1. トップ
  2. インテリア
  3. リノベーションで叶える心地よい暮らし☆工夫を凝らしたインテリア集

リノベーションで叶える心地よい暮らし☆工夫を凝らしたインテリア集

  • 2019.2.16
  • 28394 views

間取りや広さなど、それぞれのライフスタイルに合わせて、住まいの心地良さを追求するリノベーション。

今、理想の部屋づくりを実現するためにリノベーションを選択し、上質で素敵な暮らしを手に入れる方が増えています。

今回は、こだわりのインテリアで快適な住み心地が叶う、リノベーションのインテリア実例をご紹介します♪

リノベーションでこだわりのインテリアを実現しよう

収納力を誇るシューズクローゼット

靴だけでなく、アウターやレジャー用品などの玄関にキープしておきたいアイテムを収納できるシューズクローゼットは、年々需要が高まっています。

こちらのシューズクローゼットは、左側の手前にハンガーポールが上下に2本設置され、アウターやストールなどを掛けておくことができます。

両サイドは、共に可動式の棚を設置することができるデザインです。

コートやジャケットなどのアウターを掛けておけば、外出時にサッと羽織れて、帰宅時もすぐに掛けられるので便利ですね。

フレキシブルに使いやすい可動棚は、靴の種類や大きさによって高さを調整できるので使い勝手抜群です。

大容量の収納を玄関土間に

玄関土間に大容量の収納スペースがあれば、アウトドア用品の保管場所としても役立ちます。

こちらはアウトドア用のコンテナやバッグなどを、まとめて収納できるようにしつらえた玄関土間です。

靴を履いたままウェアを羽織ったり、レジャーで使うアイテムのチェックなどができるので便利に使えますね。

個性的なキッチンのインテリア

オリジナリティの高いインテリアが多く見受けられる、リノベーションのキッチン。

こちらのセミオープンのキッチンは家族との距離感が近く、料理の配膳や片付けなどがスムーズで快適な使い心地が実現しています。

天井はリビングダイニングと同じ高さなので、伸びやかで過ごしやすい空間に仕上がっているのも魅力的ですね。

こちらも対面キッチンで、キッチン台の背面はオープンシェルフが取り付けられ、キャニスターやコーヒーアイテムなどが並んでいるのがよく見えます。

素材やデザインが異なっていても一体感をもたらす、センスあるディスプレイが目を引きます。

キッチン家電はリビングやダイニングから視界に入りやすい場合、機能だけでなくデザインにもこだわりたいもの。

こちらはシックなカラーでインテリア性も兼ね備えたバルミューダのオーブンレンジが、シャビーテイストのレンガ壁に見事にマッチしています。

梁見せ天井を取り入れ、全体的にシャープな印象を与えるL字型のキッチンです。

インダストリアルテイストの棚は冷蔵庫を覆うように設置され、生活感を和らげる効果も発揮しています。

L字型の場合、角の部分がデッドスペースになりますが、こちらはリビング側から取り出しやすい場所に引き出し収納を設け、実用性を高めているのもポイントです。

収納力の高いオープンパントリー

キッチン用品や日用品など、あらゆるものを収納できるパントリーは、家事動線の良い場所に設置したいですよね。

こちらはキッチンとウォークインクローゼットの間に設けられた、オープンタイプのパントリーです。

上段から中段はカゴやファイルなどを置き、下段には移動しやすいよう、キャスター付きのダストボックスやワゴンを使用しています。

用途によってフレキシブルに使える可動棚は、パントリーにもぴったりですね。

広々空間のワンルーム

こちらは窓からの明るい光が部屋の隅々まで届き、開放感溢れる空間が広がるワンルーム。

窓際にナチュラルなテイストのベンチソファとセンターテーブルをレイアウトしており、くつろぎの時間を楽しめます。

生活動線がコンパクトなので移動しやすく、ふたり暮らしにぴったりなお部屋ですね。

こだわりの内装でインテリアの完成度をUP

フォーカルポイントにもなるリビングのヘリンボーン壁は、むき出しになったコンクリート壁との対比を楽しめる組み合わせです。

ヴィンテージ調のソファとリビングテーブルが、ヘリンボーン壁の色調と馴染んで空間に一体感をもたらしています。

インテリアの雰囲気を左右するため、内装と健具の調和も大切な要素となります。

こちらはレンガ壁に自然に馴染む木製のドアを取り入れ、味わいのあるドアノブをチョイスし、細部までこだわりが反映されています。

