1. トップ
  2. <いだてん>劇伴には即興演奏や中南米の要素も!大友良英「音楽もずっと走ってる」

<いだてん>劇伴には即興演奏や中南米の要素も!大友良英「音楽もずっと走ってる」

  • 2019.1.21
  • 190 views

中村勘九郎、阿部サダヲが主演を務める大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」がスタートした。

【写真を見る】第3回では、四三が上京。そこで流れる音楽とは…?

宮藤官九郎が脚本を務める本作は、1912年に日本で初めてオリンピックに出場した金栗四三(勘九郎)と、1964年の東京オリンピック招致に奔走した田畑政治(阿部)の2人の主人公をリレー形式で描く。

1月20日に第3回「冒険世界」が放送されたばかりだが、すでに大きな注目を集めている本作で、音楽を担当しているのは連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)などで知られる大友良英氏。

躍動感にあふれるオープニングテーマや、さまざまな楽器が使用された劇中音楽の制作経緯などを大友氏に聞いた。

【写真を見る】第3回では、四三が上京。そこで流れる音楽とは…?
(C)NHK

大河ドラマと“朝ドラ”の違いって?

――オープニングテーマはどのように作っていったんでしょうか?

打ち合わせがあったのが、2017年の夏なので、1年くらいかかりましたね。

ドラマの話を聞いていくうちに、「これはありえないくらい人がいっぱい出て来るぞ」と思いました。「あまちゃん」のときは、狭い範囲の中でごちゃごちゃと人がいる感じでしたが、今回は世界規模で人がいっぱい出てくるだろうと。もう素朴に、まずは人がたくさんいて、かつ痛快な音楽を作ろうと思いました。

大河ドラマと連続テレビ小説の違うところは、規模感です。朝ドラの時は、起こっているものごとの中に入って音楽を作っていった感じなんです。でも、ちょっと引いた視点から地球儀を見るみたいな感じで作るのが“大河っぽい”のかなと、今までの大河を見て思ったんですよね。

でも「“大河っぽい”だけではなく、“俺っぽく”するにはどうしたらいいだろう」と考えて、ものすごく人がいるんだけど、ちゃんと一人一人の個性は出せるようにと考えていきました。

もう一つの要素は、前半はずっと走っているドラマだということ。だから、音楽もずっと走っていようと思いました。

途中でゆったりすることなく、ずっとジャンジャカジャンジャカジャンジャカってやってる感じです。

実際の東京オリンピックの会場を見たわけじゃないですが、でも映像に残ってるあの独特の大観衆のイメージにラストをもっていければって思いました。

――確かに、聞いたときにものすごくいろんな音がしました。

すごい数だと思いますよ。1つのマイクに1トラックあるんですけども、最大でそれが700トラックくらいあったみたい。エンジニアの人に「ちゃんと数えてください」って言ったら、「嫌だ」って返されたくらい多い(笑)。

競うわけじゃないですけど、大河史上最大のトラック数なんじゃないでしょうか。

N響(NHK交響楽団)の演奏だけではなく、いろんな顔の方をいれたかったんです。

クラシック、ポップスの方、リズムをやってる方、それにアマチュアのスタッフまで、スタジオにいた全員に「とにかく大きい声で歌ってください」ってリクエストしました。僕の声も入っています。最終的には何人の声が入っているのか分からないくらい(笑)。

それぞれがちゃんと活きているような、N響だけでは決してできないし、アマチュアだけでもできない音楽にしたかったんです。

音楽的な構成としては、最初にファンファーレがあって、その後にギターと鼓。最初は人数が少ないんです。ギターとドラムと鼓とベースの4~5人くらいなんですけど、そこから最後は、のべ300人以上の人が入ってくるという。ばかばかしいくらい人が増えていく構成です。だから、グラフでいうと右肩上がりの高度成長期みたいな感じですね。

――鼓の音も印象的ですね。

今回、プロの鼓奏者の方と、いつもはパーカッションをやってる鼓では素人の方に叩いてもらって、両方混ぜてるんです。

わざと2つ置くようにしています。テーマでもN響とアマチュアの方が混在してますから。

第2回では、四三が熊本で過ごした少年時代が描かれた
(C)NHK

書いているうちにどんどん増えちゃって…(笑)

――劇中の音楽はどのようなプランで作っていったんですか?

