生命保険でできる資金の積立をご紹介。銀行に預けるよりもメリットがある?

いつまでにいくらの資金が必要かわかっている場合は、それに向けて資金をためる必要があります。代表的な資金は、学資・住宅資金・老後の資金です。これらの資金をためる方法はいくつかありますが、将来必要になる資金は貯蓄や定期預金、生命保険などで用意することが多くあります。今回は生命保険の積立と、積立型生命保険と銀行預金の比較をご紹介します。

積立型生命保険とは

積立型生命保険とは、保険料としてお金を支払い資金をためつつ、契約期間中に保障がついている死亡保険のことです。積立型生命保険の代表的な商品には学資保険があります。学資保険は銀行に預けるよりも利率がいい場合があり、かつ、保険期間中は死亡保険がついているので、万一の場合は学資金が満額支払われます。このように、資金の積立を生命保険で行うと銀行に預けるよりもメリットがある場合があります。

積立型の生命保険の種類は?

ここでは積立型の生命保険の種類をご紹介します。資金の積立は目的と用途によっては銀行へ貯蓄するよりも生命保険で積立を行ったほうがいい場合があるので、ご自身がどういう目的で積立をされるのか考えながら読み進めてください。

積立型の生命保険には4種類あります。
  1. 終身死亡保険
  2. 学資保険
  3. 個人年金保険
  4. 養老保険

以下にこれらの積立型の生命保険をご紹介します。

1. 終身死亡保険

終身死亡保険は保障が一生続く死亡保険で、一定年数経過後は解約時に返ってくるお金が支払った保険料よりも多くなります。

2. 学資保険

学資保険は子どもの教育資金を準備するための保険です。

毎月一定額の保険料を支払いながら、お子さまの入学や卒業に合わせてお祝い金や学資金を受け取れます。被保険者である親に万一のことがあった場合は、以後保険料を支払うことなくお祝い金や学資金を受け取れます。保険料の一括払いや、年払いを選択することで、月払いに比べて支払った保険料より多くの学資金を受け取れます。

3. 個人年金保険

個人年金保険は、契約時に定めた年齢になると年金を受け取れる保険です。

年金の原資を保険料として支払っていき、年金開始前に死亡した場合は死亡給付金が支払われます。個人年金保険への加入は銀行預金と違い、使いたいときにすぐおろせるわけではありません。満期以前に解約する場合は支払った保険料よりも少ないお金しか戻ってきません。

4. 養老保険

養老保険は一定期間保険料を払込み、満期時に死亡保険と同額の満期保険金が支払われる保険です。満期時に死亡保険金と同額の満期保険金が受け取れます。現在、養老保険よりも返戻率の高い終身死亡保険が販売されているので、そちらに加入される方が多いです。

積立型の生命保険と掛け捨て型の生命保険のメリット/デメリットをチェック

積立型の生命保険の対義語として掛け捨て型の生命保険があります。掛け捨て型ですので保険期間が終わると保障がなくなり戻ってくるお金がありませんが、保険料は積立型に比べると安いです。

メリット デメリット

積立型生命保険 保険料を支払えば一定期間で必要な資金をためることができる。

契約期間は死亡保障ついている。 積立てる資金が保険料に含まれるため保険料が割高。

満期以前に解約すると支払った保険料よりも受け取るお金が少なくなる。

たまったお金はすぐにはおろせない。

掛け捨て型生命保険 保険料が安い。

保険期間が終わると保障がなくなり、戻ってくるお金がない。

生命保険の積立と銀行預金はどう違うの?

前項までで生命保険で行う資金の積立をみてきました。ここからは積立型の生命保険と銀行預金の違いをご紹介します。

銀行預金にはどういうものがあるの?

銀行で預金する場合、7つの預金があります。

  1. 普通預金
  2. 定期預金
  3. 総合口座
  4. 当座預金
  5. 貯蓄預金
  6. 大口定期預金
  7. 積立定期預金
1. 普通預金

普通預金はみなさんが普段お使いの銀行口座のことで、預け入れや払い戻しが自由にできます。また、自動支払いや自動受け取りが可能です。

2. 定期預金

定期預金ではあらかじめ預入期間を決めてお金を預け、原則満期日まで引き出しができません。一定期間預けるので金利が高いです。

3. 総合口座

総合口座は普通預金と定期預金などを組み合わせた口座です。ためる、増やす、受け取る、支払う、借りるといった機能があります。

4. 当座預金

当座口座は手形や小切手の支払いに使われる預金です。利息は付きません。

5. 貯蓄預金

貯蓄預金は残高が一定以上あると普通預金より金利が高くなることが多い預金です。出し入れ自由ですが、自動支払い、自動受け取りができません。

6. 大口定期預金

大口定期預金は1,000万円以上の一括預け入れで利用可能な定期預金です。金額と期間に応じた金利が設定されます。

7. 積立定期預金

積立定期預金は、毎月決まった日に預金の積み立てを行う定期預金です。使用目的が決まっている資金の準備に利用されます。

積立型の生命保険と銀行預金の比較

積立型生命保険と銀行預金の共通点は「資金がたまる」点ですが、主な違いは3つあります。

  1. 積立型生命保険は死亡保障がセットになっている
  2. 貯まったお金を自由におろせるかどうか
  3. 万一の場合の受取人を指定できる
1.積立型生命保険は死亡保障がセットになっている

