1. トップ
  2. レシピ
  3. 加賀野菜に新鮮な魚介も♪ 注目エリア・北陸の味覚をインターコンチで味わい尽くそう

加賀野菜に新鮮な魚介も♪ 注目エリア・北陸の味覚をインターコンチで味わい尽くそう

  • 2015.3.14
  • 608 views

ついに2015年3月14日(土)、北陸新幹線が開通。ますます北陸エリアへの注目が高まる中、北陸の味覚を味わい尽くす「日本を味わおう第2弾-北陸」がホテル インターコンチネンタル 東京ベイの人気ブッフェ「シェフズ ライブ キッチン」で展開中とのことで、早速出かけてきました。

今回の「日本を味わおう第2弾-北陸」は、ブッフェ評論家・東龍さんとTV番組などでもおなじみの「シェフズ ライブ キッチン」料理長・佃勇さんのコラボレーションによるもので、金沢の気候や風土に育まれてきた独特の香りや色彩、味わいのある“加賀野菜”や、日本海の新鮮な海の幸を使った約20種類のメニューが提供されています。

「ヘルシー・ビューティ・フレッシュ」をコンセプトとしているブッフェと聞いてやってきたのもあり、やはり“加賀野菜”を使用したメニューがどうしても気になります。

ファーストディッシュの「牛ほほ肉と紅芯大根と春キャベツのクリームスープ」やバリエーション豊かにラインナップされたサラダは、いずれも北陸地場産の野菜の味わいを存分に楽しめました。

【「ファーストディッシュ〜コラーゲンたっぷり牛ほほ肉と紅芯大根と春キャベツのクリームスープ」】

【サラダの中ではこちらの「紅芯大根ワサビ菜、ジャコのサラダ」が特におすすめ! 甘味のある紅芯大根と辛味のある越前大根が入っていて、シャキシャキの歯ごたえで、味はもちろん「こんなにみずみずしい野菜はなかなか食べれない!」という一品でした】

そしてキッチンの奥の方へ足を向けると、天ぷらを揚げる音が聞こえてきます。「シェフズ ライブ キッチン」と言うだけあって、揚げたてを目の前で作ってくれるのもいいのですが、調理する“音”がさらに食欲をそそってくれて最高です。

天ぷらはシンプルな料理だけに素材が命。都内ではなかなか見ることのない「金時草」や「加賀蓮根」,そして中でも一番うなったのはビックリするくらい肉厚な「百万石椎茸」。

噛めば噛むほどじゅわっと味がしみ出るこの椎茸は“食べる価値アリ”です!

また「北陸(日本海側)はお魚が美味しい」ということで、魚介類のメニューも豊富です。柿の葉寿司に、金沢の郷土料理の治部煮、鰆のソテーなど,日本海の荒波で育った身のプリプリしたお魚たちを、現地そのままの味で頂けるという印象でした。

その中でも漁獲のほとんどが現地で消費されるという希少価値の高い「ガス海老」を使った「ガス海老と加賀蓮根のガーリック炒め」はクセになる味でした。

一般的に海老は殻ごと揚げて調理すると殻が堅くて食べづらいものですが、「ガス海老」は殻ごとサクッと噛み切れ、殻の中に閉じ込められた旨味が口の中いっぱいに広がります。一緒に炒められた加賀蓮根にも海老の味が染み渡り、食べやすく健康にも良さそうな印象でした。

と、今回いただいたメニュー(ほぼすべてのメニューを完食)を1つずつ解説するとキリがなくなるくらいに充実の内容で大満足!!

さらに北陸産の素材をメインに使ったデザートも豊富に用意されていますし、定番の人気メニューもと、まさにグルメな女子会にぴったりという印象。僕もヘアメイクを担当するタレントさんなどにぜひおすすめしたいと思います。みなさんもぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

シェフズ ライブ キッチン「日本を味わおう第2弾-北陸」

2015年5月14日(木)まで開催

http://www.interconti-tokyo.com/restaurant

問:シェフズ ライブ キッチン Tel:03—5404—2246

text:Tomoyuki Iwashita(ヘアメイクアーティスト)