1. トップ
  2. <北原里英&指原莉乃>ファン歓喜「さしこじゃん!!」番組で“りのりえ”コンビへ粋な仕掛け!!

<北原里英&指原莉乃>ファン歓喜「さしこじゃん!!」番組で“りのりえ”コンビへ粋な仕掛け!!

  • 2019.1.31
  • 183 views
北原里英
KADOKAWA

北川景子主演のドラマ「家売るオンナの逆襲」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第4話(1月30日[水]放送)のゲストに、客の満島花役として北原里英が登場。花が購入を検討した団地の部屋番号について「345号室って“さしこ”じゃん!!」「345号室は完全に狙ってるよね」と、北原と仲の良い指原莉乃の愛称(345=さしこ)を連想する視聴者が続出し、SNS等で盛り上がっている。(以下、ネタバレが含まれます)

【写真を見る】“りのりえ”コンビ!北原里英&“さしこ”こと指原莉乃の仲良し2SHOT!!&指原莉乃の“美脚”SHOTなど!!

今作は“伝説の不動産営業ウーマン”三軒家万智(北川)が「私に売れない家はありません」と、家を売りまくるお仕事ドラマ。2016年7月期放送「家売るオンナ」の続編である。

娘夫婦の家購入でひと悶着!

第4話は、来店した定年間近の山路(佐野史郎)が「資金援助はする」と娘の花(北原)たち夫婦の家を探しており、万智が親子共に満足するような物件を見つけるという展開。

しかし、やる気のない営業マン・鍵村(草川拓弥)が花たち若夫婦の意見だけを聞き、豊洲のオシャレ物件に契約させてしまったため、山路を激怒させてしまう。

万智は機転を利かせ、仕事に人生を捧げてきた山路を説得する。「尊いお金を、親のスネをかじれるだけかじってやろうとする若者のために使うことはありません!」とキッパリ言い放ち、妻の夢だった喫茶店を経営できる物件を紹介したのであった。

万智は花たちには「お二人の身の丈に合った家を」と、築40年の団地を案内。フルリノベーションされた内装で1500万円という部屋を紹介し、若夫婦の心を購入へと動かした。

345号室が「縁起悪い」理由とは?

ところがここで、どんでん返しが起こる。フリーランスの不動産業・留守堂(松田翔太)が花たちの前に現れ「このお部屋、何号室かご存じですか」と聞いてきたのである。

部屋は345号室だったのだが、それを聞いて花が「3,4,5…はぁ!ミヨコ!ミヨコなのここ!嫌だ!縁起悪すぎる」と突然取り乱して、部屋を飛び出してしまった。

夫の元彼女の名前がミヨコ(=345)だと言い、「いつも345って数字がついて回るなんて!」と嫌悪感をあらわにする花は、代わりに留守堂から同じ間取りの830号室を紹介してもらい、留守堂と契約を結んでしまった。花たち夫婦が矢沢永吉、ヤザワ(=830)のファンだったからという理由で、万智は留守堂に敗北してしまったのである。

花が345という数字に過敏だったというシーンは、視聴者から「345号室は完全に狙ってるよね」「きたりえと345見て、さしこと思わざるを得ない」「りのりえヲタが、さしこ部屋買いますよ!」とSNSで反響となった。北原と指原莉乃はTwitter等で度々2ショットを公開するなどの仲良しで、“りのりえ”コンビとしてファンから親しまれている。

次回2月6日(水)放送の第5話は、留守堂に客を取られ、万智が休暇を取る。そんな中、竜司(柄本時生)と美人の婚約者・奈々(知英)が来店。竜司が万智とは小学校の同級生だと聞いて、庭野(工藤阿須加)と屋代(中村トオル)が驚く。(ザテレビジョン)

元記事で読む