1. トップ
  2. 和牛、資生堂の新商品発表会に登場。互いに感じるストレスに川西「しょうがない。ずっと一緒ですから」

和牛、資生堂の新商品発表会に登場。互いに感じるストレスに川西「しょうがない。ずっと一緒ですから」

  • 2019.2.14
  • 1120 views

資生堂の制汗剤「エージーデオ24」の新商品発表会が2月13日に都内で行われ、お笑い芸人の和牛が出席した。緊張、ストレス由来の匂いである“ストレス臭”に着目した新デオドラントスプレー「エージーデオ24 パウダースプレー(医薬部外品)」など新商品全17品種を2月中旬に発売する。

【写真を見る】互いのストレス臭を嗅いではしゃぐ和牛

仲良しな和牛
撮影=神保達也

和牛は「エージーデオ24」のスプレー片手に登場し、そのスプレー缶の銀色に対して水田が「2位を3回とってるので銀が似合っている」と3年連続でM-1グランプリ準優勝だったことをもじると、相方の川西が「エージーさんは売り上げが1位と聞いてますから。次は金を目指して頑張ります」と言い水田も「頑張ります」と。

また二人の左手にはビニール袋が装着されており、「これが最大のストレスの原因です」と水田、「もう1時間くらいしてる?」と川西が言うと「左手取られるんちゃう?」と水田が返す。そこからストレスを感じるのはどんなときかを聞かれ、「月に何回か、東京の劇場と埼玉の劇場で3回ずつ和牛が出るときがあるんですけど、そのときに3往復するんです。5ステ、6ステあたり、ストレスたまります。『やめてくれ~』と、『こんなスケジュールやめてくれ!』と思います。でも、月に1、2回だから、頑張ります」と水田が話すと、川西は「ちゃんと舞台上でストレス溜まってるってガチで言うやん。やめてよ。イベント用にしてよ。今の発言がもうストレス。誰がこんなところでガチ言うてんねん」と水田の発言にストレスを感じると告白。また「さっきもそうですよ。スーツに着替えて姿見の前で、僕が今からネクタイを結ぼうとしている、その姿見と僕の間に相方がすっと入ってきて蝶ネクタイつけようとして。普段からね、神経質とか細かいところに気が付くとか言ってるけど、いざ自分のこととなるとこんなことするんだ、と」と楽屋で感じたストレスを言うと水田は「だからよけたやん」となだめると、「ちょっとだけよけてた(笑)。何やこれ、と思いました」と川西は笑顔に。

川西のストレスは水田

撮影●神保達也
KADOKAWA

MCから「川西さんのストレスは水田さんですか?」と聞かれると、水田から受けるストレスで川西に異変が起きたことが発覚。

川西「相方です。相方が嫌なこと言うから、聞き流すようにしているんですけど、やっぱり立ち位置的に右の耳から入って、左の耳から何とか聞き流そう聞き流そうとするんですけど、そのストレスが左耳の周辺にかかりすぎて、ここだけ白髪生えてきたんです」

水田「僕の位置から見えなかったんです。そうなんや」

川西「聞き流す側の耳の方が負担が大きい」

水田「そうなん。右側は別に大丈夫なん?」

川西「そう。入ってくるけど。出すときのストレス」

水田「流してるから?」

川西 「そう」

と2人で話を進めているとMCから「水田さんから労いの言葉はないですか?」とツッコまれ、水田は「だって、“あいつストレス感じてるな”っていうので、僕もストレス感じますもん。“こいつ俺にストレス感じてるな”って感じて僕もストレス感じますもん」と漫才のネタのような返しが。「お互いストレスを掛け合ってどうするんですか?(笑)」とMCが言うと、川西は「いや、しょうがない。ずっと一緒ですから」と互いのストレスにも理解を示す。

続いて“ストレス臭”に関して問われると「初めて聞きました」と言う水田と「何かが分からへんもんね、匂いて。どこから出てて何が原因か分からないですよね」と言う川西。

2人の左手のビニール袋の理由は、ストレス臭の採取のためで、そのビニール袋は「和」と「牛」と書かれており、川西が「僕と水田くん用で、“和”と“牛”に分けてもらってね。僕が“牛”担当だったんですね」と言うと水田が「僕が人を和ませる担当だったんですね」と答え、すかさず川西は「自分だけ良く言うなや」とツッコみ、会場は笑いに包まれた。

川西、水田のストレス臭は「嫌いじゃない」

水田のストレス臭をかぐ川西
撮影=神保達也

会場のスクリーンには、どのようにストレス臭を採取したかが流れ、四桁の数字から13ずつ引いてください、と言われたり、ある文字の言葉を言い続けてください、など問題が出されたそう。川西は「水田くんみるみる(左手のビニール袋が)曇り出したもんね」と言い、出される問題が難しく、先生も結構スパルタで2人とも相当なストレスを感じたそう。そんな2人は、まずはサンプルのストレス臭をかぐことに。

水田「あ。かいだことある」

川西「珍味系やな。楽屋入りとか移動の場、仕事の場でこの匂いがすると正直心地良くない」

水田「楽屋でかいだことあるな。すごいくさいとかそういうことじゃない。何か匂うな、くらい」

川西「ちょっと塩っけある。あぶったら酒のあてになりそう」

水田「柚子胡椒つけてもいいのかもしれない」と匂いを嗅いだ2人のやり取りに会場は爆笑。そしてストレス臭を記憶した2人は、自身の左手で採取したストレス臭をかぐことに。

