1. トップ
  2. 日向坂46から女性誌4誌の専属モデル誕生! 高本彩花「自分が自信を持てることを見つけたい」

日向坂46から女性誌4誌の専属モデル誕生! 高本彩花「自分が自信を持てることを見つけたい」

  • 2019.2.14
  • 231 views
けやき坂46から改名し、3月27日にはシングルデビューが決まっている日向坂46
KADOKAWA

【写真を見る】日向坂46のキャプテン・佐々木久美は「Ray」の専属モデルに

けやき坂46から改名した日向坂46のメンバー4人が女性ファッション誌の専属モデルを務めることが明らかになった。

2月下旬発売の各誌4月号より、加藤史帆が「CanCam」(小学館)、キャプテンの佐々木久美が「Ray」(主婦の友社)、佐々木美玲が「non-no」(集英社)、高本彩花が「JJ」(光文社)の専属モデルとなる。

すでに、小坂菜緒が「Seventeen」(集英社)専属モデルとして活動しており、日向坂46は計5人の女性ファッション誌専属モデルが所属することに。

5人は、3月30日(土)に神奈川・横浜アリーナで開催される「マイナビ presents TOKYO GIRLS COLLECTION 2019 SPRING/SUMMER」に出演する。

加藤史帆コメント(「CanCam」専属モデル)

「CanCam」専属モデルとなった加藤史帆
KADOKAWA

CanCam4月号から専属モデルをさせていただくことになりました。憧れていた専属モデルになることができて、夢のように幸せです。

先輩方のように美しく、女性からも憧れられる存在になるのが目標です。メークやファッションについて勉強して、アイドルのときの自分とは違う表情をたくさんお見せできるよう精いっぱい頑張ります。これからよろしくお願いします。

「CanCam」高田浩樹編集長コメント

――加藤史帆に関して。

誰がどう見ても美しい、その圧倒的な美貌。そしてグループの中でもひときわ輝くダンスの実力の持ち主。モデルの撮影の際も、その圧倒的な身体能力とセンスの良さを完全に発揮してくれました。

これから、必ずや日本のアイドル&モデルの代表的な存在となってくれると確信しています。

――日向坂46に関して。

アイドルグループ戦国時代の今、グループに必要なのは、実力と美貌とチームワーク。その全てにおいて他を圧倒するグループです。

単にかわいい子の集団ではなく、一人一人の個性がが光りながら個の実力も素晴らしい。「アイドルグループ」という今までの概念をひっくり返す可能性をもっている昭和・平成含めても最強のグループです。

佐々木久美コメント(「Ray」専属モデル)

【写真を見る】日向坂46のキャプテン・佐々木久美は「Ray」の専属モデルに
KADOKAWA

モデルのお仕事はずっと自信がないながらも、思い描いていた夢だったので、その夢が現実となり、本当に本当にうれしいです。

私は日向坂46で一番背が高いので、その身長を生かすことができるように、また、私が憧れてたようにキラキラした、まねしたいと思っていただけるようなモデルさんになれるように頑張ります。

「Ray」影山和美編集長コメント

――佐々木久美に関して。

撮影で初めて会ったときに、まずそのスタイルの良さに目が引きつけられました。

モデル顔負けのスタイルはどんな服装にも合うと確信。そして、品のある美しい顔立ちは22歳(当時)と思えないほど! まさに一目惚れだったんです。

撮影終了後には、キャプテンである佐々木久美さんの号令で全員そろってのあいさつが。あまりの礼儀正しさにスタッフ全員感心しました。

今後は、かわいいものから格好良いものまで幅広く着こなせるモデルになっていくと期待しています。Rayに新しい風を吹き込んでくれる大きな存在になることは間違いなしです。

――日向坂46に関して。

「けやき坂46」は次世代を担う存在として注目していました。

ライブなどで見ると元気でパワフル、そしてかわいさの中に品があって、ひたむきな素直で…。誰でも応援したくなる存在だと思います。コンサートを1回見ればみんなファンになると思います。

そんなグループのキャプテンである佐々木久美さんにエールを送りたいです。ファンとしても応援していきます。

佐々木美玲コメント(「non-no」専属モデル)

佐々木美玲は「non-no」の専属モデルになった
KADOKAWA

ノンノの専属になるというお話を聞いた時、まさか自分だとは予想もしていなくて本当に本当にビックリしました。夢の一つである専属モデルになれたこと、心の底からうれしかったです。

ノンノの専属モデルとして、胸を張れるように、そして恥じないように一生懸命頑張っていきたいと思います!

そしていつか女性の憧れの存在になれるように成長できたらいいなと思います。一生懸命頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

「non-no」花輪夏江編集長コメント

――佐々木美玲に関して。

美玲ちゃんには昨年ファッションテーマにゲスト出演していただく機会があり、その写真を見た瞬間に、ノンノの読者が永遠に好きな「透明感」と、こんな人と友達になりたいと思わせる「温かさ」を強く感じました。

今後の誌面を華やかに盛り上げてくれる存在として、現場スタッフも満場一致でノンノモデルをオファーさせていただきました。

――日向坂46に関して。

けやき坂46の単独公演を見た際に、グループから醸し出されるハッピーなオーラに魅せられ、ノンノの雰囲気とも近いご縁のようなものを感じて、 専属モデルのお声がけをさせて頂きました。これからどんなグループに成長していくのか目が離せません。

高本彩花コメント(「JJ」専属モデル)

「JJ」専属モデルの高本彩花
KADOKAWA

ずっとずっと夢で、諦めようともした専属モデルの夢をかなえることができて本当にうれしいです!

私はモデルとしてまだまだ未熟者です。たくさん勉強して、たくさん吸収して、たくさんの方に認めていただけるように努力します。

たくさんの女の子に共感や、親近感などを得ていただけるようなモデルになりたいです。素晴らしいJJモデルの先輩の皆さんのような、表現力もあり、すてきで、大人な女性になれるように頑張りたいです!

JJモデルとしてたくさんのことを経験して自分が自信を持てることを見つけたいと思います! 応援よろしくお願いします。

「JJ」原さやか編集長コメント

――高本彩花に関して。

初めてお会いしたときに、その透明感と意外と(?)マイペースなキャラクターでファンになりました。

すでに、とてもチャーミングで見た目も大人っぽい高本さんですが、伸びしろ十分の20歳。JJのコンセプトでもある「ガールからレディーへ」同様、大人への階段を一段一段、読者と一緒に上る存在になってくれることと期待しています。

――日向坂46に関して。

平成が終わる最後の年にして最強のアイドルグループがメジャーデビューしたなという印象です。新しいアイドルのかたちを見せてくれるグループになるだろうと期待しています。

他のライバルたちは、このグループの出現に戦々恐々としているのではないでしょうか?(ザテレビジョン)

元記事で読む