら前を開けてきた方が太って見えません。

(4)この冬の主流はショートダウン

『前見かけた子で、ワイドパンツにネイビーのショートダウンはオシャレだなって思った!』(31歳/インテリア)

この冬はショートダウンが主流です。
ボトムスはスキニーなどIラインが強調できるコーデにすると、太見えを回避できます。
前を閉めると太って見えるので、スタイルよく見せるには、開けて着るのがおすすめです。

とはいえ、前を開けるとやはり寒いですよね。
せっかく暖かいダウンを着ているのにオシャレのために寒さを我慢することに……
暖かいインナーを着て、前を開けても寒くないようにしておきましょう。

----------

今年また注目を集めているダウンジャケットですが、羽毛が詰められていることでモコモコしていますので、太って見えないようにコーデには気をつけたいですね。
防寒効果が高いロングダウンの方がショート丈のダウンジャケットより太って見えやすいので、防寒を取るかオシャレを取るか悩むところです。
ロングダウンの前を閉めてきたい場合は、ウエストマークできるタイプを選んでスッキリ着こなしてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

元記事を読む