恐るべし“チョコの魔法”!大盛況の「サロン・デュ・ショコラ 2019」初参加でわかった魅力

チョコレートは好きだし、もちろん興味もあった。でも、生粋のチョコレートマニアで大混雑、というイメージがあった「サロン・デュ・ショコラ」は敷居が高く感じてしまい、1度も足を運んだことはなかった。

【写真を見る】豪華16ブランドのチョコレートが大集合!「ナチュール」(16個入8964円)

穴から顔を出してチョコレートになれる!?会場に設置されていた、ユニークなフォトスポット
KADOKAWA

そんな記者が、ついに「サロン・デュ・ショコラ2019」東京会場の初日に初参加。会場の熱気に圧倒されながらも、気づけば“チョコレートの魔法”にかけられ、非日常の世界にどっぷり浸っていた。はっきり言って、今まで行かなかったことを大後悔!今回は「サロン・デュ・ショコラ2019」の注目ポイントと共に、初めて参加して感じた魅力をお届けしよう。

「サロン・デュ・ショコラ2019」がいよいよ開幕

フランス・パリ発祥のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。まずは、基本情報に触れておこう。今年、東京会場は1月23日に新宿NSビルにてスタートし、29日(火)まで7日間に渡って開催。その後は札幌、名古屋、京都、福岡、仙台を巡回する。今年のテーマは“ショコラは自然の贈り物”。東京会場に集結するブランド数は、約110にも上る。

東京会場の一般会期中の入場料は600円。あらかじめ日にちと入場する時間帯を選び、デジタルチケットを購入するシステムだ(平日15時以降は当日券もあり)。入替制ではないため、一度入場すれば時間を気にせず楽しむことができる。

ブランドによっては会場内の列が長くならないように一定の人数で区切り、会場の外にも列を作っていた
KADOKAWA

記者は入場開始時間の10分ほど前に到着。すると、イベントホールの1つ上の階には、すでに入場を待つたくさんの人の姿が。一瞬身構えたものの、入場が開始されるとスムーズに列が動いた。だが、安心したのもつかの間、今度は「最後尾」と書かれたいくつものプラカードが目に飛び込んできた。人気のブランドが行列することは覚悟していたが、こんなにもたくさんの列ができているとは…。「サロン・デュ・ショコラ」の盛況ぶりを早速目の当たりにし、少々面食らった。

多くの来場者で混雑する東京会場
KADOKAWA

どうすれば良いのかわからないまま、しばし人混みに揉まれながら会場内をウロウロ。しかし、すぐに混雑にも慣れ、状況が理解できてきたところで目当てのブランドに並んだ。今回記者が注目したのは、初登場のイカ チョコレートとミスター&ミセス ルヌー、そしてトップショコラティエのチョコレートを詰め合わせたセレクションボックスだ。

入場時にもらえる冊子。全ブランドのチョコレート、イートインメニューなどが紹介される充実した内容
KADOKAWA

なお、入場受付をすると会場マップと共に、すべての出店ブランドが紹介されている、200ページ近くある充実した冊子がもらえる。これらを頼りに会場を回ろう。

思わず財布の紐が緩む魅惑の限定チョコレートたち

イスラエル発、イカ・チョコレートの「キャットタング」(5個入2160円)。ネコの舌の形をしたチョコレートに、オリーブ柄をプリント
KADOKAWA

日本初上陸となる、イスラエル発のブランド、イカ チョコレート。女性シェフのイカ・コーエン氏が作る、中東の要素を取り入れた創造的かつ革新的なショコラが評判だ。「キャットタング」(5個入2160円)は、美と健康を意識した女性シェフならではの一品。イスラエル特産の良質なオリーブオイルと、死海のシーソルトが使用されている。ネコの舌をイメージした可愛らしい形もポイント。

ミスター&ミセス ルヌーの「マックサブレ」(6個入4104円)。バラエティーに富んだ6種類の味を楽しめる
KADOKAWA

同じく日本初上陸のミスター&ミセス ルヌー。2017年6月にスイス・ジュネーブで店を開き、半年後には2号店をオープンするなど、勢いのあるブランドとして注目を集めている。なかでも見逃せないのが、「マックサブレ」(6個入4104円)。チョコレートで包んだマカロンのような生地のサブレで、ガナッシュやパート・ ド・フリュイ(フルーツのピューレを固めたゼリー)などをサンド。ヘーゼルナッツのプラリネ、フランボワーズ、ゆず、キャラメルフルールドセル、バニラ、ピュアショコラの6種類がそろう。

