1. トップ
  2. 高島礼子「彼女は窮地に立たされてもめげない」牛尾刑事と対立する女性係長を熱演

高島礼子「彼女は窮地に立たされてもめげない」牛尾刑事と対立する女性係長を熱演

  • 2019.1.25
  • 739 views
高島礼子が演じるのは捜査二課の女性係長・関川響子
(C)テレビ朝日

【写真を見る】響子は牛尾たちの元に乗り込み対立することになる

1月27(日)放送の森村誠一ミステリースペシャル「終着駅牛尾刑事50作記念作品~荒野の証明」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)に、高島礼子がゲスト出演する。

同ドラマは、寡黙にして実直、執念の捜査で事件の臆測に潜む真実を探る新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと、牛尾正直の姿を描く。

高島が演じるのは、捜査を始める牛尾(片岡鶴太郎)らの前に現れた本庁捜査二課の女性係長・関川響子。響子は詐欺や汚職事件を扱う捜査二課の捜査は秘密保持が原則だとして、自分たちが何を追っているのかを明かさず、牛尾ら新宿西署の面々と対立する。

高島は「響子は敵対心満々で新宿西署に乗り込むのかと思っていたら、池広一夫監督から『そんなに強がった姿勢を見せなくてもいい』とアドバイスされました。おそらく彼女は、新宿西署と情報共有するタイミングを冷静に見極めようとしていたのかなと思います」と自身の役を分析。

また、牛尾の人物像については「単独で捜査をする“孤高の刑事”というイメージがあったのですが、実は組織の誰もが彼を尊敬している。それが牛尾さんの人柄なんだなと改めて感じました」と語った。

高島礼子「お父さん”的な監督とご一緒できるのは私の財産」と話す
(C)テレビ朝日

高島「作品を味わっていただきたい」

――牛尾刑事50回記念作に出演された感想は?

“50作”って、本当にすごい歴史だなと敬服しています。

私から見ると鶴太郎さんは“孤高の存在”のようにも思えるのですが、現場でもオヤジギャグをボソボソおっしゃったりして(笑)。まさに孤高のようでいて、信頼感の厚い牛尾刑事そのものでした。ここまで来たら白髪になるまで牛尾刑事を演じ続けてほしいですし、ぜひ100作まで達成して極めていただきたいです。そして、ぜひ私もまた出演させていただけたらうれしいです。

――高島さん演じる本庁捜査二課刑事・響子役については、どのようにとらえていますか?

途中でターニングポイントとなるような事態が起きるのですが、彼女は窮地に立たされてもめげないんです。牛尾刑事の熱意にも触れ、そこからさらなる“本気度”が芽生えて、型にはまった捜査から抜け出していく。その彼女の心境の変化をきちんととらえていきたいなと思っています。

――89歳になられた、名匠・池広一夫監督とのお仕事はいかがでしたか?

撮影中、監督が座っている姿を見たことがないんです。あまりにもお元気なので、年齢を気にしたことはなかったのですが、改めてお年を聞くとビックリして、こちらがひっくり返りそうになります(笑)。89歳の監督に比べると自分なんか“ひよっこ”もいいところ。ベテランになると誰からも教えてもらうことがなくなるので、多くの経験をしてきた“お父さん”的な監督とご一緒できるのは私の財産になりました。

――読者にメッセージをお願いします。

ものすごく優しいタッチで人生や社会についての問いかけが描かれていて、皆さんの心にじんわり染み渡っていくような作品です。“ドキドキワクワク”というよりはス―ッと世界に入っていただけると思いますので、ぜひ作品を味わっていただきたいなと思います。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む