水田「あ、強い。さっきのやつの何倍もの匂い。さっきのサンプルの師匠みたいなやつ。『これがほんとのストレス臭だよ』って出てくる感じ」

川西「ストレス臭?」

水田「うん。めちゃくちゃストレス感じてる! 俺、この匂い嫌、いやいやいや。自分から出てると思ったら嫌」と言っているとMCから「では、今度は互いににおってみてください」と言われ水田は「この匂い、相方とはいえ恥ずかしい。すっごい嫌や」と拒否するも、川西から「俺のいってみて。ほんで全部いくからな、入ってるやつ全部いくからな、いくで」とかがせると「あ!やだ!めちゃくちゃ仕事終わりの匂いする」と水田。そして、自身のストレス臭も川西にかがせると「あ、うんうん、でも何やろな。嫌いではないかな」と川西は大丈夫なよう。その様子に「うそ!? 俺は嫌やったで。自分のでも嫌やったから」と言うとさすがの川西も「ちょっとは好きになれ!」とツッコミを。

タンクトップ姿の水田「また男にモテる」

「また男にモテる」という水田に爆笑する川西
撮影=神保達也

ストレス臭の検証が終わると、左手のビニール袋から解放された2人は、実際に「エージーデオ24」を使ってストレス臭をケアすることに。「すぐに戻ってきますね」と川西が言うと水田も「30秒だけ失礼します」と舞台袖にはけ、タンクトップ姿で再登場。「また男にモテる」と言う水田に会場はまたも爆笑。そして「エージーデオ24」を持った2人は「せ~の! 汗臭、ストレス臭、全身にシュー」とそろった動きで完璧なかけ方を披露。水田は「ちょっと待ってくださいね、とビニールをしていた左手にかけ、匂いをかぎ、その様子に「いい?」と聞く川西と「いい!」と感想を言う水田の声が一緒になる一幕も。

最後は「皆さんも日々ストレスを感じていることもあると思います。自分で気付いていなくてもストレスは溜まっていくものですから。自分が溜まっているんじゃないかと疑っている人もそうじゃない人も、毎日全身にシュ―してシュ―の勢いで仕事に行くぐらいでやってほしい」とステージ前方に進み、その場でそのまましゃべる水田に川西はしっかりツッコみ会場を何度目かの笑いに包んだ。続けて川西は「さっき、ふりかけさせてもらいましたけどサラサラ~っとして、清涼感もあってちょっとひんやりして。ストレスを感じているときはどうしても変な汗とか、変な熱を持つじゃないですか、気温にかかわらず。その感じがスッと減る感じはありましたので、皆さんもぜひ使ってみてください。日々の生活ストレスといい感じに付き合っていってください」とメッセージを送り、2人とも「ありがとうございました」とあいさつし会場を後にした。

ストレス発散法は買い物とおいしいものを食べること

撮影●神保達也
KADOKAWA

会見後に行われた囲み取材では、映像では伝わらないストレス臭に関して聞かれ「単純な汗臭いとかじゃないんですよね。何か疲れたときの人間の周りからうっすら出ている匂いが凝縮されたものが自分からしたので、ちょっとショックでしたね。ストレス臭のサンプルを超えてましたね。それが恥ずかしいです」と水田は悲しそうな様子。一方の川西は「匂いをどう伝えるかですよね。みんな絶対かいだことあるな、という系統なんですけど、サンプルと僕と水田くん、この三種類、三者三様のちょっと違った匂いやったりしたんですよね。だから皆さんオリジナルの、あなただけの世界に一つだけの匂いを持ってらっしゃると思うので、一度ご自分で試してみるのもいいかもしれないです。共通して言えるのは塩っけはありました」と実験から、ストレス臭がさまざまであることを伝えた。

そして、そんな2人のストレス発散法を聞かれると、ここでも漫才のようなやり取りが。

水田「よく食べることです。あとは買い物」

川西「結構“爆買い日本人”なんで」

水田「あんまり服を買いに行く時間もないので、1回行ったら、あれください、これくださいって結構まとめて買っちゃうんで」

川西「一緒に買い物にいった同期の藤崎マーケットのトキちゃんは、水田くんが買い物しているさまを見て『マイケル・ジャクソンや』言うて、あいつは東京に行って変わってしまったって言うてました」

水田「リーズナブルなものをいっぱい買ってるだけですから」

川西「いや、this this thisで」

水田「this this this、that’s」と記者を笑わせると、川西は「おいしいもん食べておいしいお酒を飲んでしっかり寝る(笑)」と答え、「おもんな~(笑)俺らの答えおもろない(笑)」と水田に言われ「いや普通の人間なんでね。僕ら割と」と川西。

続けて水田が「俺ら、取材のとき徐々に人が減っていくんちゃう。最後一人ぐらいで」と言うと「あいつらどうせ食べていっぱい寝る話しかせえへんて」とテンポ良く掛け合いをしていたが「いや、根本的に僕絶対的に寝ないと疲れが溜まってしまう。この業界やったら遅くまで飲んで、次の日朝からぱっと起きて仕事行くっていう先輩とかいるじゃないですか。昔、若手のころは自分もそうならないと、そういう体作りをしないと、とやってたんですけど、ことごとくトチってたんですね、仕事に。僕にはやっぱり、そのやり方は無理だと決めてからはおじいちゃんみたいな生活を心掛けています」と、その理由を説明。

また、M-1グランプリの話になると、水田は「ストレス臭は出ていたんだと思います。僕らだけ、登場のぷしゅ~って出るのを『エージーデオ24』にしていただければ」と提案すると「めちゃめちゃええ匂いするやん。サラッサラやで。サラッサラ過ぎてツッコミすべるかもしれん」と川西。「すべりましたね~って、すごいすっきりとした笑顔で漫才したいと思います」と水田が言うと「ええですね」と川西。最後まで息の合った掛け合いで記者を笑わせ、この日のイベントは全て終了した。(ザテレビジョン)

元記事で読む