1. トップ
  2. ネイル
  3. “マグネットを使ってつくるネイル”が素敵♡

“マグネットを使ってつくるネイル”が素敵♡

  • 2019.1.22
  • 7940 views

マグネットを近づけると、表面の色が変化するマグネットネイル。どのようにマグネットを動かすのか、どのようなパーツをプラスするのか、どんな色を使うのかによって、多種多様なデザインを作ることができます。この記事では、個性派さんも満足できるマグネットネイルデザインをご紹介します。

手軽に本格的なアートを楽しめるマグネットネイル

「マグネットジェル」についてご存知ですか?

マグネットジェルとは、ジェルの中に鉄粉が入っているジェルネイルのことを言います。通常のジェルを使う場合と同じ要領でカラーリングをした後にマグネットを近づけると、鉄粉が動いて表面の色味が変化するのです。あとはジェルを硬化させてトップジェルを塗れば、素敵なマグネットネイルの完成です。

マグネットジェルを使えば、セルフでは難しいギャラクシーデザインやグラデーションデザインも、簡単に作ることができます。セルフネイラーさんとしては、ぜひ持っておきたいアイテムのひとつと言えるのではないでしょうか。

マグネットの動かし方を工夫してラインアートを楽しむ

マグネットネイルは、マグネットの動かし方によってさまざまなデザインを作ることができます。

例えば、マグネットジェルでカラーリングした後、マグネットを対角線上に動かして斜めのラインをアートするデザインはいかがでしょうか。ブラックやダークブルーのマグネットジェルを使ってこういったアートをすれば、まるでギャラクシーネイルのようなデザインに仕上げられますよ♪

爪の中央に幅広の斜めラインを1本アートしたり、爪の上下や左右に2本のラインをアートしたり…というように、マグネットの動かし方を工夫して色々なデザインにチャレンジしてみてくださいね!

マグネットネイルにアートをプラス♡

マグネットネイルはシンプルに仕上げるだけでなく、これにお好みのアートをプラスするのもおすすめです。

例えば、ベースをマグネットネイルにして、その上にレース柄をアートするデザインはいかがでしょうか。ジェルの中に入っている鉄粉が織りなす色の変化が上に描いたレース柄から透けて見える、幻想的なネイルが完成しますよ♪

他にも、マグネットネイルをベースデザインとした上にドット柄やストライプ柄を描いたり、ストーンやパールをプラスしたり、部分的にホログラムや金箔を埋め込んだり…というように、アイデア次第で色々なネイルデザインを作ることができます。



Itnail編集部

オリジナルサイトで読む