1. トップ
  2. アプガ(仮)が新進気鋭の画家とコラボ! 完成した絵と共に全国ツアーへ

アプガ(仮)が新進気鋭の画家とコラボ! 完成した絵と共に全国ツアーへ

  • 2019.2.12
  • 195 views
アップアップガールズ(仮)の2019年最初の単独ライブは新進気鋭の画家・腹黒ピカソがステージ上で行うライブペインティングとのコラボという形式で開催された
KADOKAWA

【写真を見る】終演後に完成した絵を見てメンバーも感動

アップアップガールズ(仮)の2019年最初のワンマンライブ「アップアップガールズ(仮)5 to the 5th Power」が、2月10日に埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3で昼夜開催。新進気鋭の画家・腹黒ピカソがステージ上でライブペインティングをする中、アプガがノンストップライブを敢行するという新たな試みが行われた。

腹黒ピカソが登場

昼の部は、まず2月19日(火)発売のニューシングルから「阿破乱舞」を初披露。和のテイストのポップチューンで、早くも場内はテンションアップする。

1曲目を歌い終えると、関根梓が「今年はいろんなアーティストさんと力を合わせて、アプガをもっともっと進化させていきたい」と語って、腹黒ピカソをステージに招き入れる。

ステージ背後に置かれた真っ黒なキャンバスに、昼公演と夜公演を通じて彼女が一つの作品を描きあげるという。

「アップアップガールズ(仮)5 to the 5th Power」より
KADOKAWA

再開したライブは、キャッチーなアップチューン「PROMISE TRAIN」、ロックナンバー「キラキラミライ」、楽しさあふれるポップソング「勝ってたいんだよ」、ディスコナンバー「アッパーディスコ」など、さまざまな曲調の楽曲を連発。

絵も次第に形になっていく中、力強いダンスナンバー「Shout!!!!!!!」、ソリッドなエレクトロニックチューン「唇はナイフ」とハードなナンバーが続く。

アプガをイメージして描く

そんなノンストップライブの後半戦は、「アッパーカット!」「アッパーレー」「チョッパー☆チョッパー」「ジャンパー!」と、おなじみのアゲアゲチューンを展開。「愛愛ファイヤー!!」でとどめを刺して、本編を終えた。

アンコールではニューシングルから、去ってしまった人への思いを、ラップを交えて歌うクールなダンスチューン「キミロス」を初披露。

昼の部終演時点での途中までの絵
KADOKAWA

ここで腹黒ピカソに絵のテーマについて聞くと「アプガさんの“仮”という字の“反”には、まだ削っていない原石って意味があるんです。なので、皆さんの5色の個性の原石がどんどんいろんなことにチャレンジして飛躍するようなイメージで描いていきました」という。

それを聞いた古川小夏は「私たちのイメージを描いてくださってうれしいです!」、佐保明梨は「ライブってなかなか絵に表せるものじゃないし、こういう感じでみんなと今日のライブを作れたのかと思ったらすごいなと思いました」と感動の声を聞かせた。

ラストナンバーはニューシングルから「アゲノミクス!!」で終了。

新たなお知らせとして、3月3日(日)にAKIBAカルチャーズ劇場でのアプガの定期公演、また初台THE DOORSで4月6日(土)に佐保、4月7日(日)に関根梓のソロライブが開催されることが発表。さらに新井愛瞳からは全国ツアーが東名阪に加えて、札幌、福岡、仙台と現時点で6カ所が決定していると告げられた。

「アップアップガールズ(仮)5 to the 5th Power」より
KADOKAWA

夜公演で絵がついに完成!

夜の部も一段とヒートアップしたライブが展開。アンコールでついに絵が完成し、腹黒ピカソが「1公演目では、“仮”の“反”ってところを描いたんですが、今回は“にんべん”の部分を描いたんです。皆さんの原石が凝縮してこれからも伝説を残してほしいって思いを込めて、不死鳥、火の鳥をイメージしたものを描きました」という言葉に、会場から大きな歓声が上がった。

すると、関根が「先生、この絵を次のツアーで、ステージの背景にしたいんですがいいですか?」と突然のお願い。腹黒ピカソも「喜んで」と快諾し、この絵を持って5月のツアーを回ることが決定した。

腹黒ピカソは「最後に皆さんのサインを書き込んで、完成させてください」と言い、「絵筆を持つなんて美術の授業以来」という森咲樹をはじめ、ドキドキの様子ながらも書き込んで、初のコラボレーションライブの幕を閉じた。(ザテレビジョン)

元記事を読む