1. トップ
  2. グルメ
  3. 【1月22日はカレーの日】スパイスカレーの聖地で食べたカレーは、スパイス感がハンパない!

【1月22日はカレーの日】スパイスカレーの聖地で食べたカレーは、スパイス感がハンパない!

  • 2019.1.22
  • 1581 views

今回は、ミキカリーの「2019年初カレー」となったお店をレポートします!

場所はJR大阪駅から大阪環状線で1駅の福島駅。徒歩5分ほどで、外までスパイスのいい香りが漂う「スパイスカリー大陸」に到着!

undefined
出典:シティリビングWeb

ランチタイムをはずした15時ごろ店内に入ると、スーツケースを持っていたミキカリーは「チェックインですか?」と声をかけられました。実はこちら、「ゲストハウス由苑」に併設されているカレー屋なんです~。

undefined
出典:シティリビングWeb

「カレーでお願いします」と伝え、まず先にオーダーとお会計を済ませます。カレーメニューは基本的に3種類のカレーや副菜がワンプレートになった「大陸カレー」(950円)のみ(大盛りはプラス100円)。3種類のカレーはトマトチキンバター、スパイシーキーマ、ココナッツ豆カレーです。

※トマトチキンバターやスパイシーキーマが苦手な人は、ココナッツ豆カレーのみのプレートもあります(800円)

undefined
出典:シティリビングWeb

席についてしばらくすると、青いお皿に盛りつけられた芸術的なカレーがやってきました。さすがスパイスカレーの聖地・大阪です。スパイシーな香りと華やかな見た目、ハンパない!

undefined
出典:シティリビングWeb

種類豊富な副菜の中でも個性的なのが、エビせんべいとクスクス。

こちらの店主は世界各国を旅して、そこで出合ったおいしいものをプレートに乗せ、オリジナリティーあふれるオンリーワンなカレーを作っているんです。

undefined
出典:シティリビングWeb

まずひと口食べてみると…想像以上に辛い! ただ、辛いだけでなく、肉や豆、野菜のうま味とスパイスやハーブの爽やかな香りが渾然一体となって、後引くおいしさ。これはスプーンを持つ手が止まらないカレーです。あぁ、幸せ~。

undefined
出典:シティリビングWeb

築100年以上の町屋をフルリノベーションした、落ち着いた雰囲気の店内。もうちょっといたいと思い、コーヒーも注文することに。実は、こちらのゲストハウスには自家焙煎のコーヒーがいただける「芥川珈琲」も併設されているんです!

undefined
出典:シティリビングWeb

8種類あるコーヒーメニューの中からミキカリーが選んだのは、芥川珈琲自慢のオリジナルブレンド「芥川ゴールデン」。今までに飲んだことのない、香り豊かで個性あふれるコーヒーでした☆ なお、テイクアウト用のカップには、芥川龍之介のイラストが入ったおしゃれなスリーブがついているそうですよ~。

undefined
出典:シティリビングWeb

ごちそうさまでした。今度はゲストハウスにも泊まってみたいです♪

「スパイスカリー大陸(ゲストハウス由苑・芥川珈琲)」

■mikicurry tips

「スパイスカリー大陸」のカレーは、スリランカカレーのように全部“混ぜ混ぜ”して食べるとおいしさが倍増すると思うので、ぜひ試してみてくださいね。スパイス効果で、食後はしばらくおなかがポカポカでした!

■ミキカリー

undefined
出典:シティリビングWeb

(c)瀧波ユカリ

兵庫県神戸市出身。シティリビングWeb編集者&Curryブロガー。休日、夫に子どもを預けてカレーやさん巡りをするのが何よりの息抜き。

元記事で読む