1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 都内最大級イルミ「TOKYO MEGA ILLUMINATION」のリニューアルがスゴイ!

都内最大級イルミ「TOKYO MEGA ILLUMINATION」のリニューアルがスゴイ!

  • 2019.2.5
  • 1880 views
2019年1月12日にリニューアルした「MEGA TREE GARDEN」
KADOKAWA

【写真を見る】大井競馬場を舞台にした「TOKYO MEGA ILLUMINATION」

“過去から現在、そして未来のTOKYO”をテーマに、江戸・明治・大正・昭和と移り変わる東京の風景を、美しいイルミネーションで表現している、「TOKYO MEGA ILLUMINATION」(大井競馬場・東京都品川区)。夜景評論家・夜景プロデューサー丸々もとお氏監修のもと、LED1球1球へのプログラムや3Dプロジェクションマッピングとの連動といった”日本初”や”世界初”の演出を展開するこの“東京メガイルミ”が2019年1月12日にリニューアルされ、注目を集めている。

【写真を見る】大井競馬場を舞台にした「TOKYO MEGA ILLUMINATION」
KADOKAWA

「TOKYO MEGA ILLUMINATION」は宇宙空間をイメージした回廊から始まり、さらに奥へと足を進めると、江戸時代へと続くタイムトンネルが出現、そこから現在・未来に至る各時代をタイムトラベルする…という壮大なストーリー・世界観が話題を呼び、連日多くのファンが訪れている。

江戸時代へと続くタイムトンネル「TOKYO TIME TUNNEL」。時を刻む音の演出も見事
KADOKAWA

1月12日には、ゲストを迎えるエントランスのイルミネーション「TWINKLE TUNNEL」に加え、メインエリアを抜けたあとに現れる巨大なツリーが目を引く「MEGA TREE GARDEN」がリニューアル。これまで以上に躍動感のある演出へと生まれ変わった。今回はリニューアルの見どころと、見逃し厳禁のスポットをピックアップ!

【NEW!】ペガサスが宇宙を駆け巡る「TWINKLE TUNNEL」

入場ゲートを抜けると、「TWINKLE TUNNEL」の光がゲストを迎える
KADOKAWA
宇宙空間を駆ける純白のペガサス。ほかにも黄金色などカラフルなペガサスも出現
KADOKAWA

天井と壁面にイルミネーションの煌めきが広がる「TWINKLE TUNNEL」には、新たに3Dプロジェクションマッピングによって投影された宇宙空間が足元に出現。柱のサイネージに映し出されていた翼のある天馬“ペガサス”が足元にも現れ、宇宙空間を駆け巡る躍動感あふれる演出が施されている。

メインエリアへと続く日本最大級の光の回廊となっている
KADOKAWA

流れ星も煌めく360度の宇宙空間は、日本最大級の"光の超体感型トンネル"へと進化。これから始まる幻想的な光の世界への期待感を、より一層盛り上げてくれる。

【NEW!】世界最大級!2万本超のLED ROSE(光のバラ)が輝く「MEGA TREE GARDEN」

10メートルの光の大木”メガツリー”を囲むように2万本を超える光のバラが咲き誇る
KADOKAWA
光のバラは時折カラフルに変化し、より幻想的な空間に
KADOKAWA

メインエリアとなる「The time travel zone」を抜けると現れるのが、10メートルの光の大木”メガツリー” がそびえ立つ「MEGA TREE GARDEN」。ここでは、メガツリー両側にある壁面に2つの 3D プロジェクションマッピングが同時展開されるほか、2万本を超える光のバラが咲き誇るフォトジェニックなスポットへとバージョンアップ、360 度絶景が広がるエリアへと変貌を遂げた。

大自然と都市の融合をテーマに、生命力あふれる演出を展開
KADOKAWA

メガツリーを中央に、左右の壁面で展開されるプロジェクションマッピングでは、“大自然の力と大都市のエネルギーが共存・共鳴し合う、希望に満ちた近未来の東京&地球”をテーマにしたストーリーを表現。4号スタンド側の壁面にて大自然の力を、反対側のG-FRONTの壁面では、そのパワーを受け取り、都市が近未来へと進化していく様子を映し出している。

メガツリー、光のバラ、そしてプロジェクションマッピングと見どころ満載の「MEGA TREE GARDEN」。是非とも、しばし足を止めて、この広大な絶景を隅々まで堪能することをオススメしたい。

見逃し厳禁!注目のイルミネーション

「江戸極彩棚田」エリアに設置されたスロープからは棚田以外のイルミも一望できる
KADOKAWA

「The time travel zone」の最初に現れる、日本の原風景との一つとも言われる棚田をイメージした「江戸極彩棚田」。2018年12月には、頂上にスロープが設置され、広大な景色を満喫しながら写真も撮れるスポットに。「The time travel zone」内で、棚田と共に大井競馬場を埋め尽くすほどのイルミネーションを見ることができるのはココだけ!

最後の浮世絵師とも称される小林清親の描いた世界を散りばめた「明治サプライズ迷路」
KADOKAWA

スクリーンに映し出された浮世絵画家が印象的な「明治サプライズ迷路」には、ユニークな仕掛けが施されている。スクリーンには“TOUCH”と書かれた箇所があり、そこに触れると映像が変化する。遊んでいるネコが眠ったり、夜空に花火が打ち上がるなど、ワクワクするようなサプライズが満載!体験型の演出を楽しんで。

レトロな馬車には実際に乗ることが可能。フォトスポットとして人気
KADOKAWA

明治時代に東京で開催され、日本に本格的な電気時代が到来したことを伝えるイベントとなった内国勧業博覧会をイメージした「明治アカリノ博覧会」には、時代の象徴とも言える馬車の姿が。奥の建物を背景に、馬車を真横から撮影すると、当時の雰囲気ただようレトロな写真を撮ることができる。SNSにアップすれば注目の的になること間違いなし!

体験型インタラクティブ空間の「TOKYO TWINKLE MAP」
KADOKAWA

“現代のTOKYO NIGHT”がテーマの光の回廊「TOKYO TWINKLE MAP」。足元には東京23区の大夜景が表現されている。ココにもサプライズ演出があり、足元の動きに反応して、東京の名所が浮かび上がる仕掛けが。「MEGA TREE GARDEN」の次に体感できる正門前に設けられたスポットだが、建物が点在するため見落とさないようにチェックしよう!東京の魅力を再発見できるイルミネーションだ。

大井競馬場がイルミネーションで埋め尽くされる「TOKYO MEGA ILLUMINATION」は、2019年3月31日(日)まで毎日開催されている。新しく生まれ変わったスポットを含む全エリアを巡って、世界に誇れる“都内最大級”のイルミネーションを満喫して!(東京ウォーカー・CRAING)

オリジナルサイトで読む