1. トップ
  2. ネイル
  3. シンプル。上品。お手軽。フレンチラインにストーンを置いたネイル

シンプル。上品。お手軽。フレンチラインにストーンを置いたネイル

  • 2019.1.30
  • 17628 views

セルフでのフレンチネイルは、境目をキレイに仕上げられないと感じる人が多いです。その場合は、「フレンチラインにストーンを置いて境目を隠す」方法があります。この記事では、セルフネイルのやり方をレクチャーしつつ、初心者でも試せるフレンチラインを用いたデザインをご紹介します。

基本のフレンチ×境目ストーンネイルから始めよう

フレンチネイルはシンプルなデザインではありますが、セルフネイルに慣れていない人のなかには、ハードルが高いと感じてしまう人もいるようです。その理由は、「フレンチラインをキレイに描くのが難しい」から。

フレンチラインをキレイに描くには、いくつかの方法があります。よく用いられるのは、マスキングテープを使う方法やバックワイプという技を使う方法ですが、この記事ではさらに手軽に試せる方法を紹介したいと思います。それは、ストーンを使う方法です。

例えば、赤のフレンチネイルの場合。シンプルなフレンチネイルでも、とても女性らしくセクシーに見えます。しかし、フレンチラインにラメラインとストーンを加えると、より美しい仕上がりになります。また、多少フレンチラインがずれてしまっていても、ストーンで隠すことができます。

定番の白系フレンチも同様です。フレンチラインをなぞるように、ストーンを置きましょう。ストーンは、大小さまざまな大きさのものを組み合わせると、おしゃれです。

慣れてきたらフレンチの形を変えてみよう

フレンチネイルを描くのに慣れてきたら、変形フレンチにチャレンジしてみましょう。

優しい雰囲気にするなら、ピンクの丸フレンチがおすすめです。こちらも、境目にストーンを置きます。すべての爪にストーンを置いてもいいですし、何本かはラメラインにしても素敵です。ラメラインの横に、小さめのストーンを乗せるアレンジもかわいいですね。

エレガントな雰囲気のネイルにしたいなら、ベージュの斜めフレンチがいいでしょう。斜めフレンチのラインをキープするように、ストーンを置くのがポイントです。斜めのラインの角度を失敗してしまったときは、ストーンを2列以上並べて太目のラインをつくると違和感なく仕上げることができます。

ブライダルネイル風にアレンジしても♡

ブライダルやパーティーを控えているなら、すべての爪にストーンを置いたキラキラネイルがおすすめです。

白や乳白色で逆フレンチを描きましょう。すべての爪のフレンチラインに沿って、ストーンを置きます。ストーンと小さめのスタッズを交互に置くと、デザインにより深みが出ますよ。フレンチ部分には、ホロやラメを散りばめてみましょう。セルフでも簡単に華やかなネイルを完成させることができます。

「フレンチネイルが難しい!」と感じたら、フレンチラインにストーンを置いてみてください。満足のいく仕上がりにグッと近づくことができるはずです。


Itnail編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる