1. トップ
  2. グルメ
  3. “トリュフ”使用の高級パン屋「トリュフベーカリー」モチモチ食感の塩パン&卵と合わせたサンドイッチ

“トリュフ”使用の高級パン屋「トリュフベーカリー」モチモチ食感の塩パン&卵と合わせたサンドイッチ

  • 2019.2.6
  • 4558 views

“トリュフ”使用の高級パン屋「トリュフベーカリー」モチモチ食感の塩パン&卵と合わせたサンドイッチ

「トリュフベーカリー(Truffle BAKERY)」は、都内に2店舗を構えるベーカリーショップだ。

undefined
www.fashion-press.net

トリュフベーカリーとは?

2017年12月に東京・門前仲町に初店舗を構えた「トリュフベーカリー」は、高級食材を取り入れた新感覚のパンを提案するベーカリーショップ。拘りの食材には、全て無添加のものを使用。子供から大人まで安心して楽しめる、本格派ベーカリーを提供する。

“サンフランシスコの空気感”を着想源に

店内や商品づくりの上でインスピレーションを受けたのは、アメリカ・サンフランシスコに漂うゆったりとした空気感。会話を楽しみながらパンやコーヒーを思い思いに楽しむ街の光景から、日本でも気軽に立ち寄れて、ほっと一息つけるベーカリーショップを目指している。

オススメは、“トリュフ”使用の高級パン

また気になる看板メニューは、その店名にも選ばれた“トリュフ”使用の「白トリュフの塩パン」。カナダ産一等級の小麦粉を使用したモチモチの生地には、手作りのトリュフバターを入れて。芳ばしく焼き上げた後には、トリュフオイルとトリュフソルトで芳醇な香りをプラスした。また毎朝手作りをしているという「黒トリュフの卵サンド」もオススメ。トリュフと相性の良い卵をたっぷりと挟んだ贅沢なサンドイッチとなっている。

その他にも店内では、食パンやバゲット、菓子パン、惣菜パン、サンドイッチなど、計40種以上のパンを用意している。

なお2019年2月現在、三軒茶屋にも店を構える「トリュフベーカリー」は、その両店舗でパンと相性抜群の総菜も販売。チーズや本格的なスライサーで提供する生ハムなどを購入することが出来る。

【詳細】
トリュフベーカリー
■No.1
住所:江東区門前仲町1-15-2
営業時間:平日9:00~19:00/土日8:00~18:00
定休日:不定休
■No.2
住所:世田谷区太子堂2-24-2
営業時間:9:00~21:00
TEL:03-6805-3223
定休日:不定休

元記事で読む