1. トップ
  2. 東野幸治、趣味の登山は「医者と弁護士がトライアスロンする感覚」

東野幸治、趣味の登山は「医者と弁護士がトライアスロンする感覚」

  • 2019.1.18
  • 2049 views
東野幸治、天津・木村がガチで登山に挑むドキュメントバラエティー
KADOKAWA

【写真を見る】東野が登山に目覚めた理由は「富士山を登れなかったこと」

東野幸治が自身のインスタグラムでもたびたび投稿するほどハマっている趣味の登山を本気で行うドキュメントバラエティー「PEAK HUNT 東野登山隊」(dTVチャンネル内のひかりTVチャンネル+にて1月20日から配信)。同番組では、東野が天津木村、ディレクター・椎葉とともに、「あえて道なき道を進む」「水や食料は極力現地調達」という独自のルールを課しながら山頂を目指していく。今年中には、登山家の憧れとなる八ヶ岳最高峰「赤岳」に、来年には世界の山へと挑戦していく予定だ。東野、山登りにおいては東野の先輩という木村、椎葉Dが登山の魅力を語り合った。

芸人としては先輩の東野も、山登りでは木村の後輩に
KADOKAWA

「どこの山を攻めたいというより、地球を登りたい!」

椎葉D「お二人は今後どんな山に登っていきたいんですか?」

東野「これは僕が言う前に、まず山の師匠に…。どんな山登っていきたい?」

木村「まあまあ、そうですね。できたらなだらかな山を登りたいかなと思います」

東野「あー、そう。なんか希望が小さいですね。大丈夫ですか?」

木村「いや、なだらかに4日くらいずっーと登り続ける山です。急な岩場とか、『高さがあって怖い』とかはもういいかなと僕は思っていますけど…」

木村は、「できればなだらかな山を登りたい」と弱気の発言
KADOKAWA

東野「僕は、国内だったら、今は基本的に、関東の山を登っているんで、関西と四国とか九州とか北海道の、登山中も飽きさせない景色のある山を登っていきたいですね。そんで、後々には世界中の山、ヨーロッパ、特にスイスとか、アフリカ、アジアのど真ん中のところも攻めてみたいと思っていますので。どこってわけじゃないですけど、とにかく地球、地球を登りたいです」

木村「かっこいいですね、地球を登りたい(笑)」

「地球を登りたい!」と真剣なまなざしで山頂を目指す
KADOKAWA

富士山でのリタイアからハマった登山道。

椎葉D「何でそんなに山が好きなんですか?」

東野「3年ほど前に、『ちょっと走ったりするとしんどいな』とかあって、なんとなく成人病というか、なんとなく運動せなあかんっていうのに直面して…。そんときに出会ったんが登山。テニスしたりとかバスケットしたりとかして、じん帯が切れたとかひざがおかしくなったとか、そんな話、よう聞くんです。だから、そうじゃないスポーツと考えたときに、ゴルフか登山だったんですけど、ゴルフはしてるんで、1回、登山やってみようかって思ったのがきっかけですかね。そんで、富士山登って、5合目から出発して6合目でリタイアしたんですよ。そっからですね。富士山目指してちょっとずつ登っていこうって。それがだんだん楽しくなってきて、今は2カ月に1度くらいプライベートで登っているって感じですね」

【写真を見る】東野が登山に目覚めた理由は「富士山を登れなかったこと」
KADOKAWA

感じ悪い言い方をすると「医者と弁護士がトライアスロンするみたいな(笑)」

ときに過酷な山登りのさなか、休憩中に談笑
KADOKAWA

椎葉D「やっててしんどいじゃないですか?」

東野「しんどいです」

椎葉D「なんで好きなんですか?」

東野「たぶん20代に(登山に)出会ってたらしなかったと思うし、30代でもどうかな…。だんだんと年齢重ねてきたときに、普段の仕事とかプライベートでもしんどいことがないじゃないですか? ないんですよ。やっぱり登山のときだけ、ちょっとつらい思いしてんのが心地いいというか。まあまあ、感じ悪いですけど、医者と弁護士がトライアスロンするみたいな(笑)」

木村「あのー、あるから。財力とか(笑)」

東野は、登山で「ちょっとつらい思いするのが心地いい」という
KADOKAWA

東野「自分で仕事頑張って、生活のメドもたって、金銭的に生活できるなってときに、何か刺激がほしいんですよ。そこで僕は登山を求めていったってことだと思うんです」

木村「そんな感覚でやってはったんですね? 普段ない刺激を求めに…みたいなことですか?」

東野「そうですね。なおかつ、仕事場やったら、先輩(東野)後輩(木村)ですけど、山やったらこっち(木村)の方が先輩やから、先輩後輩が入れ替わるのもまたいいというか、なんか楽しいんです」

椎葉D「今、一緒に登らしてもらっていると、最初ゆったりした登山道が、沢だ、岩登りだと、どんどんきつくなっていくじゃないですか? そういうのが楽しいんですか?」

東野「楽しいです。ぜひぜひ見てほしいというか。不思議なんですけど、景色見てもいいなと思ったりとか、なんかそういう童心に戻るというか。岩登っていったりとか、沢で濡れたり、川遊びしてる昔を思い出したりとか、そういうのも楽しいんです」

登頂したときの達成感はひとしお
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事で読む