鈴木拡樹「刀剣乱舞」との出会いがもたらした変化。“2.5次元”トップランナーは努力の塊

鈴木拡樹、転機となった「刀剣乱舞」。三日月宗近と出会って…
KADOKAWA

【写真を見る】刀剣男士がスクリーンに登場!

ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の初の実写映画『映画刀剣乱舞』(1月18日公開)が登場。2.5次元舞台のトップランナーとしてカリスマ的な人気を誇る鈴木拡樹が、舞台版に引き続き主要キャラクターの三日月宗近役を演じる。いまや2.5次元の世界だけでなく、劇団☆新感線の「髑髏城の七人」、稲垣吾郎がベートーヴェンに扮した「No.9-不滅の旋律-」ほか様々な舞台で確かな存在感を発揮するなど、大躍進を遂げている鈴木。役柄ごとにまったく違う表情を見せる演技力、華麗な殺陣など、彼の“武器”は多いように感じるが、意外にも鈴木自身は「不器用さが武器」と笑う。「不器用だと自覚しているからこそ、努力する」というストイックな素顔。「転機となった作品」と語る「刀剣乱舞」の三日月宗近との出会いがもたらしたものについて、想いを明かしてもらった。

ファンの愛を支えに奮闘

『映画刀剣乱舞』は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を発端に、アニメやミュージカル、舞台など数々のメディアミックスを成功させた大人気コンテンツの初めての実写化作品。

鈴木は16年の舞台版スタート時から三日月宗近役を演じているが、「映画版に出られるとは思っていませんでした。キャスティングしていただいて、ものすごくうれしかったです」と大喜び。「刀剣乱舞」というコンテンツが大人気となっており、「舞台初日にも、ゲームのリリース直後からファンになった方たちの熱意や愛をすごく感じました。だからこそ、ほかのメンバーとも『ファンの方々の気持ちを裏切りたくないね』という話をしながら、いつも稽古をしていました」とファンの愛に支えられながら、作品に臨んでいるという。

美しい!三日月宗近の殺陣にも注目
[C]2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 [C]2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

「三日月宗近は“月”」三日月との出会いで得たものとは?

鈴木にとって三日月宗近は長く演じるキャラクターとなったが、演じる上ではキャラクターの個性を殺陣でも表現することになる。「戦っている時には、“鋼(はがね)っぽさ”を表現できたらいいなと思っています。いつもにこやかな三日月宗近ですが、鋭さや冷たさを感じてもらえる瞬間になればと。“舞うように”というのも、一つのテーマ。袖が揺れて美しく見えるのは、エンタテインメントとしても、見ていて楽しいと思います」と、たっぷりこだわりが詰め込まれている。

さらに「三日月宗近から、たくさんの刺激を受けた」と告白。「どこか裏がありそうで、探りたくなる。なにかあるんじゃないかなとロマンを抱かせるようなキャラクターで、“月”に似ているなと思うんです。月を見ると“きれいだな”と思うと同時に、“裏側はどうなっているんだろう”と感じたりしますよね。そういった興味を持たせるところが同じで、まさに三日月という名前通りのキャラクターだと思います」と分析する。

「三日月宗近を通して、“知りたい”と思わせることは、魅力につながるものなんだなと思った。すべてを説明するのではなく、想像させる余地がおもしろかったり、演じる上でも醍醐味になったりするものだと感じたんです」と役者としても、大きな気づきを得た。そういった意味でも「転機となった作品」だそうで、「16年の舞台から座長としてやらせていただき、“シリーズものを盛り上げていくにはどうしたらいいのか”と深く考えることができました。一緒にやってきたメンバーたちの支えも感じながら、続けてこられた作品。孤軍奮闘では、絶対にここまで来られなかった。みんなへの感謝する気持ちをたくさん実感した作品です」と熱く語る。

2.5次元の世界だけでなく、舞台、アニメ声優など大活躍!
KADOKAWA

“不器用さ”が武器!憧れの先輩も告白

数々の舞台をはじめ、WOWOWのオリジナル番組「2.5次元男子推しTV」ではMCを担当、1月にスタートしたテレビアニメ「どろろ」では主人公・百鬼丸の声優にチャレンジするなど、近年の躍進ぶりには目を見張るばかり。「18年は挑戦の年でした。やったことのないことに数多く挑戦したので、テンパることも追い込まれることも多かったですね」とニッコリ。「得意ではない分野にも挑んでいった」といい、攻めの姿勢に出たことで「改めて、演劇をやり始めたころを振り返ることができました」と原点回帰も。

「僕がいまでもこのお仕事を続けていられる最大の理由は、“不器用だから”ということなんです。不器用だからこそ頑張ってこれたし、乗り越えたいという気持ちも生まれた。だからこそ、努力し続ける。僕は“できなかった時”を覚えておくことは、すごく大事だと思っていて。失敗の数で言ったら、同じ世代の役者のなかでもダントツだと思います(笑)。多く失敗させてもらったからこそ、それが強みにもなっていると思います」とブレイク俳優の素顔は、努力の塊だ。

今後の野望を聞いてみると「いろいろなジャンルの作品に出させていただきたいです。そこで受ける刺激は、のちにつながっていくもの」と吐露。「いま33歳になって、“40代はどうなるんだろう?”と目を向けている時期です。40代の先輩を見て“いいな”と憧れている自分が、この先に後輩たちに憧れられるような先輩になることができるのか。そのころには、2.5次元ももっと確立されて、“日本の文化だ”と誇れるものになっているでしょうね」と未来を見つめるが、どんな先輩に憧れているのだろうか?

すると、本作で織田信長役を演じた山本耕史の名前をあげた鈴木。「本当によくしていただいています。本作ではないんですが、お芝居で僕が悩んでいた時に、山本さんがお食事に連れて行ってくださって。『角度を変えて考えてみたら?』など、自分だけでは解決できなかったポイントを教えてくださいました。こんなに親身になってくれる先輩がいるんだと思うと、とてもうれしくて。出会いに感謝です」。努力家で謙虚な姿に触れ、鈴木拡樹のこれからがますます楽しみになった。

40代はどうなるんだろう?これからの活躍がますます楽しみ!
KADOKAWA

(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

元記事を読む
提供元: Movie Walkerの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。