積立型生命保険と銀行預金の大きな違いは、積立型生命保険は死亡保障がセットになっている点です。これは最大のメリットと言ってもいいです。学資保険を例にすると、満期学資金が300万円だった時、契約直後に被保険者である親に万一のことがあった場合その後も保障は続き、満期時には学資金が満額支払われます。一方で300万円銀行預金でためようとした場合、初回の入金後に親に万一のことがあったら口座に残っているお金しか残りません。

2.貯まったお金を自由におろせるかどうか

たまったお金を自由に使えるかどうかという点も積立型生命保険と銀行預金の違いとしてあげられます。

銀行預金は普通預金の場合、いつでも口座のお金を出し入れできますが、積立型生命保険は銀行預金のようにたまった資金をすぐにおろすことはできません

積立型生命保険にもった資金を一定の利率で借りる契約者貸付という制度があります。ですが、契約者貸付はご自身がためた資金を保険会社に利子を払いながら借りることになります。そして請求をしてから口座へ振り込まれるまでに数日必要です(保険会社により異なります)。

3.万一の場合の受取人を指定できる

万一の場合の受取人を指定できる点も積立型生命保険と銀行預金の違いとしてあげられます。

万一の場合に遺言などがないと預金口座は相続の対象としてみなされます。相続の対象になると相続権がある親族間で相続トラブルが起こる可能性があります。そうなってしまうと資金を残したい家族に全額渡せない場合が生じます。その場合、積立型生命保険で受取人を指定していれば相続トラブルを回避でき、資金を残したい家族にスムーズにお金を残すことができます

積立型生命保険のメリットと注意点

積立型の生命保険と銀行預金を比較しましたが、ここからは積立型生命保険のメリットと注意点をあらためてご紹介します。

積立型生命保険のメリット

積立型生命保険のメリットは3つあります。

  1. 死亡保険がセットになっている
  2. 確実に資金がたまる
  3. 受取人を指定できるので相続トラブルを回避できる

積立型生命保険のメリットは保険商品であることを最大限に活用している点です。万一の場合は必要な資金を指定した受取人に残すことができ、保険料を支払えば確実に資金をためることができます。

積立型生命保険の注意点

積立型生命保険の注意点は2つあります。

  1. 満期前に解約すると、払い込んだ保険料よりも戻ってくるお金が少ない場合がある
  2. 貯蓄のように必要な時にすぐおろせない

積立型生命保険の注意点は、満期以前に解約すると払い込んだ保険料よりも戻ってくるお金が少なく、たまったお金はすぐおろせない点です。緊急にお金が必要になった場合、期待していた解約返戻金(解約した時に戻ってくるお金)を受け取れないかもしれません。積立型の生命保険で資金を積み立てられる場合はこれらのことにご注意ください。

生命保険の積立に関するまとめ

これまで「生命保険でできる資金の積立」「生命保険の積立と銀行預金はどう違うの?」「積立型生命保険のメリットと注意点」をみてきました。目的がしっかりしていて保険料を支払っていける場合は、生命保険で資金の積立をおすすめします。保障と貯蓄の2本立てができる積立型の生命保険で資金の積立という目標を達成してください。

