大泉洋 “北海道映画”第3弾の撮影は「合宿状態でした(笑)」

大泉洋が主演を務める映画「そらのレストラン」が1月25日(金)に公開される。同作は、北海道のせたな町を舞台に、酪農と理想のチーズ作りに奮闘する主人公と仲間たちの友情を描いた人間ドラマだ。

【写真を見る】映画の共演者とは“サウナ”で親交!?

1月25日(金)公開の映画「そらのレストラン」に主演する大泉洋
撮影=菅慎一

地域と人と食をテーマにした「しあわせのパン」(2012年)、「ぶどうのなみだ」(2014年)に続く、“北海道映画”シリーズの第3弾でもある。その全作で主演を務め、「北海道は自分のホームグランド」と話す大泉に、この映画の魅力とせたな町で行われた撮影の裏話を聞いた。

――大泉さんが演じられた亘理(わたる)は、父親から牧場を引き継いだ酪農家であり、この地でしか食べられないチーズを作ることを目指していますが、共感する部分はありましたか?

今回の映画で描かれているのは仲間との友情で、前2作よりも王道でストレートな物語になっていると思います。なので、亘理は感情移入のしやすい役だったと思います。

――亘理が営んでいる海の見える牧場をはじめ、せたな町のロケーションが素晴らしかったですね。

僕も今回のロケで初めてせたな町を訪れたのですが、行ってみたら台本に書いてある通りの場所だったので驚きました。

役者というのは、自分でいろんなことを想像して演じるわけですけど、僕の場合は事前に考えるというよりは、実際にその場所に行ってからイメージすることが多いんです。今回もせたな町を訪れたときに最終的なキャラクターが見えてきて、ここで生きている人の話なんだと実感しました。

「マキタ(スポーツ)さんとか岡田(将生)君はめちゃくちゃサウナが好きなんです」
撮影=菅慎一

――せたな町は、北海道民の間では知られた場所なのでしょうか?

“せたな漁火まつり”というお祭りがあって、そういうときにはたくさん人がくるんでしょうけど、道民でも行ったことがある人は少ないかもしれませんね。実際、僕もこの映画の撮影で初めて行きましたし。

――せたな町でのロケ撮影中は、どのような日々を過ごされていたのでしょうか?

合宿状態でしたね(笑)。でも、僕が温泉がついているホテルに泊めさせてもらっていたので、毎日温泉に入ることができて、とても贅沢な時間でした。今回はそんなナイトシーンの撮影もなかったし、共演者のみなさんと一緒に食事に行くこともできたし、楽しかったという印象しかないですね。

――せたな町の仲間を演じられた岡田将生さん、マキタスポーツさん、高橋努さん、石崎ひゅーいさんが男同士でわいわいしているシーンは、とても楽しそうで、アドリブなんじゃないかと思うぐらい自然でした。

僕たちががっつり映っているところはセリフなんですけど、それ以外は好き勝手にしゃべってました。みんなステキな人たちだったから、カメラが回っていないところでもずっと笑ってましたね。

北海道映画シリーズ第三弾となる「そらのレストラン」は1月25日(金)公開
(C)2018『そらのレストラン』製作委員会

――前2作は「繕い裁つ人」(2014年)などの三島有紀子さんが監督を務められていましたが、今回は「神様のカルテ」シリーズで知られる深川栄洋監督に変わりました。深川監督とは「半分の月がのぼる空」(2009年)でも組まれていますが、深川監督の印象は?

役者を乗せるのがうまい監督ですね。例えば、撮影に入る前に監督がシーンの説明をしてくれるんですけど、そのときに亘理がどういう気持ちでいるのかを語るのが実に巧み。

それを聞いてから本番に入ると、すごく芝居がしやすいんですよね。本当にステキな監督だと思います。

――前2作の三島監督からは「大泉さんをカッコよく撮りたいから、太らないでください」と言われたそうですが、今回はそういった注文はあったのでしょうか?

確かに三島監督のときは「太らないでください」「昨日、お酒を飲みましたね?」と言われてました。でも、今回はそんなことは一切なかったです。まあ、もともと僕をカッコよく撮ろうとか、かわいく撮ろうという気持ちもないんでしょうけど(笑)。だから、ついつい飲み過ぎた日もありました。でも、最後には必ず温泉に入れたから、そんなに顔がむくまずにすみましたけど(笑)。

あと、この映画の共演者には“サウナー”が多くて、マキタさんとか岡田君はめちゃくちゃサウナが好きなんです。その岡田君に勧められて、初めて水風呂に入りましたんですけど、これが案外よくて。これまでは水風呂なんて怖くて入れないと思っていたけど、すっかりハマってしまいました(笑)。

北海道・せたな町での撮影は「合宿状態でしたね(笑)」
撮影=菅慎一

――劇中に出てくるおいしそうな料理もこの映画の魅力だと思います。印象に残っているものはありますか?

どれも本当においしかったです。でも、一番印象に残っているのは、この映画のモデルになっている自然派農民ユニット“やまの会”の方が出してくださったチーズフォンデュですね。すごく大きなチーズをガリガリと削ってくださったり、チーズをトマトジュースでのばしたものだったり、すごく贅沢でめちゃくちゃおいしかったです。

あと、当初は制作部が「田舎なので、何もありません」と言っていたので、何も期待してなかったんですけど、行ってみたらどこのお店も本当においしかった。せたなの海苔がまたおいしくて、みんなで行った居酒屋で最後に食べたおにぎりは忘れられません。本当にせたな町は素晴らしいところでした。

――北海道は大泉さんの地元であり、今も北海道でレギュラー番組を持たれたりしていますが、やはり北海道が舞台になった作品だと気持ち的に違いますか?

やっぱり気持ちがひとつ乗っちゃいますよね。僕の中で北海道を応援したいという思いはずっとありますから。特に昨年は震災がありましたし、それこそ酪農の人たちは停電で牛乳を捨てないといけなかったり、被害が大きかったですからね。

だから、少しでも役に立てたらいいなと思うし、この映画を見て北海道に遊びに来てくれる人が増えればうれしいなと思います。

おおいずみ・よう=1973年4月3日生まれ、北海道出身。B型。演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバー。公開中の映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」など主演作多数(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理