1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 福豆・恵方巻き、何故食べる?理由を知って節分を楽しもう♪

福豆・恵方巻き、何故食べる?理由を知って節分を楽しもう♪

  • 2019.1.29
  • 5792 views

2月3日は節分です。 節分といえば、福豆・恵方巻きが有名ですね。 福豆・恵方巻きとても美味しく、節分は食でも楽しめます。 でも、なぜ節分に福豆・恵方巻きを食べるか知っていますか? 2019年はその理由も知って、節分を楽しんじゃいましょう♪

そもそも節分ってなぁに?

福豆・恵方巻きも楽しみですが、そもそも節分とは・・・?
説明できる方って実はごくわずかではないでしょうか。

節分は年4回!?
節分は字のごとく、「季節を分ける」という意味合いがあります。
雑節の1つで、各季節(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを言います。
ということは、節分は実は年4回あることになります。


では、なぜ2月3日だけが有名に?
それは旧暦では、立春が今の1月1日だったのでその前日の2月3日に邪気を払って新年を迎えることがこの節分の始まりです。
お正月というのは、今も昔もめでたいものなのですね。

豆をまく意味とは?

節分と言えば「鬼は外、福は内~♪」と声を出しながら豆をまくイメージですよね。
子供から大人まで、結構夢中になってやっちゃいます!
でも、豆をまく意味とは一体何なのでしょう?

豆まきの由来
豆まきは中国の習俗が伝わったものと言われています。
昔々、鬼の目に大豆を投げつけたところ鬼を退治できたという話が由来です。


「魔の目(魔目)」に豆を投げつけて「魔を減する(魔減)」に通ずるとも言われています。

使う豆はどんな豆
豆まきに使う豆は、炒った豆を使うのがよいとされています。
生の豆を使った場合、拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いと言われているので、生の豆は使いません。


ごくごく一般的に、節分の時期になると売られている福豆はこの炒った豆です。
このまま豆まきに使って問題ありません。
ちなみに節分より前に福豆を買っておいた場合、使うまでは神棚に置いておきましょう。


神棚がない場合は高い位置へ。
高い位置へ置いておくのが良いとされています。

鬼役はお父さんではない!?
家族で豆まきをする時、お父さんが子供たちを喜ばせるために鬼役をすることも多いかと思います。
でも、実はこれ間違っているのです!


本来の豆まきは一家の主がするのが正しいとされています。
なので、お父さんが一度正しい豆まきをしてから家族で楽しむのが良いでしょう。
そして、鬼は節分の夜にやってくるので豆まきは夜にしてくださいね。

福豆の食べ方は?
さて、豆まきが終わったら豆を食べましょう。
不衛生と感じる方もいると思いますが、本来は家の中にまいた豆を食べます。


食べる豆の数ですが、自分の年齢+1(数え年)の分だけ食べるのが良いとされています。
自分の年の数だけ豆を食べるのは,年の数だけ福を体に入れると言われているからです。


でも、年を追うごとに食べる数が増えてしんどいのも正直なところ・・・。
その場合は、茶碗に豆を入れてお湯を注ぎそのお茶(福茶)を飲んでもOKです。
福豆を食べ過ぎて、お腹を壊しては元も子もないですからね。

恵方巻を食べる意味とは?

最近は、「節分と言えば恵方巻き」という方も多いのではないでしょうか?
毎年、縁起がいいとされる方角を向いて食べる恵方巻き。
次は恵方巻きについてのお話です。

恵方巻きの起源とは
恵方巻きの起源・・・実ははっきりしていません。
豊臣秀吉の家臣である堀尾吉晴が節分の前日に海苔巻きを食べたら、戦いに大勝利したからとも言われていますが、根拠がはっきりしないそう・・・。


幕末から明治にかけて、大阪船場の商人たちが商売繁盛、無病息災、家内安全を願ったとか・・・起源ははっきりしないのです。
なんとなく分かったのは、どうやら発祥の地は「大阪」らしいということくらいです。

恵方巻きに大事なこと
起源がはっきりしないので、恵方巻きは商売人の販売促進だったという可能性もあります。
現在の節分=恵方巻きの火付け役もコンビニエンスストアと言われています。
なので、恵方巻きに大事なことは願いが叶うように祈りながら食べることではないのでしょうか?
気持ちが大事です!!

恵方巻きの正しい食べ方
・恵方巻き1人1本。(切って分けたりしない。)
・恵方を確認。2019年の方角は東北東です。
・恵方を向いたまま、無言で願いごとをしながら食べる。
・一気に食べる。
・恵方から目をそらさない!


これが恵方巻きの正しい食べ方です。


最近ではどのお店も個性のある恵方巻きを販売していますよね。
ぜひ、お気に入りの恵方巻きを見つけて美味しく食べましょう。

今回は節分の由来から、福豆・恵方巻きの食べる理由までお伝えしてきました。
日本古来の文化に触れながら、節分を一層楽しいものにしていきたいですね♪

元記事で読む