【写真を見る】豪華16ブランドのチョコレートが大集合!「ナチュール」(16個入8964円)
KADOKAWA

「サロン・デュ・ショコラ」だからこそ実現する、16ブランドのショコラが1個ずつ入った豪華なセレクションボックス「ナチュール」(16個入8964円)も、ぜひゲットしたい商品。ジャン=ポール・エヴァン、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ、アンリ・ルルーなど、チョコレートファンならずとも耳にしたことのある、そうそうたる顔ぶれだ。お値段もなかなかのものだが、これが次から次へと売れていく。

普段、高級チョコレートを買うことが滅多にない記者。会場へ行く前は、正直なところ価格の高さに戸惑いを隠せなかった。だが、わずかな滞在時間で、金銭感覚はあっという間に麻痺していた。年に1度の華やかなチョコレートの祭典。頑張って貯めたお金で、ここでしか手に入らない最高に美味しいチョコレートを、大切なあの人に、そして何よりも自分のために買う。そんなご褒美があっても良いと確信するほど、すっかり「サロン・デュ・ショコラ」の虜になっていた。

心躍るトップショコラティエとの交流

ピースサインで写真撮影に応じてくれた、イカ チョコレートのシェフ、イカ・コーエン氏
KADOKAWA

「サロン・デュ・ショコラ」を初めて訪れた多くの人が驚くであろう光景が、ショコラティエにサインを求め、写真を撮る来場者の姿だ。会場内でショコラティエは、スーパースターのごとく大人気。初心者にとって、ショコラティエとの交流はハードルが高く感じるかもしれないが、これこそが「サロン・デュ・ショコラ」の醍醐味であると感じた。

ミスター&ミセス ルヌーのクリストフ・ルヌー氏は、カメラを向けると柔らかな笑顔を見せてくれた
KADOKAWA

交流と言っても、写真を撮ったり、握手をしてもらったりとほんのわずかな時間だったが、それでもショコラティエの人柄を垣間見ることができ、心を交わした感覚があった。言葉がわからなくても、通訳してくれるスタッフがいるから安心。ぜひ気後れせずに楽しむことをおすすめする。

ライブ感あふれるイートイン&テイクアウトメニュー

実演販売を行うトップショコラティエの姿が見られるのも、「サロン・デュ・ショコラ」ならではの魅力
KADOKAWA

会場には魅力的なイートイン&テイクアウトメニューも盛りだくさん。今年はさらにラインアップが充実し、思わず目移りしてしまうこと必至だ。なかでも注目は、実演販売が行われるチョコレートスイーツ。目の前で次々とスイーツが作られていく様子だけでもテンションが上がるが、運が良ければ調理ブースに立つトップショコラティエを見られることも!

アルノー・ラエール パリの「クレープ オランジェ ラム ショコラ」「クレープ ショコラ プリュス ショコラ」(各890円)とミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマの「ショコラ鯛焼き」(301円)
KADOKAWA

今回記者がチョイスしたのは、アルノー・ラエール パリのクレープ(3種類各890円)と、ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマの「ショコラ鯛焼き」(301円)。アルノー・ラエール パリのクレープは、「オランジェ ラム ショコラ」「ショコラ プリュス ショコラ」「キャラメル サレ ショコラ」の3種類がそろう。

焼きたてのクレープ生地は、それだけで食べたくなるほど絶品。そこにチョコレートと、ヌガティーヌ(水飴や砂糖をキャラメル状に煮詰め、ナッツを加えて薄く伸ばしたもの)のサクサクした食感が加わり、絶妙なハーモニーを奏でる。

一方の「ショコラ鯛焼き」は、可愛らしいルックスに思わず一目惚れ。アツアツ&もっちりした生地からあふれ出す、濃厚なチョコレートソースがたまらない一品だ。

熱気が充満した会場から出ると、一気に現実へ引き戻された。幸せな夢から醒めてしまった時のような寂しさがこみ上げてきたが、これからは購入したチョコレートを味わう時間が待っている。家に帰ってからも、会場でかかった“チョコレートの魔法”は続くのだ。そう思うと、明日への活力すら沸いてきた。サロン・デュ・ショコラ、恐るべし!(東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理