1/31(木)上演開始!脚本家・岸本鮎佳の劇団「艶∞ポリス」、新作舞台は『お金』がテーマ

'18年夏のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(TBSテレビ系)での脚本や、現在放送中の「私のおじさん~WATAOJI~」(テレビ朝日系)ではメイン脚本を務める岸本鮎佳が主宰の劇団「艶∞ポリス(ツヤポリス)」。半年ぶりの新作公演「PARTY PEOPLE」が、1月31日(木)~2月11日(月)に下北沢・駅前劇場で上演される。

【写真を見る】劇団主宰の岸本鮎佳と、舞台衣装を担当したファッションエディター・首藤和香子

艶∞ポリス 第十回公演「PARTY PEOPLE」
KADOKAWA

同劇団は'13年に旗揚げし、今作で第十回公演を迎える。新作公演のテーマは「お金が欲しくて何が悪い」。豪邸で行われるホームパーティーを舞台に、「お金」を持つことによって変わる、そして変わってしまった人間関係の滑稽さが描かれた群像喜劇だ。

今作の主演には、長塚圭史や岩松了などの舞台作品、そして中島哲也監督の映画「来る」、大森立嗣監督の映画「日日是好日」などにも出演する川村紗也、さらに「美少女戦士セーラームーン」タキシード仮面役や「仮面ライダー響鬼」イブキ役を演じた渋江譲二、「人生が楽しくなる幸せの法則」(日本テレビ系)に皆本佳恵役でレギュラー出演中の小林きな子などが出演。

さらに、ELLE ONLINEエディターなどで活躍のファッションエディター・首藤和香子が、今作のフライヤービジュアルや舞台の衣裳スタイリングを手掛け、注目を集めている

主宰の岸本と、スタイリングを担当した首藤に話を聞いた。

【写真を見る】劇団主宰の岸本鮎佳と、舞台衣装を担当したファッションエディター・首藤和香子
KADOKAWA

最新ファッションを舞台で魅せる新たな視点

――お2人は元々お知り合いだったんですか?

岸本「元々憧れの存在で、スタイリングとか拝見していたのですが、ファッションがテーマの舞台をやっていた時に思いきって『参考にさせてもらってます! ぜひ見に来てください』みたいな連絡をSNSを通じてしたら、本当に見に来てくださって」

首藤「見に行ったらすごく面白くて。私も、一緒に行った人たちも大ファンになりました。すごくオシャレな舞台、という印象だったんです。それから舞台を見させていただくようになりました」

ファッションがテーマの第六回公演「だせぇ」
KADOKAWA

――では今回岸本さんの念願が叶って、という感じですね! 今日衣装合わせをされてみていかがでしたか?

岸本「自分のセンスだと絶対しないアイデアを提案してもらってます。キャラクターの雰囲気をくんでいて、すごく共感できるファッションなんですよね。だから、役者もめちゃくちゃテンションが上がっています。

私だったら無難に終わっちゃうところを『このキャラクターでこの色にするのか!』って思わされたり、小物もいちいちかわいくて(笑)。舞台衣装として選ぶと、少しダサくなっちゃうんです…。でも首藤さんは舞台衣装じゃなく、最新ファッションをやられている方なので、普段使っているものを舞台用に見せるっていう視点が違うんですよね。役者が、役の衣装が気に入り過ぎて買いに行ったりしてますもん(笑)」

首藤「舞台のスタイリングは今回初めて手掛けたのですが、大好きな劇団の、しかも素通りできない『お金』がテーマ。今日衣装合わせしたのですが、本番までもうちょっと頑張らないとなって気合いが入りました。実際合わせてみると、お芝居での動き方とビジュアルのインパクト、そのバランスの取り方が難しいところもあったりして今回勉強になりました」

「憧れの存在で、SNSを通じて連絡したのが出会いのきっかけです」と岸本は語る
KADOKAWA

ファッションで増す舞台テーマへの説得力

――フライヤーのインパクトもすごくありますね。

首藤「このスタイリングは、『お金』っていうテーマしか聞いてなくて、キャラクターも分からない段階だったんです」

岸本「いろいろ盛ってる感じにしようってデザイナーさんと話していたくらいの時期でしたね」

首藤「これは実際、高価なもの尽くしなんです。あまり見えてないですが(笑)、ドレスもPRADAだったり。パールのネックレスもパリのブランドの、1つ十数万円くらいするものを重ね付けしたりして。『お金』がテーマでゴテゴテしてるんだけどどこか悲しさと滑稽さが漂うものにしたいなって思ったんです。見ている人は気付かないかもしれないけど、実はハイブランドだったりするのも作品のテーマに近いのかなって」

