北川景子主演「家売るオンナの逆襲」キャラ紹介&前作を振り返り!<放送直前特別企画>

「家売るオンナの逆襲」は1月9日(水)スタート!
(C)NTV

【写真を見る】松田翔太に胸キュンする千葉雄大。この思いは尊敬?それとも…

1月9日(水)にスタートする北川景子主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(毎週水曜夜10:00-11:00※初回は10分拡大、日本テレビ系)。放送を前にカウントダウン企画を実施。ここでは登場人物紹介と、北川景子演じる三軒家万智の過去をおさらいする。

1月9日(水)にスタートする「家売るオンナの逆襲」第1話より。北川景子と工藤阿須加のやりとりは前作から人気のシーン
(C)NTV

本作は2016年夏に連続ドラマ、2017年5月にはSPドラマで放送された「家売るオンナ」シリーズの続編で、北川景子演じる“伝説の不動産営業ウーマン”三軒家万智が、顧客の問題を解決しながら、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。

前作を見ていた人も、今回が初見の人も、登場人物のキャラクターをチェックしておこう。

三軒家万智(北川景子)

ドラマの主人公。天才的な発想と破天荒な行動力で、常に家を売りまくる。クールな表情と機械的な行動、そして忖度(そんたく)や事なかれ主義を一切許さないキレキレの発言で、最初は煙たがっていた同僚や顧客も万智に魅了されていく。

第1期のラストで当時課長だった屋代大(仲村トオル)と東京・新宿のテーコー不動産を退職。海の見える街で「サンチー不動産」(※サンチーは三軒家チーフの愛称)を立ち上げた。SPドラマのラストで、屋代に逆プロポーズし、現在は夫婦になっている。

「―逆襲」では、海の見える街の物件を全て売り尽くし、屋代とテーコー不動産に復帰するところから始まる。

三軒家万智役の北川景子
(C)NTV

留守堂謙治(松田翔太)

「―逆襲」で初登場する謎のフリーランスの不動産営業マン。組織に属さない美しき不動産貴公子。万智とは違った天才的アプローチで、たびたび万智の前に現れ、仕事に恋に嵐を巻き起こすキーパーソン。

完璧なのにちょっとドジな一面があるのも愛されポイント。趣味はフェンシング。

留守堂謙治役の松田翔太
(C)NTV

庭野聖司(工藤阿須加)

テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の営業マン。誰もが認める「サンチーの犬」。万智の営業手腕に絶大な信頼と尊敬の念を抱き、美しき万智に好意も抱いていたが、屋代の恋を応援した心優しき一面も。

誰よりも万智の営業を見ているはずだが、営業力はあまり向上していないようで…。

1月9日(水)放送の「家売るオンナの逆襲」第1話より
(C)NTV

白洲美加(イモトアヤコ)

元テーコー不動産新宿営業所営業。社内外問わず、すぐにサボる癖があり、万智にどれだけ怒鳴られても1件も成約せず退職したことはある意味伝説。宅間剛太(本多力)と社内結婚し、2児の母となったが現在はなぜかシングルマザー。珠城こころ(臼田あさ美)のバー「ちちんぷいぷい」でバイトをしている。「―逆襲」でも、万智にこき使われまくる。

なお、2016年の「家売るオンナ」で第90回ドラマアカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

白洲美加役のイモトアヤコ
(C)NTV

八戸大輔(鈴木裕樹)

テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の営業マン。中国語をマスターし、中国人客を中心に成約を重ねる。

万智の「中国人は8という数字を大事にしている」という助言で名刺には「八戸八男」の名を入れたことも。

宅間剛太(本多力)

テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の営業マンで美加の元夫。

家事や育児もサボってしまう美加に代わり、仕事よりも家庭でフル稼働していたが、現在は離婚。

宅間剛太役の本多力
(C)NTV

鍵村洋一(草川拓弥)

SPドラマから仲間入りしたテーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の営業マン。生意気でやる気もあまりない今どきの若者だが、そんな鍵村も万智の号令「GO!」には体が動いてしまう。

今どきの若者社員・鍵村洋一役の草川拓弥
(C)NTV

床嶋ゆかり(長井短)

「―逆襲」から加わったテーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課のデスク。若者言葉を多様し、彼女もまた、やる気はあまりない。初対面となる万智にどう向き合うのか注目。

床嶋ゆかり役の長井短
(C)NTV

足立聡(千葉雄大)

テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の営業チーフ。甘いルックスを武器に万智に次ぐ営業成績を誇る。美加には冷徹な態度を取ったり、自分よりも圧倒的に家を売る万智に敵対心を持つなど、実は王子様ではない一面も。

第1期では何度も「家を売る」ことの壁にぶち当たり、万智を恨むこともあったが、万智のぶれない営業根性に救われた人物でもある。

「―逆襲」では、趣味のフェンシングで出会った留守堂を慕うようになるが、その感情が尊敬なのか恋なのかは本人も分からない。

【写真を見る】松田翔太に胸キュンする千葉雄大。この思いは尊敬?それとも…
(C)NTV

珠城こころ(臼田あさ美)

テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の男性陣を癒やすバー「ちちんぷいぷい」のママ。第1期では、店の立ち退きのピンチを万智に救ってもらった。

珠城こころ役の臼田あさ美
(C)NTV

布施誠(梶原善)

テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の元課長で現在は契約社員。万智と屋代の復帰直前に定年を迎える。それまでは万智と屋代不在の課を課長としてゆるく守ってきた。

床嶋ゆかり(長井短)が「家売るオンナ」シリーズ初参戦!
(C)NTV

屋代大(仲村トオル)

テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の課長で万智の夫。とにかく家を売ろうとする万智とは対照的にチームの和やコンプライアンスを重視する。実は万智がテーコー不動産にやってくる前に、万智に営業で勝ったことがあった唯一の男。

サンチー不動産時代も課長で、社長は万智が務めていた。「―逆襲」では、初めて妻・万智との関係が描かれる。

屋代大(仲村トオル)がテーコー不動産に帰ってキター!
(C)NTV

三軒家万智の過去、家を売る理由とは?

1月9日(水)放送の「家売るオンナの逆襲」第1話より
(C)NTV

なぜ万智は来る日も来る日も家を売り続けているのか。第1期では庭野と美加にその過去を明かすシーンが描かれた。

万智が高校2年生の梅雨時、1週間公園でホームレス生活を送った過去があったのだ。両親を亡くし、自宅を売っても莫大な借金が残り、かばってくれる人も引き取ってくれる人もいなかった。肺炎で倒れて保護されるまでの1週間を公園で生活。その後施設に入れられたがそこも飛び出し、朝も昼も夜も働いて借金を返済したという。

1月9日(水)放送の「家売るオンナの逆襲」第1話より
(C)NTV

当時について万智は「たった1週間だけど、3年にも感じられるくらい長かったし、つらかった。何があってもあのとき以上につらいことはないと思う」「育った家を追い出されるときのことは、私は今も夢に見る」と振り返り、「私は今も過去に縛られている。家を追われた過去から解放されない。だから今も家を売っている。家を失った時、心に空いた大きな穴を埋めるために私は家を売り続けている。いくら売っても穴は埋まらない」と明かし、視聴者に大きな衝撃を与えた。

いよいよ今夜スタート!

1月9日(水)放送の「家売るオンナの逆襲」第1話より
(C)NTV

「家売るオンナの逆襲」は日本テレビ系で1月9日(水)にスタート。初回は10分拡大で10:00-11:10放送。個性豊かなキャラクターがどう混じり合うのか、第1話から見逃せない。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理