ランタンを空に飛ばすだけじゃない! 台湾の元宵節はロケット花火まで登場

旧正月を迎え、春の訪れとともに新たな年となった台湾。

この新年は旧暦の1月15日までとされており、その最後を締めくくる日に、台湾各地で様々な風習を元に独特な祭事「元宵節(ランタン祭り)」が行われています。

ランタン祭り「平溪放天燈」の様子。

まず、この元宵節の起源は漢代まで遡ると言われていますが、諸説あります。

最も有名な説は漢の時代に起こった「諸呂の乱説」。

国の実権を欲しいがままにしていた皇后「呂后」の崩御後、国内が大変荒れ、この乱を「劉襄」などが収め、後に「劉恒」が皇帝の座に就いた事により、ようやく事態が収束しました。

大空に舞い上がるランタン。

その日が旧暦の1月15日であった事もあり「元宵節」としてお祝いするようになったと言われています。

元宵節には邪気払いなどの意味も含め提灯を作り、健康祈願を行っていました。しかし時と共にこのような宗教性が薄くなり、現在のように色鮮やかな提灯でお祝いする形に生まれ変わってきたようです。

台湾中が一番賑やかになる元宵節。今月は台湾を代表する「北天燈」「南蜂炮」「東寒單」「西乞龜」など、各地の元宵節についてもご紹介いたします。

最もロマンチック! 「平溪放天燈(北天燈)」

参加者それぞれの祈りが記載されたランタン。

その昔、平溪では盗賊に襲われる事が多く、当時の住民は遠くへ避難したり、山の中に隠れたりしなければなりませんでした。

しかし勇気ある青年が村に残り、盗賊が引き上げた際、避難した住民らに「村はもう安全だ」と知らせるため、目印としてランタンを飛ばしていたという伝説があります。

その後、平和な時代が訪れ、ランタンを飛ばす風習は、「無病息災」や「幸福祈願」を祈るという意味へと変わり、現代まで受け継がれています。

この伝説を元に行われる平溪のランタン祭りは夜空に無数のランタンが放たれ、台湾各地で行われる元宵節の中で最も美しくロマンチックな祭りとして人気です。

平溪放天燈

開催地 新北市十分廣場
交通 台鉄瑞芳駅で平溪線に乗り換え、菁桐行きに乗車し十分駅にて下車(会場までは徒歩約15分)
開催日程 2019年2月19日(火)
https://tour.ntpc.gov.tw/ja-jp/

観客がロケット花火を浴びる奇祭 「台南鹽水蜂炮(南蜂炮)」

過激なロケット花火が飛び散る様子。

蜂が巣から飛び出したかのような過激な蜂炮(ロケット花火)と爆竹が激しく飛び交う祭りで、世界三大民族祭りの中のひとつ。

この日のために準備されたロケット花火の舞台。

19世紀末この地で伝染病が蔓延。医療が発達していなかった当時、死者は日に日に増えパニックに陥った住民は「関聖帝君」に助言を求めました。

「関聖帝君」は元宵節の夜、自ら神輿に乗り「周倉爺」という神様を先頭にし、信者と共に爆竹を鳴らしながら街を練り歩き、夜明けまで厄除け巡行を行ったという伝説が由来となり、毎年の恒例行事として元宵節に行われるようになったと言われています。

この祭りのクライマックスは、観客自らがロケット花火を浴び、1年間の無病息災を祈る光景。

フルフェイスのヘルメットを被り、綿の分厚いジャンパーと手袋を着用。首にはタオルを巻き、完全防備で足踏みしながら火を浴びるこのイベントは、初めて目にする人々にとって奇奇怪怪に映るかもしれませんが、一味違った台湾の伝統祭りを味わえるでしょう。

完全防備で火に挑む観客たち。

台南鹽水蜂炮

開催地 台南市鹽水區武廟路87號(鹽水武廟)
交通 台鉄新營駅よりタクシーで約20分
開催日程 2019年2月19日(火)~20日(水)
https://www.facebook.com/Yenshuiwutemple/ (中国語)

爆竹を投げつける過激なお祭り 「台東元宵炮炸寒單爺(東寒單)」

パレードの様子。

台東で約50年の歴史を持つ「炮炸寒單爺」。この祭りの主役である「寒單爺」は現在「玄武堂」に祀られる「武財神」であると言われています。

竹竿に巻きつけられた爆竹。

非常に寒がりだったこの「寒單爺」に、爆竹を投げつけて体を温めてあげた事が祭りの由来と語り継がれています。

この祭りで最も盛り上がるのは「炮炸」。

勇者達の姿。

旧暦1月15日から16日にかけて「寒單爺」の「巡行」が行われ、毎年勇気ある20歳以上男性が扮する「肉身寒單爺」へ向けて、民家や商店の人々が竹竿に巻き付けた爆竹を投げつけます。

神輿の担ぎ手4名にも容赦なく火が当たる過酷な元宵節の祭りとして知られています。

台東元宵炸寒單爺

開催地 台東玄武堂(台東縣台東市正氣路2-1號)
交通 台鉄台東駅からタクシーで約15分
開催日程 2019年2月19日(火)~20日(水)
https://www.facebook.com/masterhandan/ (中国語)

アットホームな雰囲気! 「澎湖乞龜祈福儀式(西乞龜)」

澎湖名産の海苔を甲羅部分に使用した「紫菜龜」。

亀は長寿のイメージがあり「龍、鳳、麒麟」と共に縁起の良い動物、また台湾語で「長い」と「亀」の発音がよく似ている事から、台湾の人々にとても愛されています。

澎湖ではこの亀によって平安祈願を行う事が習慣とされており、元宵節では「もち米」「麦芽糖」「砂糖」などを使い、「肪片龜」という亀のお供えを作って廟に供えます。

もち米、麦芽糖、砂糖などを使って作る「肪片龜」。

その後、筊(神様と会話をする為の三日月形の神具)を使い、許可をいただきお供えを家に持ち帰ると1年間いい運気が続くと言われる、アットホームな雰囲気の元宵節の祭りです。

近年は澎湖名産の海苔やキャベツなどを使ったユニークな亀のオブジェ等も楽しめるイベントとしても親しまれています。

何十個ものキャベツを使った亀のオブジェ。

澎湖乞龜祈福儀式

開催地 澎湖県全土
交通 台北から国内線で馬公空港へ。そこからフェリーなどを使い澎湖諸島各島の廟やお寺へ
開催日程 2019年2月21日(木)~24日(日)
https://www.penghu-nsa.gov.tw/Japan/

ランタンは黒マグロがモチーフ! 「台湾燈會」

政府主催のランタン祭りは毎年異なる場所で開催。今年は南部の屏東縣が会場となっています。今年は干支の亥(いのしし)ではなく、黒マグロをモチーフにした巨大なメインランタンが用意される予定です。

台湾燈會

開催地 屏東、東港、大鵬灣
交通 台鉄潮州駅から、大鵬灣会場行き無料シャトルバスあり(10~15分に1本)
開催日程 2019年2月19日(火)~3月3日(日)
https://2019taiwanlantern.taiwan.net.tw/jp/


ちなみに、台湾では冬至に湯圓を食べますが、元宵節にも食べる習慣があります。この日に食べる湯圓は中にあんこが入った物が多いとか。

「圓」という字は、家族団圓(団らん)、円満といった意味を含んでいると言われています。各地の元宵節を楽しんだ後は、是非湯圓もお召し上がり下さい。

矢作 晃之(やはぎ てるゆき)

埼玉県出身。最近は会う方から「日本語上手ですね」と言われますが100%日本人です。日本での台湾関連旅行会社勤務を経て中国語の勉強の為に30代で中国語レベルゼロからの留学を決意。その後、初めてコーディネーターという仕事に巡り合い、台湾で会社を立ち上げおかげさまで10年を超えました。
現在はTVロケや雑誌取材のコーディネーターとして日々たくさんの方に新しい台湾を一生懸命探しながら紹介いたしております。CREA WEB読者の皆さんに喜ばれる、使える、役に立つ情報を発信させていただこうと思っておりますのでどうぞ宜しくお願いいたします!!

文・撮影=矢作晃之

元記事を読む
提供元: CREAの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理