元記事を読む
提供元: マネタスの記事一覧はこちら

FEATURE

あなたにおすすめの記事
生命保険に相続税はかかる?課税対象となるパターン&計算方法をFPが解説!
【FP執筆】生命保険は、死亡などによって保険金が支払われるものから、病気やけがによる治療によって保険金が支払われるものなど様々な種類があります。 なお、税法上、受け取った保険金は、税金がかかるものとかからないものに分けられる特徴があるのですが、相続税がかかる生命保険とは、基本的に受け取った死亡保険金の金額や保険契約が大きく関係します。 そこで本記事では、生命保険と相続税の関係についてポイントの解説を進めていきます。
マネタス
ライフマネートレーナーがお答え!第4回「生命保険の選び方ってどうすればいいの?」
子どもの教育資金、老後のお金など、将来必要になるお金のために今から貯金&資産運用しないと大変なことに!?「老後には2,000万円が必要」という計算も出ていて、年金制度はほぼ崩壊!?しかも、医療費の自己負担も上がりそうだし、消費税などの増税も……。じゃあ、どうすればいいの?とお悩みのアナタ。お金のプロである、ライフマネートレーナーの石川福美さんにそのお悩みを解決してもらいましょう。今回は“生命保険”…
Hanako
生命保険の選び方がわからない!比較ポイントを押さえて自分に合ったプランを探そう
【FP執筆】生命保険は、保険の種類が数多いことに加え、保険会社によって保障内容も様々であるため、わからない、難しいといったイメージをお持ちの方も多いと思われます。 ただし、良い生命保険の新規加入や見直しを検討する上において、共通する考え方を知ることは、自分に合った生命保険の選び方につながることは確かです。そこで本記事では、生命保険の選び方を中心に押さえておきたいポイントを紹介していきます。
マネタス
生命保険は終身がいい?定期との違いや保障の仕組みをFPが解説します
【FP執筆】生命保険では、終身や定期という言葉が様々なところで頻繁に使われておりますが、これらの意味合いや解釈を誤ってしまいますと、思い描いていた生命保険に加入できない大きなリスクを抱えてしまうことになります。 実のところ、生命保険に新規加入をする上でも、見直しをする上でも、終身と定期の違いや仕組みを知っておくことはとても重要であることから、本記事では生命保険の終身と定期の違いを細かく分類して解説を進めます。
マネタス
生命保険の見直しポイントとは?プランの選び方&切り替えのタイミングをFPが解説
【FP執筆】生命保険の見直しに関する悩みや疑問は、年齢を問わず多くの方が抱えている問題の1つです。 これは、家計における生命保険料の支出割合が基本的に高い傾向にあることや、生命保険そのものが複雑であることなども理由の1つとして挙げられます。 そこで本記事では、生命保険の見直しにおけるポイントについて、切り替えのタイミングや考え方を幅広く解説していきます。
マネタス
生命保険は何種類ある?違いやおすすめの会社をFPがわかりやすく解説!
【FP執筆】生命保険は、人の生死や病気、介護、収入減少の補填、老後資金や教育資金の準備、相続税の納税準備資金などのように様々な目的(意義)を持って加入するものです。 そのため、これらの目的によって加入するべき生命保険は異なるほか、実際に、保険会社で販売されている種類も豊富になっています。 そこで本記事では、生命保険の基本知識として、生命保険の種類や加入目的をはじめ、加入前のポイントについてわかりやすく解説します。
マネタス
生命保険プランナーが厳選!【2019年】40代におすすめの生命保険をランキングでご紹介。
40代はそれまで健康であった人も体調の変化を実感するようになり、老後のことを考え始める年代です。40代は生活習慣病や七大疾病と言われる病気にかかりやすくなり、40代からの生命保険はそれらをカバーできる保障である必要があります。今回は40代におすすめの生命保険ランキングをご紹介します。
マネタス
生命保険プランナーが厳選!【2019年】女性におすすめの生命保険をランキングでご紹介。
男性と女性では病気になる時期や場所が異なる傾向があります。また、女性は出産というライフイベントがあり、30代~40代で女性特有の病気になる確率も上がるため、男性に比べて女性の方が入院のリスクが高いと言えます。 一般に大黒柱の男性の生命保険が重視されがちですが、女性は働いていても家事をしていても基本的に家庭を支えているため、女性も男性と同じように生命保険でリスクに備える必要があります。今回は女性のリスクに備えるおすすめの生命保険をご紹介します。
マネタス
子供におすすめの生命保険をランキングでご紹介。必要性も合わせて検証いたします。
子供が生まれたら生命保険の見直しを検討される方が多いですが、子供に対する生命保険の新規加入は親の生命保険の見直しと比較すると重要度は低いと考えられがちです。 ですが、子供も生命保険に加入しておいたほうがいい場合や、長期的にみると早い時期に生命保険に加入しておくとお得な場合があります。 今回は子供に生命保険は必要なのかを検証し、子供に必要な生命保険のランキングをご紹介します。
マネタス
生命保険プランナーが厳選!【2019年】30代におすすめの生命保険をランキングでご紹介。
【FP執筆】生命保険はライフイベントごとにご自身にあった保障内容に見直していく必要がありますが、30代は結婚、出産、子育て、転職などさまざまなライフイベントがあります。30代に必要な保障は、医療保障、死亡保障だけでなく将来的に必要な資金の準備などがあります。今回はそれら30代で必要な保障を用意するための、30代におすすめしたい生命保険をランキング形式で紹介します。
マネタス
元銀行員が選ぶ!【2019】おすすめの生命保険をランキング形式でご紹介
生命保険は必要と認識しているものの、複雑で何を選べばよいのかわからない方が多いと思います。今回は生命保険選びで知っておきたいポイント4つをご紹介した後に、元銀行員の著者がおすすめする生命保険を5つランキング形式でご紹介いたします。
マネタス
20代で生命保険に加入する際の選び方をFPがご紹介!
【FP執筆】生命保険が必要なのは、結婚してから?子どもができてから?疑問に思われている方は多いですが、生命保険が必要なのは現在万一の資金を用意できない人です。今回は生命保険の加入を自分で初めて考える20代に焦点を当てて保険の選び方を紹介します。
マネタス
【2019年】生命保険の人気ランキング!お金のプロが本気で厳選!
「生命保険は何に入ればいいかわからない」「入っている生命保険の保障内容がよくわからない」など、生命保険に関することはわからないことが多いです。保険種類も保険商品も多種多様で、一般の方にはわかりにくくなっています。今回はそのように難しいと思われがちな生命保険と生命保険おすすめランキングをご紹介します。
マネタス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。