全体の音楽は、実はもう158曲くらい録音しています。

最初、監督のオーダーでは68曲だったんですけど、書いているうちにどんどん増えちゃって…(笑)。とはいえ、金栗さんが主人公になる前半分しかまだ分からないので、全体像は見えていません。

僕、曲を書くのが早いんです。すごい勢いで書き飛ばしている譜面をもとに、現場でミュージシャンたちとしゃべりながら即興混じりで膨らませていく感じなので、譜面自体は早いけど、現場では結構手間をかけてますよ。そのあたりが、従来とは違う劇伴になっているのかなと思います。

――音楽を作る中で、インスピレーションを受けた風景や場所はありますか?

2017年の夏ごろに、金栗さんの生家がある熊本に行ったんです。予想以上に山の中で、緑が勢いがすごくて「東南アジアみたいだな」と思いました。

“田舎の風景”っていうと、ついついのどかな音楽をイメージしがちですけど、「全然のどかじゃなくて、ワイルドに作ろう」と思ったんです。100年前の金栗さんの家の周りは、きっともっと緑が多かっただろうから、相当“ワイルド”な感じで作ってもいいんじゃないかなという印象を受けました。

それから都内を歩きました。いろいろ資料を読んだ上で、金栗さんが行った学校とか、古今亭志ん生がいた辺りとか巡って。「昔はここがこれだったんだ」とかが分かって楽しかったんですけど、東京にはあんまり痕跡がなかったですね。なので、写真や現場の地形からイメージを膨らませていきました。

今回キーワードになっているのは“痛快”ですね。演出の井上剛さんが、「痛快にいきたい!」って何度も言ってきたんです。井上さんと話していると、「痛快ね痛快。痛快痛快痛快」って5回くらい言ってきて、それに僕が「分かった、分かった、分かった…」って返しながら、進めていく感じかな(笑)。

あと、僕は世界中いろんなところに行っているのが強みなので、今回はそのストックをいっぱい使えるぞって思いました。

制作当時、ちょうど中南米を1カ月半旅していたので、その要素はすごく入ってます。中南米って基本的に巨大な人数でアンサンブルするところが多くて面白いんですよ。特にブラジルは、何百人規模で演奏する。実際にそれを見て、本当に「痛快」って思いました。

ブラジルの今のサンバは、ちょっとアスリートっぽくて、ものすごく筋肉質で音量も大きくて速い。それが、今のオリンピックに近いなって思ったんです。でも、このドラマで扱うオリンピックとはちょっと違うなと。それに、今回のドラマは、オリンピックに出るアスリートだけじゃなくて、飲んだくれて博打売ったりしてる、ダメな志ん生の話も並走している。だから、その両方の要素が入れるように作りました。

南米に行ったときに、そのことがすごく鮮やかに見えてきましたね。

――オープニングは「大きな規模の音楽」などのテーマがありましたが、劇伴はどんな音楽になっているのでしょうか。

やっぱり山のように人がいますよ(笑)。

「大友良英 スペシャル ビッグバンド」のメンバーと、僕が長年一緒にやっている打楽器奏者の芳垣安洋さんがやっている「Orquesta Nudge! Nudge!」というグループ、そしてN響の三本柱で録音していきましたね。N響のアレンジには、江藤直子さんに活躍してもらってます。それ以外にも、和楽器の三味線、和太鼓、鼓の方々も来てもらいました。

あと、もう一つ変わっているとこでは、ブラジルでいっぱい録音してきた打楽器奏者たちの音源もあるので、それもずいぶんと散りばめてます。

中南米に行ったときに仲良くなったアルゼンチンのトップパーカッション奏者のサンチャゴ・バスケスにも日本に来てもらって、一緒に即興演奏したトラックもいっぱい使われてますよ。(ザテレビジョン)

元記事を読む