1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 老舗の若社長が手掛ける“らしくない”タオル「SHINTO TOWEL」

老舗の若社長が手掛ける“らしくない”タオル「SHINTO TOWEL」

  • 2019.2.6
  • 456 views
undefined
出典:シティリビングWeb



スタイリッシュな「SHINTO TOWEL」は、日本のタオル産業の発祥といわれる「泉州タオル」のブランドの1つ。手掛けた神藤タオルの代表・神藤貴志さんは、実は関東育ちだそう。大学3年生の時、当時社長だった祖父から「後継ぎがいなければ、会社をたたむ」と聞き、「創業1907年の家業がなくなるのはもったいない」と卒業後、入社。現場で仕事をする中で、「‟らしくない”タオルがあれば、若い世代も手に取るかも」と、2年前にブランドを立ち上げたとか。英語タグなど、今までにないビジュアルながら、「織ったあとに不純物を洗い流して完成させる‟後ざらし”によって吸収性を高める、泉州タオルの製法を踏襲。当社独自の織り方により、ふんわり軽く、高い速乾性も実現しました」。使い方は、ショールにするなど多彩。‟らしくない”で地元のタオル産業を盛り上げています。

undefined
出典:シティリビングWeb



ガーゼタオル「2.5-PLY GAUZE TOWEL」左からバスタオルM(W58cm×L100cm、全4色、1944円~)、マフラー(W30cm×L115cm、全3色、各1620円)、Web(http://shinto-towel.jp)、Zawariiiなんばパークス店ほかで取り扱い

元記事を読む