能條愛未「毎日楽しい!」卒業後初舞台で乃木坂46メンバーと共演

【写真を見る】乃木坂46・伊藤純奈、樋口日奈、鈴木絢音が爆笑!! 能條愛未が転がる!?
撮影=永田正雄

【写真を見る】乃木坂46・伊藤純奈、樋口日奈、鈴木絢音が爆笑!! 能條愛未が転がる!?

乃木坂46の樋口日奈、伊藤純奈、鈴木絢音、そして乃木坂46卒業後初舞台となる能條愛未を中心とした“レディー”らが送る華やかなレビューショー「GIRLS REVUE」が、1月10日(木)~1月27日(日)に東京・オルタナティブシアターで、2月1日(金)、2日(土)に大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。

本作は、女性キャストのみで構成される、歌とダンスのレビューショー。どんな時にどんな所で出会おうとすれ違う二人を、状況の違う6つのレビューを通して伝える。

また、シーンにふさわしい耳なじみのある曲や一緒に盛り上がれる曲を、ダンスと歌で乃木坂46メンバーが初披露する。

「ザテレビジョン」では、稽古中の樋口、伊藤、鈴木、能條を直撃。レビューの中で一人で複数の役に挑む彼女たちに、演じる役や作品への印象、さらに新年への抱負などを聞いた。

能條愛未は卒業後初舞台となる
撮影=永田正雄

樋口日奈、3役の中で全く違う女の子を演じたい

――それぞれが演じる役の見どころを教えてください。

伊藤:直海という役は普通の女の子ですが、いい意味で普通の女子高校生を伝えつつ、大事な物語の部分のせりふもしっかり伝えつつ、音廻(能條)とのやり取りをお見せできればと思います。

――直海という役は、自身が演じる3役の中でも難しい役ですか?

伊藤:普通の女子高校生の役なんですけど逆に考えすぎちゃいました。今まで個性的な役をやることが多かったので、「普通ってなんだっけ?」と自分で考えることが多かったです。直海はポジティブで底抜けに明るくて、それもあんまりやったことがなかったので、ちょっと難しいなと感じていましたが、頑張ります!

鈴木:私は怪盗ネヴィルの役で、途中で変装をしたり、それを舞台上で解いたり、変幻自在で面白い役だなって思いました。一つの役の中でも声を変えたり、いろいろな所を変えられるのでそこが注目です。

樋口:私は唯一3役全部女性の役で、3役の中でも全く違う印象のある女の子を演じたいと思います。双子の王女ノエルは、双子のお姉ちゃんの方なので、気品もありつつ、ちょっとツンとしているけど、何か寂しさや根の優しさがあったりするところを演じたいです。

また、シマウマシーナは一番“The!女の子”というヒロインって感じで演じられたらいいなと思います。大正時代の幸子はちょっと昔っぽい演技というか、昔の女優さんや昭和の女優さんの演技を参考にしたいと思っていて、3役とも同じ女性の役だけど、全部違う色で演じたいと考えています。

能條:私は、音廻という自ら命を絶ってしまうという役です。そういう役は初めてですし、直海と音廻のレビューは作品のラストとなるので、それまでやってきたレビューが無駄にならないように、ちゃんとそこで物語の軸として決めなきゃいけないレビューだと思っています。本当に大事に演じたいです。

まだお芝居も稽古中なので、これから“自分の中の音廻”を見つけていけたらいいなと思います。

2019年について「すごく! 大事な年になる」と意気込みを語ってくれた能條愛未
撮影=永田正雄

能條愛未「私の意志を見せられる舞台になったら」

――能條さんは卒業して初めての舞台ですが、意気込みや心境の変化は?

能條:やっぱりメンバーがいる舞台って、ものすごく安心感があるなって改めて感じて、いい意味でリラックスしてお互いできると思います。卒業して一発目の舞台なので、しっかり私の意志を見せられる舞台になったらいいなと思います。

――今回は乃木坂46メンバーが3人いますからね。

能條:そうなんです。楽しいし、全然緊張感もなくてリラックスして、お稽古も毎日楽しいですし、本番も楽しみです。

――今回は女性キャストのみで構成されているレビューショーですが、“女性だけの現場あるある”って何かありますか?

全員:うーん。

能條:正直、まだ他のキャストの皆さんともそこまで親交を深められていないので、もっと仲良くなりたい。私は人見知りなので、仲良くなりたいです。

伊藤:前回出演した舞台も女性だけで、その時の演出家の方が普段は男性ばかりの舞台をやっている方で、「男性ばかりの時は“やるぞー!”みたいなメラメラを感じるけど、女性は全員が沸々と静かに燃えているのが分かって、逆に怖いね」っていつも言っていましたね。

「男性は体育会系で“やるぞ、おー!”みたいな感じだけど、女性は静かに各々が“やるぞー”みたいな感じで。いいね、女の力っぽいね」って。自分では感じないですけど、そういうのがあるのかなって。

「毎日が楽しい!」「本番も楽しみ」と語る乃木坂46メンバーと能條愛未
撮影=永田正雄

伊藤純奈「モテる自信ある」 鈴木絢音は微生物に!?

――生まれ変わりが一つのテーマになっている今作ですが、生まれ変わったら何になりたいですか?

伊藤:男の人になりたいです! 絶対にモテる自信があるので(笑)。この性格で身長166cmあるんですが、男性だと180cm近くあるはずなので、このまま男になりたい。モテたいです!

鈴木:私は、顕微鏡でのぞかないといけないレベルでちっちゃい生物になりたいです。

樋口&伊藤:(笑)。

伊藤:やだ、やだぁ。

鈴木:生活が単純だけど、なんかやってることは面白いみたいな。魅力を感じます。

樋口:私は英語をすごくしゃべれる人に生まれ変わりたいです。

能條:今でもやればできるよ、別に。

伊藤:かなうよ、それ。

能條:私は…うーん、男の子になりたいかな。

全員:(笑)。

乃木坂46メンバーや卒業したばかりの能條愛未が出演する舞台の稽古に潜入!「GIRLS REVUE」について語ってもらった
撮影=永田正雄

樋口日奈「乃木坂46を引っ張っていけるように」

――2019年の抱負を教えてください。

伊藤:20歳になったので、いろいろできる幅が増えたなと思うし、節目の年というか、20歳は特別な感じがするので、“全部が記念!”と思って、一つ一つをいい思い出に活動したいなと思います。

鈴木:私も純奈ちゃんと同い年で、もうすぐ20歳になるので、まだ若いうちにできることというか、若いうちに始めて長期的なプランを立てていきたいなと思います。

樋口:毎年毎年、一つ前の年を越えられる年になったと、少しずつかもしれないけど思います。2018年もたくさんお仕事をさせてもらって毎日忙しく過ごせたので、2019年は一つ上の忙しさや、また舞台とか演技もたくさんやっていき、まだまだ頑張りたいなと思います。

同じ一期生が…愛未もそうですけど、みんな卒業して「卒業するの?」と聞かれることも多いですが、私はまだ頑張ろうかなと思うので、乃木坂46を引っ張っていけるように、個人としても頑張らなきゃだし、グループとしても頑張りたいです。

能條:2019年は“すごく!”大事な年になると思います。覚悟を持って卒業を決心したので、そう決めたからには絶対に後悔ないように、これから一人で戦っていきたいと思っています。なので、今年は頑張らなきゃなという気持ちです。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理