1. トップ
  2. 矢田亜希子が“ちょいワル男”向井理の恋人役に! 松本利夫ら「約束のステージ―」追加キャスト発表

矢田亜希子が“ちょいワル男”向井理の恋人役に! 松本利夫ら「約束のステージ―」追加キャスト発表

  • 2019.1.22
  • 426 views
津島浩一郎(向井理)の彼女・高原紅子を演じる矢田亜希子
(C)YTV

【写真を見る】翼の母親・小沢雪子を演じる石野真子

土屋太鳳と百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が初共演する、読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」(日本テレビ系)の放送日時が、2月22日(金)夜9時に決定。同時に追加キャストとして、矢田亜希子、松本利夫、佐伯大地、石黒賢、升毅、石野真子の出演が発表された。

本作は、「スター誕生!」(1971~1973年)に先駆け、1970年代に放送されていた読売テレビ制作の本格的オーディション番組「全日本歌謡選手権」がモチーフ。土屋と百田が演じる歌手になることを夢見る二人の奮闘と成長を描く。

二人の人生を動かす元歌手の“ちょいワル男”津島浩一郎役を向井理が演じることが発表されていたが、浩一郎の彼女である高原紅子役を矢田が務める。

また、翼(土屋)の母親・小沢雪子を石野、つばさ(百田)の父親だと名乗る田中竜次を升、浩一郎の前に現れるチンピラ・根津光男を松本がそれぞれ演じる。

ほか、読売テレビのAD・神谷俊介役は佐伯、「全日本歌謡選手権」を企画した同局の名物プロデューサー・北嶋光雄役は石黒に決まった。

本作で初共演を果たす土屋太鳳と百田夏菜子
(C)ytv

小沢翼(土屋太鳳)

歌が好きで歌手になる事を密かに夢みているが、どうせ無理だと諦めている20歳の女の子。苦労しながら働き続けているだけの母親を見ても、寂れた町を見ても、人生の夢や希望などがかなうなどとは思えない。そんなある日、ひょんな事から昭和50年(1975年)にタイムスリップ。そこで同じ年齢で同じ名前の、夢と希望に満ち溢れた少女・つばさと知り合い、運命が大きく変わる。

大空つばさ(百田夏菜子)

歌手を目指し、家出して上京する夢と希望に溢れた少女。元歌手・津島浩一郎に騙されて、翼と二人で売り飛ばされそうになるが、スナック「紅」で歌を歌ったことがきっかけで、その歌に惚れ込んだ浩一郎の協力により、自分の夢である「歌手への道」を目指すようになる。

高原紅子(矢田亜希子)

浩一郎の彼女。スナック「紅」を経営している。歌に挫折してやさぐれた浩一郎に、何度も裏切られながらも“出来の悪い弟”のように面倒を見ている。そして浩一郎が再び夢を取り戻すことを心から願っている。

根津光男(松本利夫)

チンピラ。浩一郎の前に現れる厄病神的存在。

神谷俊介(佐伯大地)

読売テレビのアシスタントディレクター。「全日本歌謡選手権」の予選で翼に出会い、片想いをする。純情で、熱く真っすぐな好青年。

北嶋光雄(石黒賢)

「全日本歌謡選手権」を企画した読売テレビの名物プロデューサー。誰にも物怖じしない豪快な人物で大御所先生の圧力にも屈せず、事務所からの裏金などの工作には激しく憤る。翼とつばさの才能を認めてはいるが、敢えて突き放す。

田中竜次(升毅)

つばさの父親だと名乗る人物。家出をしたつばさを探し出して連れ戻そうとする。

小沢雪子(石野真子)

翼の母親。夫を早くに亡くした後、東北の港町で食堂を営みながら、一人娘の翼を女手一つで育ててきた。翼の良き理解者ではあるものの、翼から夢も何もないつまらない人生だと言われショックを受ける。だが、翼がいつか理解してくれることを信じている。

津島浩一郎(向井理)

元歌手。しかし売れた曲は一曲だけで、やさぐれて多額の借金を負い、今ではチンピラの手下をしている。悪ぶっているが悪人になりきれない、ちょっぴり情けない男。「翼」と「つばさ」という二人の少女の歌の才能に気付き、温泉宿や吉原に売るよりも、歌手として育てた方が桁違いに儲かると方向転換する。つまり、最初の目的はあくまで金儲け。しかし、翼とつばさの二人と行動を共にするうちに、いつしかかつての自分の夢を重ねていくようになる。(ザテレビジョン)

元記事を読む