1. トップ
  2. “科捜研の錦戸亮”に新木優子が困惑!?【視聴熱TOP3】

“科捜研の錦戸亮”に新木優子が困惑!?【視聴熱TOP3】

  • 2019.1.8
  • 200 views
1月7日に初回が放送された”月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」が2位にランクイン!
撮影=龍田浩之

webサイト「ザテレビジョン」では、1月7日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】錦戸亮と船越英一郎のバトルも必見!そこに千原ジュニアが割って入る!?

1位「いだてん~東京オリムピック噺~」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)8281pt

2019年の大河ドラマが1月6日にスタートし、第1回「夜明け前」が放送された。日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(中村勘九郎)と、日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部サダヲ)の半生を、古今亭志ん生(ビートたけし)の噺を通じて描いていく。

冒頭では物語後半の主人公となる田畑を演じる阿部をはじめ、星野源、松坂桃李らも登場。その他、柔道の創始者で高等師範学校の校長・嘉納治五郎を演じる役所広司や、竹野内豊、杉本哲太ら豪華な顔ぶれが次々と登場し、SNSでは「キャストが豪華すぎて大渋滞」との声も。

明治と昭和のエピソードが交差して展開していったが、そのテンポのよさやクライマックスへの持っていき方に「さすがクドカン」と脚本を担当する宮藤官九郎を称える声も上がった。

また、のちに四三の盟友となる三島弥彦(生田斗真)が所属する日本最初のスポーツ同好会「天狗倶楽部」も話題になったが、7日は「いだてんSP」と題された「鶴瓶の家族に乾杯」(毎週月曜夜7:30-8:43)に生田がゲスト出演。笑福亭鶴瓶と三島家ゆかりの地である栃木県那須塩原市を旅した。

2位「トレース~科捜研の男~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)4908pt

錦戸亮が主演を務める月9ドラマが1月7日にスタートした。原作は、元科捜研の研究員という経歴を持つ古賀慶によるリアルな描写が人気のコミック。錦戸は、過去に陰惨な事件を経験した警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員・真野礼二を演じる。

イベント会場で切断された人間の手首が発見され、警視庁捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)が科捜研に鑑定結果を聞きに来る。付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたと聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。だが、真野は多摩川を探しても意味がないと告げ、虎丸と対立。そんな真野に、新人研究員の沢口ノンナ(新木優子)は翻弄される。

経験と勘で動くタイプの虎丸に対して、「気持ち悪い」とつぶやく真野。「真実につながるかけらを見つけるのが俺たち科捜研の仕事だ」と鑑定に取り組み、着実に真相を明らかにしていくクールな真野を錦戸が好演。

時折挟み込まれた真野の過去と思われる凄惨な事件現場や、ラストに登場した警視庁刑事部長・檀浩輝(千原ジュニア)が、今後どのように展開していくのか楽しみにする声が上がった。

3位「まんぷく」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)4612pt

1月7日に放送された第80話は、萬平(長谷川博己)が池田信用組合の理事長に就任して8年の月日が経ったところから物語が始まった。福子(安藤サクラ)は、生活に不安はないものの、子どもたちが学校に行っている空いた時間に近所の喫茶店・パーラー白薔薇で働き始めた。そこに、女学校時代の親友・敏子(松井玲奈)がやって来る。

本話からの新キャストとして、喫茶店を営む夫婦に加藤雅也と牧瀬里穂が登場。さらに24歳になった香田家の次女・吉乃を深川麻衣が演じる。また、タカ(岸井ゆきの)と神部(瀬戸康史)が結婚したことも明らかになり、2人を応援してきた視聴者は喜びに沸いた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事で読む