1. トップ
  2. グルメ
  3. 大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019」代々木公園に全国の魚介料理約130種が集結

大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019」代々木公園に全国の魚介料理約130種が集結

  • 2019.1.17
  • 5085 views

大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019」代々木公園に全国の魚介料理約130種が集結

大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019(SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2019)」が、2019年3月1日(金)から3日(日)までの3日間、代々木公園で開催される。

undefined
www.fashion-press.net

「魚ジャパンフェス」は、毎年11月に日比谷公園で開催されている日本最大級の魚介料理イベント「ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル」のスピンオフイベント。3エリア・約65のブースに約130種のメニューを取り揃えて来場者を迎える。

SAKANAエリア

「SAKANAエリア」では、その名の通り魚介にこだわったメニューを厳選。宮城県「マルショウ」の贅沢な「あんこう肝鍋」をはじめ、濃厚な甘みのウニを使用した「うにコロッケ」、新鮮な水揚げしらすをたっぷり乗せた「絶品!しらす丼」などを展開する。

なかでも目を惹く「北海5種盛海鮮丼」は、イクラ、ウニ、サケ、カニ、ホタテの5種類をごはんの上に敷き詰めた、北海道の海の幸を満喫できる人気メニューとなっている。

ご当地JAPANエリア

2つ目のエリアは、魚介料理にこだわらず、日本各地の郷土料理や名産品にフォーカスする「ご当地JAPANエリア」。同エリアでは、お肉料理も豊富にそろっており、青森県の「旬鮮肴処 なじみ」からは、独自のタレに付け込んでじっくり燻製にした「合鴨ロース串」を提供。また、青森県弘前市岩木山の麓の嶽地方で収穫された、糖度18度以上のとうもろこし「嶽(だけ)きみ」を天ぷらにした「嶽きみ天ぷら」も販売する。

福島を食べようエリア

3つ目のエリアは、福島復興応援エリアとなる「福島を食べようエリア」だ。ここでは魚介やお酒を豊富にラインナップ。ウニの身をハマグリの殻に盛り、蒸し焼きにした「うに貝焼き」、サンマ船上で生まれたと言われる漁師飯「さんまのポーポー焼き」など福島の郷土料理でおもてなしする。

また、魚介以外も展開しており、国産豚肉を秘伝のタレで焼き上げた「秘伝のタレ 豚皿」は、濃厚な甘辛タレをまとった肉厚な豚肉の旨味を存分に楽しめる一品だ。

【詳細】
第1回 魚ジャパンフェス2019(SAKANA& JAPAN FESTIVAL 2019)
開催期間:2019年3月1日(金)~3日(日)
開催時間:1日 11:00~21:00/2日 10:00~21:00/3日 10:00~18:00
会場:代々木公園 イベント広場
住所:東京都渋谷区代々木神南2-3
入場料:無料
購入方法:商品購入チケット(現地発売)または電子マネ
※払い戻しは不可
※会場内チャージは不可

オリジナルサイトで読む