1. トップ
  2. グルメ
  3. <ごほうびディナー>枯山水の庭園を望みつつ、富山県産のきときとカニに舌鼓をうつ「料亭きときと」|名古屋市・尼ヶ坂

<ごほうびディナー>枯山水の庭園を望みつつ、富山県産のきときとカニに舌鼓をうつ「料亭きときと」|名古屋市・尼ヶ坂

  • 2019.2.8
  • 892 views

昭和初期に建てられた一軒家。石畳のアプローチに、床の間をしつらえた畳の間、縁側の向こうに広がる美しい日本庭園と、静謐で心落ち着く空間だ。この「料亭きときと」(名古屋市東区)では、この風情あふれる佳景をめでながら、富山県産の食材を使った会席料理を味わえる。

【写真を見る】カニを贅沢に使用した絶品料理の画像はこちら

あんどんが幻想的なアプローチ
KADOKAWA

店名にある「きときと」とは、富山の言葉で「新鮮な」という意味。日本海の荒波にはぐくまれた魚介はどれも程よく脂がのり、味わい深いものばかり。春はホタルイカや白エビ、夏は岩ガキなど名物はさまざまだが、冬に外せないのが、新湊漁港で水揚げされるズワイガニを丸ごと1杯使ったコースだ。

【写真を見る】カニの刺身や蒸しガニ、コクのある内子や外子がふんだんに使われた香箱ガニの重ね寿司など、全7品のコース(2万7000円、税抜き)
KADOKAWA

朝捕れたカニが夕方には届くので新鮮そのもの。甲羅にも足にも身がしっかり詰まり、甘味が抜群。富山名産の昆布で締めた刺身、濃厚なカニ味噌を付けて食べる蒸しガニなど、贅を極めた料理の数々に思わず興奮してしまう。

カニの身の食感が楽しめるよう、薄付きの衣で揚げた天ぷら
KADOKAWA
タラの白子を蒸して茶わん蒸し風に仕立てたわん物。カツオダシの隠し味にオイスターソースを使った銀あんで味わう
KADOKAWA

料理に合わせた酒も北陸の銘酒が中心。ふくよかな米の旨味と風味が感じられる「黒龍 石田屋」など、至福の一杯と共に富山のきときとを存分に堪能しよう。

入手困難と言う富山・清都酒造場の「大吟醸 勝駒」(720ml、1万5000円、税抜き)
KADOKAWA

「料亭きときと」住所:愛知県名古屋市東区芳野1-10-21 / 電話:052-938-5888 / 時間:12:00~15:00(LO14:00)、18:00~22:00(LO21:00) / 休み:日曜・祝日 / 予算:昼4800円(税抜き)~、夜 1万5000円(税抜き)~ ※昼は予約がおすすめ、夜は要予約(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

元記事で読む