1. トップ
  2. 吉田羊がヨーロッパ旅で値切った! ディレクターが裏話を披露

吉田羊がヨーロッパ旅で値切った! ディレクターが裏話を披露

  • 2019.1.30
  • 330 views
「吉田羊、プラハ・ウィーンへ ヨーロッパに嫁いだ なでしこ物語」が2月3日(日)に放送
(C)YTV

【写真を見る】「語学を一つの“武器”にしたい」と語った吉田羊

吉田羊が、2月3日(日)放送の「読売テレビ開局60年 吉田羊、プラハ・ウィーンへ ヨーロッパに嫁いだ なでしこ物語」(昼3:00-4:25、日本テレビ系)に出演。ヨーロッパを旅した感想や自身が抱いている思いを語った。

本番組は、今からおよそ120年前に伯爵夫人と国際結婚をしてヨーロッパに渡ったクーデンホーフ光子の人生の足跡を巡る。街全体が世界遺産に登録され「中世の宝石箱」とも呼ばれるプラハや、世界一住みやすい都市といわれるウィーンなどを訪問し、当時のことを知る人物や現地に残された資料を基に、光子の人物像に迫っていく。

「街全体が映画のセットみたい」

プラハ旧市街地の景色に吉田羊は「ハリーポッターが出てきそう」と語る
(C)YTV

旅の感想を聞かれた吉田は、「チェコとウィーンは今回初でしたので、街並みの雰囲気を見られるのを楽しみにしていました。チェコが本当に美しい街で、街全体が映画のセットみたいな、どこをとってもフォトジェニックで、映画の中の世界にいるような気持ちにさせてくれるファンタジックな街でした」と感激した様子。

「一方でウィーンは洗練されていて、教育はもちろん、音楽、美術の最先端にいる街という雰囲気。チェコとはまた違って、私が違う思いを感じたように、光子さんも当時(いろんな思いを)感じていたんだろうなって、行く先々で光子さんが感じたことを感じさせてもらえる旅だったなと思います」と振り返った。

「光子さんが私をナビゲーターに選んでくれた」

クーデンホーフ光子の肖像画と吉田羊
(C)YTV

番組を通して初めてクーデンホーフ光子を知ったという吉田は、光子の印象を「すごく強い女性だと思った。旦那さまへの愛や、子供への愛が根底にあっての強さなんだなと感じました。

私と同じように光子さんを知らなかった方もこの番組を見て、同じ日本人として明治という時代に海外に渡り、骨を埋める覚悟をして、最終的に国際結婚を成功させた人として、たくさんのことを感じて学んでいただけたらうれしいなと思います。

彼女の言葉で好きな言葉は、『意志があれば成し遂げられないことは無い』という意味合いで、私も常々自分を鼓舞する意味でも信じている言葉で、彼女の思いにすごくリンクできた。そういう考えの人間だからこそ、光子さんは今回のナビゲーターに私を選んでくれたんじゃないかなと思います」と語る。

また、旅の中でのハプニングについては「事前にこの方に聞きましょうとアポイントを取っていた人がいたんですけど、その方が来られなくなったことがあったんです。それで急きょ代わりの方が来てくださった、にもかかわらず詳しいんです。

チェコの方は小さいときから本に親しまれているからおしゃべり好きなんです。1聞くと200返ってくる。決して専門家ではないのに、最低限の知識を皆さんが持っていらっしゃるっていうのは感動しました。うれしいハプニングでしたね」と現地の人との触れ合いも楽しんだ様子をうかがわせた。

アンティークを値切る!

ウィーンの市街地の景色に吉田羊は「洗練されている」と語る
(C)YTV

終始言葉を選びながら丁寧に、優しい語り口調で取材に応じていた吉田。この取材会には朝倉健司ディレクターも同席しており、記者から「吉田さんはどんな方ですか?」と聞かれると、朝倉ディレクターは「このままです。サービス精神旺盛で、ご飯もご馳走していただきましたし、現地でお土産も買っていただきました」と笑顔で語った。

それに対して吉田は、「それはなぜかというと、私たちがランチをしている間、(スタッフの)皆さんは景色とか素材を撮って仕事をしていたわけですよ、(申し訳なくて)せめて何か手土産を!と思って、おいしいトリュフのオイル漬けを差し上げました」と裏話を明かした。

さらに、朝倉ディレクターは「オンエアでは泣く泣く切ったんですけど、アンティークショップに飛び込みで行きました。すごく楽しそうにしていらっしゃったのと、アンティークを好きな理由が『昔の人と対話している感じが好き』だって話をしていて、そこが旅している中でも一番はしゃいでいた。そしてそれを値切ろうとする…(笑)」と明かす。

すると吉田は、「だって! こんな(指一本分ほどの)小っちゃい江戸時代の花瓶が30万円って! そりゃいいものだけど、30万円は無理! 『何とかなりませんか?』って(お店の人に)言ったんですけど、なりませんでした…」と意外な一面を明かした。

続けて、「何百年も前の人と同じものを見ているっていうのが感動するんです。もしかしたらどこかのお殿さまが触ったかもしれないものを、今私が触ってると思ったらそれだけ感動するんです。そのまま生きて残っているってことに、物だけどその物が持っている生命力に打ち震えるんです」と自身の価値観を明かした。

語学を一つの“武器”に!

シェーンブルン宮殿を訪問
(C)YTV

さらに、2019年については「今年は今まで挫折してきたことを成し遂げたいと思います。語学をマスターしたい、英語とフランス語を頑張りたいと思います。今までもちょっとやったことあって、しかも『耳が良い』ってほめられて、いい気になっていたんですけど、全くやってないんで。もう一回やり直したいと思います」と言う。

「語学は芝居に生かしていくということですか?」と質問されると、「ほぼそうだと言っても過言ではないです。旅行に行った先で現地の言葉で話せたらもっと面白いな、もっと広がるな、もっと自分から尋ねに行けるのになって思ったのもありますし、やっぱり一番はお芝居の武器の選択肢の一つに加えたいっていうのがあります。

『この人、英語ペラペラそうだよね』っていう役をやっているのに、話せないからといってそのせりふやシーンがカットされたりっていうのは、自分でお芝居とか作品が底上げされる可能性を消していってるなって思ったので、武器としてぜひ身につけたいなという思いです。頑張ります!」と意気込んだ。(ザテレビジョン)

元記事を読む