1. トップ
  2. 我が家の歴史に語り継がれる「血染めのインフルエンザ」とは…【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第3話】

我が家の歴史に語り継がれる「血染めのインフルエンザ」とは…【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第3話】

  • 2019.1.31
  • 9918 views

こんにちは、ちょっ子です。

この冬もインフルエンザが全国的に猛威をふるっていますね。
先日、きゃん太が熱を出したのでまさかと思い病院に行ってみたら


バッチリ、インフルエンザA型に感染していました。

人により症状はさまざまでしょうが
今回のきゃん太の場合は



鼻の粘膜も弱ってしまったのか



挙げ句の果てに



可哀想なきゃん太。
熱のつらさ、度重なる嘔吐と鼻血が彼を襲いました。

鼻血がまた結構な量だったため、寝具や床にはあまたの血痕が…。怖い。絵面も怖い。
血染めのインフルエンザとして我が家の歴史に語り継がれてゆくことでしょう。

そして感染防止のため、独り部屋に隔離される寂しさで
ついにきゃん太は


泣きました。

しかし止まない雨はないように治らないインフルエンザもない。

発熱から3日後、きゃん太はすっかり元気を取り戻し
残りの出席停止期間を家でのんびり遊んで過ごしました。


なんで?

何はともあれ通常通りのきゃん太節が戻って来たことに胸をなでおろしています。
(ちなみに本当にもまれました)

(ちょっ子)

元記事で読む