ドアは素朴な雰囲気の床材とも相性抜群で、素敵な雰囲気に仕上がっていますね。

見た目にお洒落&機能的な室内窓と間仕切り

部屋数が多いと壁面が増えてしまいがちですが、室内窓を取り入れることで見た目にお洒落なだけでなく、採光や風通しなどにも役立てることができます。

こちらは木枠の室内窓が設けられたキッズルームで、明るく気持ちの良い環境を整えています。

勉強や読書などに役立つ造作デスクも取り入れられ、家族の気配を感じながら過ごすことができるのが魅力です。

こちらは、室内窓が設けられたワークスペースです。

室内窓は独立した部屋でありながら、閉塞感を和らげてくれる効果も与えてくれます。

デスク正面の有孔ボードにはヘッドホンやデジタルカメラなどが、スタイリッシュにディスプレイ収納されています。

インテリアに遊び心が添えられ、趣味や仕事などに多用途に使えるプライベート空間に仕上がっていますね。

こちらは室内の広さや開放感をキープしながら、インテリア性を高めることができる、間仕切りを採用しています。

扉を開放すればひと続きの部屋として使え、扉を閉めれば、キッチンやリビングダイニングとは独立した空間を維持することができます。

見た目にお洒落なだけでなく、実用性も兼ね備えているのが特徴です。

洗面所の素敵なインテリア

毎日使う洗面所は家族だけでなく、来客も使う場所なので綺麗で快適な状態に、整えておきたいですよね。

こちらは表情豊かなモルタル仕上げで、シームレスな美しさが際立つ洗面所です。

木枠のミラーがあたたかみをプラスしており、壁付けボウルの下はフリースペースにすることで、見た目にすっきりとした印象に仕上げています。

こちらはインドアグリーンをハンギングしている左上のポールを利用し、室内干しもできる環境に整えられています。

正面のグレーのタイルは貼り方に工夫が凝らされ、シックでカジュアルな雰囲気を纏っていますね。

身支度をする時も余裕のある広さが確保されているため、インテリアも使い勝手も満足度の高い仕上がりになっています。

こちらは木目が美しい造作カウンターと、洗面ボウルのシンプルな組み合わせに、カントリーテイストのタイルをプラスして意匠性を高めています。

洗面ボウル横のスペースでは洗濯物を畳んだり、アイロン掛けしたりすることもでき、家事室としての機能も備えた、利便性の高い場所になっています。

動線よく、使いやすいウォークインクローゼット

居室とリビングからアクセス可能な、ウォークインクローゼットです。

リノベーションなら、収納量や収納するものの大きさに応じてサイズや奥行きを調整し、使い勝手の良いクローゼットに仕上げることもできます。

こちらは横幅のあるハンガーパイプを設置し、引き出しケースやオープンシェルフなどを組み合わせ、使い勝手を向上させながら洋服類を一括管理しています。

身支度を整えやすく、整理収納もしやすい、機能的なウォークインクローゼットですね。

こちらは居室と寝室の間に取り入れられた、ウォークインクローゼットです。

通り抜けられることにより、移動のムダを減らすことができるのが利点です。

通路に設置することにより、それぞれの個室にクローゼットを設ける必要もなく、お家のスペースを有効に使えるのがよいですね。

アウトドアアイテムを大胆な発想で

大胆な発想を取り入れて、オリジナルのインテリアも叶う、リノベーション。

こちらは、玄関土間に自転車やサーフボードをレイアウトしてディスプレイも兼ねた収納に仕上げています。

趣味の道具をいつも見える位置に置くことで、誰とでも世界観を共有できるのがよいですね。

こちらは、2台の自転車を玄関土間に壁掛けにしています。

玄関土間なら外から自転車を直接入れることができ、保管する上でも安心ですね。

水拭きをしたりタイヤに空気を入れたりするなどのメンテナンスも、容易に取り掛かれるのもメリット。

リノベーションなら、アイデア次第でオリジナルのインテリアも叶えることができます。

まとめ

今回は暮らしやすく快適な住まいを実現できる、リノベーションの実例をご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分だけのこだわりのインテリアを満喫できる暮らしなら、日常を特別なものへとシフトしてくれますね。

是非、ご紹介した実例を参照し、ライフスタイルに合わせたオリジナルのインテリアを楽しめる、リノベーションの空間作りに役立ててみてくださいね。

元記事を読む