1. トップ
  2. 「ファイナルアンサー?」 キスマイ北山が完成度高過ぎな名司会者“きたもんた”に!!

「ファイナルアンサー?」 キスマイ北山が完成度高過ぎな名司会者“きたもんた”に!!

  • 2019.2.15
  • 348 views
子供たちが賞金10万円獲得を目指してクイズに挑戦する「こどもねあ」を配信
(C)エイベックス通信放送

2月15日(金)より、映像配信サービス「dTV」のオリジナル番組「キスマイどきどきーん!」の最新話(#2)が配信。Kis-My-Ft2と制御不能のむちゃくちゃキッズが繰り広げる、笑いあり、涙あり、感動ありのノーコンバラエティー。

【写真を見る】キスマイメンバーがむちゃくちゃキッズに奮闘中

今回は、子供たちが賞金10万円獲得を目指して、クイズに挑戦する「こどもねあ」を配信。挑戦する子供たちにまつわるクイズを8問出題し、1問答えるごとに10円、50円…と賞金が増えていき、全問正解したら10万円獲得となる。困った時に使えるライフラインも存在し、それをいつ使うかが賞金獲得の鍵に!

まず二階堂高嗣が訪れたのは、都内某所の駄菓子屋。店内に入ると、駄菓子屋のおかみ“みっちゃん”が出迎え、店の奥から出てきたのは、ある名司会者にふんした北山宏光。北山の格好に「何? その格好!?」と戸惑う二階堂に対し、北山は「司会の“きたもんた”だよ」とキャラを作り込んで登場。そして「始めるか?ファイナルアンサー」と某番組の決めぜりふでクイズスタート!

子供に優しく接する二階堂の姿に胸キュン必至!

1人目の挑戦者は、弘山真菜(ひろやままな)ちゃん。順調に答えていくが、3問目に自衛隊にまつわるクイズが出題。思わず二階堂が「一気にレベル高くない!?」と驚くと、北山が真菜ちゃんのお父さんは自衛官だと明かし、真菜ちゃんが「そうなのよ~」と小学生らしからぬ言い方をし、思わず二階堂がツッコむ場面も。

2人目の挑戦者は、2択のプリンセスこと、岩崎愛香(いわさきまなか)ちゃん。鋭い直感で答えを2択に絞り進めていく。ライフラインを使用する場面では、助言するはずのお母さんがまさかの答えを言ってしまい、一同騒然!

果たして、挑戦者たちは、全問正解し優勝賞金10万円を獲得できるのか!?

また、“みのもんた”の物まねをする北山だが、子供たちは本家を知らないという衝撃事実が!2人が子供たちとのジェネレーションギャップに戸惑う一幕も。また、北山が考える子供を目の前に「タラタラしてんじゃねーよ」の駄菓子を食べて、ちょっといじわるする場面や、答えられず悔し泣きする子供の肩を抱き寄せ、優しくアドバイスする二階堂の胸キュンシーンに注目だ。

今回も、子供たちの大切なものを取り戻すために、だんだんと長くなるポーズをつなげていく記憶ゲーム「キスマイ戦隊メモレンジャー」に挑戦。前回罰ゲームを全部受け、ぽんこつぶりを見せた宮田俊哉は「もうぽんこつなんて言わせない!」と意気込むものの…。

そして今回、藤ヶ谷太輔もまさかのぽんこつへ仲間入り。罰ゲームでいちいち格好つける藤ヶ谷も見どころだ。

次回の配信は、キスマイメンバーが裁判官・検事、弁護士、子供たちが裁判員になって裁判を行う「ピュア裁判」。崖っぷち41歳限界アイドルを検察官・玉森裕太が追い詰める。さらに裁判員の子供の容赦ないピュアなコメントがさく裂する。(ザテレビジョン)

元記事で読む