1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 海外でも、いつも通り「スマホ」が使いたい!旅行前にやるべき準備とは

海外でも、いつも通り「スマホ」が使いたい!旅行前にやるべき準備とは

  • 2019.1.27
  • 1868 views

海外旅行に行くとき、さまざまな必需品がありますが、特にあらゆるシーンで便利なのが“スマートフォン”。スマホがあれば、海外でも安心に、そして快適に行動しやすいでしょう。

そこで今回は、海外旅行でスマホを最大限に活用するために知っておきたいことを、トラベルライターの桑子麻衣子さんに教えてもらいました。

1:SIMフリーのスマホなら、現地でプリペイドSIMカードを購入!

旅先でスマホを活用するために、まずは現地でスマホが使えるようにしておきましょう。海外は、Wi-Fiが活用できるカフェやお店が日本に比べて多いですが、スマホを使うためにわざわざ毎回お店に入るのはちょっと面倒ですよね。

ツアー旅行でない限りは、プリペイドのSIMカードを購入するのがおすすめです。海外では大抵、空港にプリペイドSIMカードを購入できるお店が並んでいます。

SIMカードを購入するにあたって必要なのが、現金とパスポート。必要な日数分のカードを購入をしましょう。

空港で購入することのメリットは、その場でスマホにSIMカードを挿し込んでくれるということ。SIM取り出しツールなどを持っている必要はありません! 街中のコンビニなどでも購入はできますが、その場合は自分で挿入しなくてはいけないのがデメリットです。

日本人に人気の旅行先、タイであれば『TRUE MOVE H』、シンガポールであれば『StarHub』もしくは『Singtel』のSIMカードを購入するのがおすすめです。

2:地図アプリのダウンロードは必須!

SIMカードがあれば、いつでもどこでもスマホを起動させることができます。旅先でスマホを活用するシーンといえば、やっぱり“地図を見たいとき”でしょう。地図アプリが非常に役立ちます。

道に迷ったときはもちろん、目的地までの行き方や所要時間なども教えてくれるためとっても便利です。

海外では、電車で行けない場所が多いこともあり、バスを利用する場合も少なくありません。日本のバスのように次の駅をアナウンスしてくれると良いのですが、多くの海外はそういったサービスがありません。

そんなとき『Google Map』などの地図アプリを使えば、GPS機能を使って自分がどこにいるのか把握できるため、降りる駅を間違えることもありません!

3:タクシーで損をしないために配車アプリも

海外旅行でのタクシートラブルは意外と多いもの。ぼったくりなどの被害に遭うことがあります。そんなときにおすすめなのが、“配車アプリ”を活用すること。

東南アジアで人気なのは、『Grab』というアプリ。『Grab』に登録している一般ドライバーと安く安全に移動したい人をつなげるサービスです。

『Grab』の良い点は、事前に料金が固定されること。クレジットカードを登録しておけば事前決済も可能なので、キャッシュレスで乗り降りできます。また、英語に不安がある方でも、スマホ上で事前に行き先を指定できるのでミスコニュニケーションのリスクが減り安心して移動できます。

また、北米、中南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、東アジア、南アジア、東南アジアやオセアニアなど世界の広範囲で利用できる『Uber』もおすすめです。

旅先でどのアプリが利用できるか事前に確認してダウンロードしてくださいね。

いつも通りスマホが使えれば、便利になるだけでなく、より安心して旅ができます。海外旅行に行くときはぜひ参考にしてくださいね!

【画像】

※ Jacob Lund、Cameris、Olga Danylenko/Shutterstock

元記事を読む