1. トップ
  2. ヘア
  3. 三つ編みよりも簡単!「ロープ編み」を取り入れたアレンジ7選

三つ編みよりも簡単!「ロープ編み」を取り入れたアレンジ7選

  • 2019.1.8
  • 16488 views

誰でも間違いなくできるヘアアレンジと言えば「ロープ編み」。難しい技はいらず、ねじるだけでできるので、とってもお手軽♡簡単にこなれた感じを出すことができます。今回は、ロープ編みを取り入れたキュートなヘアアレンジをいくつかご紹介します。

ロープ編みってどんなふうにやるの?

「ロープ編み」とは三つ編みより簡単な編み方ですので、ヘアアレンジを学びたい人はぜひ覚えておきたいテクニックです。

三つの髪を交互に編み込む三つ編みは、慣れてないとどの髪の束を編み込んでいけばいいのかわからなくなることがあります。

一方ロープ編みは、たった二本の髪束を交互にねじっていけばいいだけなので、間違えることがありません。

ロープ編みの作り方は?

①    ロープ編みを作りたい部分の髪を二つに分けます。
②    編み込む際に髪がほぐれないために、髪をねじってまとめます。
③    ねじった二本の髪束を交互にぐるぐると巻き付けて編み込んでいきます。
④    最後まで編み込めたらゴムで止めて出来上がりです。

ロープ編みでつくる色んなヘアアレンジ


ここからはロープ編みを使って作る、いろんなヘアアレンジをご紹介します。

ロープ編みを加えたローポニテ

地味になりがちなローポニテに華やかさを加えるアレンジです。

両サイドの髪を残してロープ編みし、ポニーテールの根本に巻き付けます。

顔回りにボリュームが出てゴージャスに仕上がりますよ。

ロープ編みでつくるふわふわシニョン

①    両サイドの髪をロープ編みし、ほどよくほぐしてふわふわ感を出します。
②    残った髪でローポニテをつくり、ロープ編みか三つ編みを作った後、毛先からくるくると巻いていきシニョンを作ります。
③    両サイドのロープ編みをシニョンの周りに巻き付けてピンで留めれば、お呼ばれディナーでも使える、華やかなヘアアレンジになります。

ロープ編みを使ったハーフアップ

頭頂部の左右の髪をロープ編みにし、後ろに持って行ってゴムで留めます。

いつものハーフアップより、編み込んだことによって作られる緩やかな髪の流れがこなれた感じをプラスする、上品アレンジです。

ロープ編みを使ったサイドポニー

①    両サイドに二束ずつ髪を取り分けます。
②    残った髪は片側でポニーテールにしておきます。
③    左右に取り分けた髪束をそれぞれロープ編みにして、ポニーテールの上に重なるように留めます。
④    もう一束の髪も同じようにロープ編みをして先ほどの編み込んだ髪に重ねるよう留めめれば、短い髪でもおしゃれに仕上がるゆるふわポニーテールの出来上がりです。

ロープ編みでラーメンマンアレンジ

ラーメンマンアレンジとは、ポニーテールした髪を毛先までねじったり、三つ編みにするアレンジのことです。ロングヘアーの人は、大胆でボリュームのあるラーメンマンになり、存在感抜群のヘアアレンジができます。

ロープ編みをする際に、一編みごとにゴムで留めると、ポンポンとした団子の可愛い髪型に変身します。

さらに編み込んだ髪を引っ張ってふくらみを出すと、ますますキュートに仕上がりますよ。

ロープ編み重ねでラプンツェル風

髪を縦にいくつも束を分けて、何本もロープ編みを作ります。

出来上がったロープ編みでさらに三つ編みを作ったり、ロープ編みにすると、複雑に絡み合った一つのタイトロープができます。

バレッタやリボンをつけて出来上がりです。

ロープ編みで作る、ポップなツインテール

ロープ編みをアレンジすれば、大人可愛いツインテールも作れます。

左右にツインテールを作ったあとにロープ編みをし、約5cm間隔でゴムを留めて、バルーンのようなふくらみを作りましょう。

上手にほぐせば、ヌケ感も演出できる、ラフスタイルの髪型が出来上がります。


ただねじって巻き付けるだけ。

そんな簡単なロープ編みも、工夫次第では色んな髪型が楽しめます。

テクニックを知っていればアレンジの幅が広がり、毎日のヘアメイクアップももっと楽しくなるはずです♡

元記事で読む