1. トップ
  2. 横浜流星、壁ドンに代わる“胸キュンの代名詞”開拓に意欲!中村倫也「愛の伝道師だね」

横浜流星、壁ドンに代わる“胸キュンの代名詞”開拓に意欲!中村倫也「愛の伝道師だね」

  • 2019.1.9
  • 470 views
【写真を見る】横浜流星の肩に手を置く中村倫也。すっかり仲良し♪
撮影=龍田浩之

【写真を見る】横浜流星の肩に手を置く中村倫也。すっかり仲良し♪

深田恭子主演の新ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)の第1話完成披露試写会が1月8日に行われ、主演の深田、そして深田と恋の四角関係を演じる横浜流星、永山絢斗、中村倫也が顔をそろえた。

「初めて恋をした日に読む話」は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子がタイプの違う3人の男性からアプローチされるという“ラッキー・ラブコメディー”。隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画をドラマ化する。

主人公の人生崖っぷちのアラサー塾講師・春見順子を深田が、順子にアプローチするタイプ違いの3人の男性を横浜、中村、永山が演じる。横浜は順子の指導のもと東京大学合格を目指す不良高校生・由利匡平役、中村は順子の高校の同級生・山下一真役、永山は順子のいとこ・八雲雅志役だ。

横浜流星「毎回の授業にも注目してほしい」

横浜流星の“舌ペロ”シーンがキャスト陣の間でも話題沸騰!
撮影=龍田浩之

ドラマの見どころは、順子と匡平、山下、雅志との恋の四角関係だ。3人はそれぞれ順子に胸キュン必至のアプローチを試みるが、会見では、第1話で登場する匡平の“舌ペロ”シーンに話題が集中した。

若さを武器に、大胆なアプローチをしていく匡平。横浜が「監督にも『もっとドキドキさせて!今のではドキドキしない』とか言われたりして、プレッシャーを感じていて」と明かすと、永山が「ドキドキしたよ、俺。ペロッとしたシーン」とポツリ。深田が「あれ、2パターン撮ったんですよね」と振り返ると、横浜も「俺は(ペロッと)しないほうが使われたと八割がた思ってたんですが、1話を見たらしていて。ハッ!監督!と思って」と顔を赤らめた。

匡平の東大受験もドラマの重要な軸。中でも、受験に向けて順子が匡平に行う授業がドラマのカギを握るという。横浜は「授業がドラマ本編とリンクしていく部分もあるので、そこも注目してほしいと思います」とアピールした。

中村倫也「危険な存在でいられたら」

すっかり意気投合した中村倫也&横浜流星
撮影=龍田浩之

会見の終わりには、「永山さんにも中村さんにも負けずに順子を奪い取り、東大合格もできればなと。匡平とともに自分も成長していきたいなと思っています」とマジメに抱負を述べた横浜。中村から「面白いことも言って」とねだられると、「“舌ペロ”以外のさらなる技もチャレンジしていきたいなと思ってます。いろいろ流行ったじゃないですか…壁ドンとか。自分はさらなる新しい技を」と決意表明した。

横浜の決意表明を見届け、中村は「愛の伝道師だね」と満足げ。一方で、自身の役どころについて聞かれると「順子に唯一告白した人間なんですよ」「スリリングな、危険な存在でいられたら」としっかりアピールした。

もう一人の恋のライバル・永山は演じる雅志について「苦労してます」と告白。雅志も順子に思いを寄せているが、「順子が匡平に肩入れしていくのを見ていく中で、自分も二人のことを応援してしまう」と複雑な心境を垣間見せつつ、「原作は完結していませんし、どこかでオリジナルの話になっていくと思うので、(順子の想いを)勝ち取りたいです」と宣戦布告した。気合い十分の男性陣に囲まれ、座長を務める深田は「今年はとにかくこのドラマからスタートなので、この作品に全力投球してまいりたいと思います」と決意を新たにしていた。(ザテレビジョン)

元記事を読む