1. トップ
  2. クリストファー・ノーラン最新作映画『TENET テネット』20年9月に日本公開へ

クリストファー・ノーラン最新作映画『TENET テネット』20年9月に日本公開へ

  • 2019.1.28
  • 1906 views

クリストファー・ノーラン最新作映画『TENET テネット』20年9月に日本公開へ

クリストファー・ノーラン監督による映画『TENET テネット』が、2020年9月18日(金)に公開。第93回アカデミー賞授賞式では、視覚効果賞を受賞する快挙を遂げた。

www.fashion-press.net

クリストファー・ノーランとは?

アメリカン・コミック「バットマン」の実写化『ダークナイト』3部作や、『インセプション』、『インターステラー』など、これまで数々の大作映画を世に送り出してきたクリストファー・ノーラン。斬新なアイデアと他の追随を許さないビジュアルセンス、そして徹底したリアリティへの拘りを持つ彼は、2017年公開『ダンケルク』で自身初となるアカデミー賞監督賞にもノミネートされている。

3年ぶりの新作!オリジナル脚本のタイムサスペンス

豪華キャストが勢ぞろい

前作より3年ぶりとなる『TENET テネット』は、『インターステラー』(2014)以来、ノーランがオリジナル脚本で描くタイムサスペンス。

主演に『ブラック・クランズマン』で映画単独初主演を果たしたジョン・デビィッド・ワシントンを迎えるほか、『ハリー・ポッター』シリーズの出演や、2021年公開予定の『The Batman(原題)』で新バットマンを務めるロバート・パティンソン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のエリザベス・デビッキらがキャストとして参加。さらに前作『ダンケルク』に続き、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナーら実力派俳優が共演に名を連ねる。

主人公は“名もなき男”気になるキャラクター情報

名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン):あるテロ事件に特殊部隊として参加したことから、第三次世界大戦を防ぐための謎のキーワード「TENET」を巡るミッションに巻き込まれる。

ニール(ロバート・パティンソン):名もなき男の相棒。世界各国で任務遂行を手助けする優秀なエージェント。

キャット(エリザベス・デビッキ):セイターの妻で一児の母。セイターの秘密を握る。

アンドレイ・セイター(ケネス・ブラナー):富を一代で築いたロシアの財閥。未来と現在を繋ぐ役割を持つ謎の悪人。

マイケル・クロズビー卿(マイケル・ケイン):英国情報部の重要人物。名もなき男に、セイターの情報を教え援助をする。

ストーリー

ミッション:〈時間〉から脱出して、世界を救え――。名もなき男は、突然あるミッションを命じられた。それは、時間のルールから脱出し、第三次世界大戦から人類を救えというもの。キーワードは〈TENET テネット〉。名もなき男は、相棒と共に任務を遂行し、大いなる謎を解き明かす事が出来るのか?!

ヒミツの暗号“TENET テネット”

予告動画には、秘密裏に活動するエージェントたちの存在が映し出されている。敵も味方も分からない状況の中で、生還する鍵となるのは、タイトルにも起用された“TENET テネット”と呼ばれる謎の暗号。そして最後「これから起きる」と言い放つ男の前に空間が反転し時間の逆回転が…!時間と空間を巧みに操るクリストファー・ノーランならではの、予測不能な世界が待ち構えているようだ。

古代ラテン語の回文に着想?

そもそも<TENET(テネット)>とは、信条、主義、原則を意味するワード。ネット上では、「SATOR式」と呼ばれる1世紀中頃に確認されているラテン語の回文“SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS(農夫のアレポ氏は馬鋤きを曳いて仕事をする)”と関係があるのでは?と騒がれている。この回文は、正方形の方陣にセットすると四方から同様に読むことができ、中央の「TENET」だけは上下左右のどこからでも「TENET」の文字が現れる仕組み。果たして、未来を握るこの単語に託された謎とは一体…?

“一番クレイジーな作品”

なお出演者のロバート・パティンソンは、『TENET テネット』について「長年見てきた中で、一番クレイジーな作品。」とコメント。今後アップデート情報を随時追加していくので、ファンの人は是非こまめにチェックしてほしい。

公式完全読本「メイキング・オブ・TENET テネット」同時発売!

映画公開日には、制作の舞台裏を完全網羅した、公式完全読本「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」も同時発売。常識を覆す、未知なる映像を完成させた制作秘話を、膨大なメイキング写真と共に、クリストファー・ノーラン監督、撮影監督のホイテ·ヴァン·ホイテマ、美術監督のネイサン·クローリーによる詳細な解説によって解き明かされる。

さらに、本書には人物設定に基づいた緻密な衣裳デザインや世界中のロケ地についての解説、動きを図解した設計図も掲載。鬼才クリストファー・ノーランの頭の中をのぞき見できる、ボリュームたっぷりのフルカラー156ページとなっている。

【詳細】

『TENET テネット』
公開日:2020年9月18日(金)
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン
出演:ジョン・デイビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、クレマンス・ポエジー、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー
製作総指揮:トーマス・ハイスリップ
製作:エマ・トーマス
配給:ワーナー・ブラザース映画

■『メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場』B4 横変型判/156 ページ(フルカラー) 6,000 円+税
著者:ジェイムズ・モトラム
翻訳:富原まさ江
監修:神武団四郎

元記事で読む