岸本「タグがついてる私物もお借りしたりしてね。この剥製も買ったんですよ(笑)、そこでもアドバイスをいただいて…」

首藤「鳥に留まられて、首が傾いてると切ない感じがしていいよねって」

岸本「今回の舞台の衣装、絶対いろんな方に注目されると思います。女性のお客様も多いし、結構みなさん見てるんですよね」

首藤「私も舞台を見ていて、衣装が気になるときってあるんです。『このキャラクターだったら、こうした方が説得力が出るんじゃないかな』と思ったりしたこともあったので、今回舞台衣装に関わることができたのはうれしかったです」

「オシャレな舞台で好きな劇団さんの衣装を担当できてうれしい」とやりがいを話す首藤
KADOKAWA

続けて、脚本・演出を手掛けている岸本に今作の見どころを聞いた。

岸本はドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」の脚本家としても注目を集める
KADOKAWA

見ている人をドキドキさせるシーンを!

――TVの連続ドラマと舞台で、意識している点はありますか?

岸本「私は緊張感あるシーンが好きなので、テレビでも舞台でも共通しているのは、見ている人がドキドキする、予想も出来ないシーンやセリフを書くことが多いです」

――今回なぜ「お金」というテーマを選ばれたのですか?

岸本「価値観を図るものっていろいろあると思うのですが、『お金』ほど価値観の違いがあからさまになるものって、なかなか無いなって考えていて。なので、いつか『お金』に対して異なる価値観を持っている人を集めた作品をやりたいなとずっと思っていました

昨年、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の脚本を書かせていただいた時に、取材を通して、これだけ恵まれてる日本にも『貧困』というものが、まだまだあるんだということを強く感じました。

幸い、私はお金持ち…とまではいかないものの、普通に恵まれた生活をさせていただいているのですが、ただただ『お金がない』という事だけで、物理的にだけでなく精神的にも貧しくなってしまい、人間らしく生きていくことが難しくなることが身近に、そして私にも起こる可能性があるんだと思ったら…震えましたね」

“お金に対する価値観”ごとに作り分けたキャラクターに注目

――台本を拝見して、各キャラクターの男女の性差と貧富の差にまつわる価値観の違いの作り込みがすごいなと感じました。物語の軸になる視点はどこに置かれたのでしょうか

岸本「今回のお話は、お金に対する価値観の対照的な二つの『家』を中心に進んでいきます。一つは、一見華やかなホームパーティーが行われる豪邸の家族とそこに集まるさまざまな人々、そしてもう一つは、いわゆる四畳半のアパートに住む芸術家志望の男とそれを支える女のカップルを描いています。どちらもみんな個性が強いキャラクターなのですが、今までの作品と違うのは、そのキャラクターが“お金に対する価値観によるもの”で、その人々の人間関係で浮かび上がる『お金とは』を描いています」

“お金に対する価値観”ごとに作り分けたキャラクターが見どころだ
KADOKAWA

“自分で稼ぎたい欲”が人より多いのかも?(笑)

――今作のタイトル通り、いろんなタイプの“パリピ”が出てきましたが実際取材されたのですか?

岸本「『PARTY PEOPLE』いわゆる『パリピ』の人って、実は私の周りにはあんまりいなくて…よくクラブに行ってる方が働いているバーに通っていろいろ話を聞いて取材してました(笑) 」

――ご自身が昔、友達にお金を盗まれた経験や過去の思いを話されていましたが、その思いはこの作品でどう昇華されたのですか。

岸本「友達にお金を盗まれたのは、今となっては気にしてはいなくて、全然根に持っていないんです。でも、やっぱりなんかシコリみたいに残っちゃうんですよね。それ以降、普通に顔を合わせても、ふとした瞬間に『あ、でもこの子盗んだんだよな…』とか。

本当に一瞬のことだったのに、暴言吐かれるよりも悪口いわれるよりも、記憶に残ってしまって、そのイメージが拭えない。それって、やっぱりお金って、それだけシビアなんだということなんだと思うんですよ」

――今回作品を作っていくうえで、お金への価値観や考え方は変わっていった部分はありますか?

岸本「作品作りを通して『お金への価値観』が変わるということはなかったですね。しかも、私のお金の価値観といえば、『友達と美味しいご飯を食べたい』『疲れたらマッサージ100分やりたい』『服もコスメもオシャレなものが欲しい』『休みの日は旅行に行きたい』『そして、それらを全部自分のお金でやること』なので、普通で全然面白くないです。ただ、私は“自分で稼ぎたい欲”が人より多いのかもしれません(笑)」

――最後に、今回の舞台への意気込みをお願いします!

岸本「脚本も演出もそうですが、出演者も舞台美術も音響も照明も衣装もなにもかもギリギリまで粘って作りました。お金の価値観はシビアなものですが(笑)、こんな贅沢なお芝居が3800円で見れることなんてなかなか無いと自負してます! ぜひ劇場で、見ていただきたい作品です」(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理