1. トップ
  2. 劇団4ドル50セント・福島雪菜“わたおじ”で合コン・マウンティング女子を熱演!

劇団4ドル50セント・福島雪菜“わたおじ”で合コン・マウンティング女子を熱演!

  • 2019.1.24
  • 575 views
第3話で“合コンマウンティング女子”まゆこを演じる福島雪菜
(C)テレビ朝日

秋元康プロデュースの劇団4ドル50セントに所属する福島雪菜が、1月25日(金)放送の「私のおじさん〜WATAOJI〜」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)第3話に出演。ひかり(岡田結実)らが通う行きつけの居酒屋で、合コンに参加していた“合コンマウンティング女子”まゆこを演じる。

【写真を見る】劇団4ドル50セントで主要キャストを務める福島が“合コン女子”を熱演

女子力の高さを見せつけるまゆこは、その場にいた唯一の“当たり”イケメン商社マンを射止める、という設定。今回の役について、福島は「視聴者の方にも親近感を持って『こういう人いるわ〜』と思ってもらえたらうれしいです」と語った。さらに、まゆこは第2話ラストで登場し、全くの謎だった千葉(城田優)のキス相手であることも第3話で判明する。

共演した城田について、福島は「世間話をしたり、優しいお兄さんのような存在ですが、仕事に対するプロとしての姿勢を勉強させていただける、とても尊敬している先輩です」と感謝の言葉を述べた。

福島雪菜コメント

私が演じた“まゆこ”は、どこにでもいるような女性で、合コンに懸命なところなど女性目線で共感できる部分もたくさんありました。台本を頂いたときに、「自覚なく自分もこういうことしちゃってるかもな〜」と思いました。視聴者の方にも親近感を持って「こういう人いるわ〜」と思ってもらえたらうれしいです!

城田さんは、劇団員と現場で顔を合わせると大きな声であいさつしてくださったり、「みんなで写真撮ろう!」と言ってくださったり、世間話をしたり、優しいお兄さんのような存在ですが、仕事に対するプロとしての姿勢を勉強させていただける、とても尊敬している先輩です。

他の共演者の皆さんも、撮影前に昆布茶のおみくじなどをしながら優しく話の輪に入れてくださったので、人見知りせず楽しい雰囲気で撮影に臨めました! あとは小手(信也)さんの着ていた“練乳トレーナー”がかわいくて、ずっと気になっていました(笑)。

“わたおじ”は「人によって、こんなに考え方が違うんだな」とか「何かに一生懸命になるって格好良いな!」と、私自身も学ぶ事がたくさんある内容で、たくさんの方に勇気を与えられる、そんなすてきなドラマだと思います。ぜひ、たくさん笑って泣いて共感して下さい!

第3話あらすじ

「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」新春一発目の企画は、“まぼろしのタイ“を捕獲すべく旅ロケに決定する。「仕事で旅行に行けるなんて~」と大喜びするひかり(岡田結実)と妖精おじさん(遠藤憲一)をよそに、出渕(小手伸也)や九条(戸塚純貴)は苦い表情…。

実はヤッテミー恒例の“まぼろしシリーズ”とは、雪男、ツチノコ、など“見つかるはずのない生き物”ばかりを追いかける超過酷なロケだった。

出渕や九条はひかりに仕事を押しつけ、合コンに出かけてしまう。ひかりが仕事を終え、おじさんと共にいつもの居酒屋へ行くと、出渕たちの合コンと鉢合わせ。しかも、その相手の中には千葉(城田優)と濃厚キスを繰り広げていた女もいた。

そんな矢先、九条がインフルエンザでダウン。ひかりがADとしての業務を一手に担わなくてはならなくなる。しかも、ロケ先の離島に到着すると、今度はプロデューサーの泉(田辺誠一)がインフルエンザでダウン。

さらには、出渕と千葉が撮影の方針をめぐってけんかに。ひかりは九条から「出渕の方が先輩なのに、先に千葉がディレクターになってしまった」という衝撃的事実を聞く。

万年ADのデブチーフが、40歳過ぎてなお仕事を続ける理由とは?(ザテレビジョン)

元記事で読む