土屋太鳳&百田夏菜子、スタイル抜群の向井理に爆笑! ひげ姿も「お似合いです(笑)」

2月22日(金)放送「約束のステージ」で共演する百田夏菜子、土屋太鳳、向井理(写真左から)
(C)YTV

2月22日(金)放送の読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)に出演する土屋太鳳、百田夏菜子、向井理が、ドラマの魅力や初共演となるお互いの印象を語った。

【写真を見る】抜群のスタイルはもちろん、向井理のひげ姿にも注目が集まる!

本作は、「スター誕生!」(1971~1973年)に先駆け、1970年代に放送されていた読売テレビ制作の本格オーディション番組「全日本歌謡選手権」がモチーフ。土屋と百田が演じる、歌手になることを夢見る二人の奮闘と成長を描く。

ストーリーはもちろん、1970年代のヒット曲の数々と懐かしい昭和の風景も注目を集めそうだ。

今回、放送に先駆けて茨城で取材会が行われ、土屋と百田、そして向井が出席した。

ターンテーブルは「マジで緊張しました」

――ターンテーブルのシーンはいかがでしたか?

土屋:初めてセットを拝見させていただいた時、スタッフさん方が「本物そっくりだ」っておっしゃっていて、私は拝見したことなかったんですけど、調べたら本当に本物そっくりに作ってあったので、歴史を感じました。

(ステージに)立った感覚は、スタート地点に立った感覚。私は陸上をやっていたんですけど、陸上のクラウチングスタートの「走るしかない」という覚悟みたいな感じが似てるなと思って、1970年代の方々はそういった覚悟を持って生きてきたんだなと思いました。

百田:当時の実際の映像を見たことはないんですけど、ステージを見た瞬間に、こういうステージで先輩方は歌われてこのオーディションに勝ち抜いてきてんだなとか、本当にたくさんの歴史を感じながらこのステージに立たせていただきました。

仕事柄いろんなステージに今まで立たせていただいてるんですけど、今まで味わったことのない緊張感が常にあって、ターンテーブルが回るときなんか、こういうのが“心臓が飛び出る”っていうんだろうなってくらいバクバクしました。

緊張感は(役として)作らなくてもステージが作ってくれたので、緊張してる顔とかはマジだと思います。

そんな緊張感が皆さんにも伝わったらいいなと思いますし、あらためて自分がそこに立ってみて、そこで勝ち抜いてきた人のすごさを感じました。

――向井さんは二人を見守っている役でしたがどうでしたか?

向井:ポスターで見ていたので、そっくりそのままだなっていうのと、今と全然違うのは、指揮者もいて生演奏でやっていたこと。

僕は歌を歌う仕事ではないですけど、恐ろしい番組だなって。今では実現できない、オーケストラで生演奏で生歌っていうのはチャレンジングですけど、見る人も魅了するくらいのエネルギーがあったんだなってセットを見て感じました。

僕は舞台袖で見ているだけですが、見てる方も緊張する。子供たちをステージに上げるような親心が芽生えて、変なドキドキ感があります。

百田「向井さんは漫画の世界の人みたい」

――初共演となるお互いの印象はいかがですか?

向井:みんな初めてだよね。

土屋:(百田と)二人で、向井さんのスタイルが良過ぎて笑ってた気がする。感動の笑いですよ、ね!(百田に)

百田:非現実的なスタイルで、なんか漫画の世界の人みたいで。衣装も現代と違うし現実感がなくて、お店の前にもたれて立ってた時とか…(笑)。

向井:すごい笑ってたよね! 失礼だなあ。

百田:なんか向井さん見ると笑っちゃう! スタイルが良過ぎて笑いが出たことなんてない!

「どうしてそんな身長高くなったんですか?」って聞いたのが初日だったんですけど、小さい頃牛乳飲んでたって聞いて、私あれから毎日牛乳飲んでる。

向井:あのときも言ったけど、もう遅いって!

百田:一向に伸びない…

――そんな二人の印象を受けて向井さんは?

向井:僕は、(二人が)似てるなって思いますね。年齢とか身長とか外見的にも似てる。それにずっと本番以外でも喋ってて。何をそんな一日中喋ってんのかなって思います。キャラクターとしてもいいことだと思うんで、うらやましいです。

土屋:私服がかぶったんですよ、読み合わせの時に。黒いスキニーにニット着てて、隣見たら同じ服を着た人がいて!

夏菜子ちゃんはアイドルグループで影響を与えてるじゃないですか、時代を作ってきた一人なので尊敬の気持ちもありますし、歌と演技をやる方独特の人を引き付ける力がある。

百田:もう、何をおっしゃいますかぁ。

向井:…こういう会話をずっとしてる。

一同:(笑)。

土屋:普段はしょうもない話をしています。

ひげを伸ばすのは「今回だけ」

――ひげについてはどうですか?

向井:こういう役柄でもない限り、ここまで(ひげを)伸ばすことはないですが、早く剃りたいですね。かゆいから。

あと手入れもしないともっと伸びるから、当分(伸ばさなくて)いいかな。新鮮は新鮮なので楽しんではいますけど、ずっと続けることはないでしょうね。今回だけの方がお得感があるかな。かゆいですけど。

――お二人は向井さんのひげ姿はどうですか?

向井:また笑うんでしょ…もう笑ってるもんね。

百田:もともと小さい顔にひげが付くと、本当に小っちゃくなっちゃって…(笑)。

向井:なんか馬鹿にしてんだよなー。

百田:面積が(笑)。もっと生やしたら(顔が)なくなっちゃうんじゃないかって…でも本当、お似合いだと思います(笑)。

土屋:私もお似合いだと思います!(笑) ぜひこれからも生やしてほしい(笑)。

向井:思ってないでしょ!

「家族みんなで見てほしい」

――ドラマの見どころを教えてください。

土屋:ファンタジーと事実がバランスよく交錯しているので、幅広い世代の方に楽しんでいただけるんじゃないかなと思っておりますし、1970年代の人や歌の魅力が詰まっているので、楽しんで見ていただけたらと思っています。

百田:今回、1970年代の曲を歌わせていただいて、当時を知る人が懐かしい気持ちになってくれたらいいなとも思いますし、私たち世代の方も今だからこそ、当時の歌を私たちを通して知ってほしいです。家族みんなで楽しくお茶の間で見てほしいです。

向井:実際にあった番組ですし、プロデューサーとかADの人たちも実際モデルがいる。懐かしい曲もあれば若い人から見たら新鮮に映る曲もあり、今までのドラマにはない試みもやっているので、楽しく見ていただけるドラマになっていると思います。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。