1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性が思う「おごった後」に女性にしてほしい行動とは?

男性が思う「おごった後」に女性にしてほしい行動とは?

  • 2019.2.5
  • 47988 views

感謝の気持ちを表す

男女関係に限らず、お金を出してもらった時に感謝の気持ちを表すのは人として常識です。
もし感謝の気持ちがなければ、男性から非常識な人間だと判断されて良好な関係が築けなくなります。
ずっと男性に奢ってもらっていると感謝の気持ちを忘れがちになってしまいますが、その都度言葉なり態度で表現する必要があります。

満足したことを伝える

例えば男性が食事を奢ってくれたとして、そのお店のことを酷評するのは不適切です。
男性は女性に満足してもらうためにお金を出している部分もあるので、不満を口にされると悲しい気持ちになってしまいます。
支払ったお金が惜しく感じるので、もしお店に不満を感じたとしても、満足したことを伝える必要があります。

次は私が奢る

デート中の軽食や終盤の夕食など全てにおいて男性がお金を出していると、財布の中身が寂しくなってしまいます。
一回のデートだけであればそれほど負担は大きくないかもしれませんが、毎週のように全て払っていると厳しいです。
男性の経済力がずば抜けているのであれば問題ありませんが、ごく普通の会社員であれば女性も助けないといけません。
次は私が奢るという言葉があるだけで安心できますし、思いやりが大切です。

メールでも感謝を伝える

奢ってもらった直後だけでなく、デート後にメールでも感謝を伝えると効果的です。
やはりお礼の言葉というのは何度言われても嬉しいので、ためらう必要はありません。
デート後にも感謝を伝えれば、本当に女性が満足してくれたのだと男性は判断します。
男性もデートの成功を喜ぶので、メリットだらけです。
ついでに次のデートの予定まで話せると、更に関係は良好になります。

元記事を読む