1. トップ
  2. 恋愛
  3. 手渡すタイミングに困るッ!バレンタインで「プレゼントを渡す」方法5パターン

手渡すタイミングに困るッ!バレンタインで「プレゼントを渡す」方法5パターン

  • 2019.2.6
  • 7183 views

男子も女子もドキドキのバレンタイン。
「はい、どうぞ♡」と、すんなり渡せたら悩みもしませんが、実際にはそう簡単にはいきませんよね。
そこで、バレンタインでプレゼントを渡す方法を5パターンご紹介いたします。

1. 「大好き」と言いながら…

バレンタインを渡すということは、相手に好意があるということ。
彼にあなたの気持ちを伝えるには、言葉にするのが一番です。
「大好きだよ」とあなたに言われるだけで、彼の心は癒されるはず。
言葉に出すのが苦手だという人は、メッセージカードを添えるという手もありますね。
とはいえ、メッセージカードはずっと形に残ってしまうもの。
それならバレンタインスイーツに、チョコペンなどでメッセージを書くのが、一番恥ずかしくならない方法なのかもしれません。

2. ディスクの上に…

直接手渡しをするのが恥ずかしいという人は、ディスクの上にそっと置いておくのがオススメ。
席を外して戻ってきたらプレゼントがあるというサプライズ状況は、男子なら誰だって一度は経験したいと思っているはず。
しかし、プレゼントだけを置いてしまっては、誰からもらった物なのかわからないですよね。
ディスクの上に置いていれば、他のみんなにも見られてしまうため、ハッキリ名前も書きにくい…。
そんなときのために、お互いだけがわかる“暗号”のようなものがあると便利ですね。
今から2人だけのヒミツを作って、親密度を上げておきましょう。

3. デートの別れ際に…

バレンタインデート中、彼はいつプレゼントをもらえるか、そればかりを考えていることでしょう。
しかし、そこはあえて“すぐに渡さない”という選択をします。
「いつもらえるのかな?」とウキウキしている彼が、時間が経つにつれて「あれ?プレゼントあるよね?」、「もしかして、忘れられてる…?」と不安に思ってきてしまう心理を利用するのです。
デートの別れ際の、最後の最後まで焦らし、「これ、バレンタイン。いつもありがとう♡」と渡すことで、彼の安心感は最大級に。
心の底から嬉しいと感じてもらえます。
しかし、あまりに大きい荷物を渡されても移動に不便。
この方法は、カバンに入るぐらいの小さなプレゼントに限って、にしておくのが無難ですよ。

4. ご飯を食べたあとに…

バレンタインデート中、食事をするシーンはありますよね。
むしろ、「バレンタインだから」という理由で、普段は行かないレストランに行くというカップルも多いことでしょう。
もしバレンタインデートとしてお食事をするのであれば、食後に渡すのがベスト。
会ってすぐに渡してしまうとバレンタインとしてのイベント感が薄まり、食事中に渡してしまうとそちらにばかり気を取られてゆっくり食べることもできません。
食後のコーヒーを飲みながらスッと渡せば、彼もゆっくりプレゼントを開けて見ることができます。
食事中に焦らせないというのも、彼女としての気遣いとして必要ですよ。

5. わざわざ届けてきてくれるのも嬉しい

バレンタイン当日は時間は少ししか合わなくて2日後にデートの約束を。
そんなカップルも多いですよね。
しかし、せっかく気合いの入れたバレンタインプレゼント。
できるだけ当日に渡したいと思うのが乙女心というものです。
ということで、少しだけ合った時間を活用し、プレゼントだけ渡しに彼に会いに行っちゃう作戦もオススメ。
あと5分で着くというところで電話をし、家にいることを確認したらいきなりピンポンでプチドッキリ。
何がなんだかわからない状態の彼にでも、プレゼントを差し出すことで「自分のために届けてくれたんだ」と察してくれるはずです。
とはいえ、いきなり訪問されるのを嫌いという男子も多いです。
彼の性格をしっかり把握したうえで向かうようにしてくださいね。

いかがでしたか?
カップルにとってバレンタインは、クリスマスに続く特別なイベントの日。
スイーツにするかプレゼントにするか悩むところから始まり、ラッピングやその日のデートプラン、渡し方、デートに行くためのコーディネートまで…、考えることはたくさん!
しかし、どのような渡し方になったとしても、大好きな彼女からのバレンタインプレゼントは嬉しいもの。
緊張して渡せなかった…なんてことがないよう、自分に合った渡し方を選んでくださいね。

元記事で読む